【衝撃】筋トレは毎日すると逆効果って知ってた?【3つの良し悪し】

筋トレ毎日

筋トレはサボると筋肉は元通りになるやろうから、やっぱり毎日やった方が良いよね?でも毎日やると逆効果とも耳にしたような気もするし…。ん~。

といった疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

僕も筋トレを始めたころは「筋トレはやればやるだけ効果的で筋肉がつく」と思ってたがゆえ毎日トレーニングしてました。

(日に2度ジムに行くことも笑)

ですが筋肉の成長を最優先するのであれば、毎日の筋トレは効果的と言えない場合もあります。

そこで今回は、

僕が今まで培ってきた知識や経験を踏まえて「筋トレは毎日するべきかどうか」についてその良し悪しを見つつ解説。

以下の内容を理解しておくことで、

より効率良く体づくりを進めることができ、あなたの体の変化も加速することでしょう。

では詳しくみていきます。

スポンサーリンク

【衝撃】筋トレは毎日すると逆効果って知ってた?【3つの良し悪し】

結論として、筋肥大のためなら筋トレを毎日毎日することは必ずしも効果的ではありません。

その理由は筋肉が大きくなる仕組みを考えると見えてきます。

筋肉が大きくなる流れは超ザックリだと以下の3ステップ↓

①筋肉を刺激し疲労させる

②疲労した筋肉を休ませ回復させる

③以前より強くなる(筋肉がつく)

でも仮に筋トレを毎日やっていたらどうでしょう?

2番目の「回復する」の部分がうまくいかず、結果3番目の「強くなる」にうまく結びついていかない場合があります。

言い換えると、筋肉の発達が遅れることに。

そんなわけで「筋肉を回復させる段階」を適切に踏むために、筋トレは毎日せずに休息日(オフ)を挟みつつ進めていくことが基本になります。
カイ
カイ

とは言え、上記は毎日のように「同じ部位」をトレーニングする際の話。

筋トレを一定の期間に渡って継続していると、多くの方がおそらく途中から「分割法」というやり方を取り入れることになります。

分割法とは、一度に全身の筋トレをしないで全身の筋肉をいくつかに分けて日ごとに部位別のトレーニングをしていく方法。

※参考:そんな分割法について詳しくは、以下の記事で解説してます↓

【定番】筋トレするなら分割法が効果的なわけ【具体的なスケジュールあり】
筋トレを始めると、ジムやSNSなどで「今日は背中の日」「今日は腕の日」などといったフレーズと出会いますよね?いわゆる「分割法」といったものと。ですが実際アレはどういう意味なのかわからないことも...。そこで本記事で筋トレの分割法のメリットデメリットから具体例まで解説。

こうすることで、

胸をやった次の日は背中、次の日は肩といった流れで筋トレすることになり、一度やった部位を次やるのは3日後とか(それ以上)になります。

となるとその間に、刺激した部位は回復して次回のトレーニングに望めることに。

ですから、分割法だと毎日のように同じ部位を刺激することはないので、筋トレ自体を毎日しても上記のデカくなる3ステップを踏むことは可能な場合があります。

なので、

分割法を取り入れ同部位を連日に渡り鍛えることがないのであれば、筋トレを毎日やること自体はさほど問題ありません。

といったことを踏まえて、次に筋トレを毎日することで起こるメリットデメリットについて解説していきます。

筋トレを毎日やることで得られるメリットもある

筋トレを毎日することで得られるメリットは以下のとおり。

✅筋トレを習慣化できる

✅筋トレフォームの練習量が増える

✅食事面も整う場合がある

では順に解説していきます。

筋トレを習慣化できる

筋トレが好きで好きでたまらない場合は、黙っててもジムに行くことと思います笑。

ですがダイエット目的などの場合は、やる気に左右されやすい場合があります。

そこで「筋トレは毎日する」と決めておくと、自然と習慣(ルーティン)になりやすい。

確かに前半で触れたように、

筋肉の回復面を考慮すると同じメニューを毎日のように行う筋トレは効果的とは言えません。

ですが筋トレで体を変えるにはなんといっても「継続」が必要。

カイ
カイ

ゆえに筋トレ初心者のころは毎日のように筋トレし、習慣化させることを第一に取り組むのもありです。

※参考:筋トレ継続のコツは、以下で解説してます↓

筋トレを継続するための4つのポイント【成果が出るやり方を試そう】
筋トレ継続のコツが知りたい。どうすればあんなもん続くんや?楽しい時もあるけど、やっぱりサボりつつになってしまうんよなあ...。なんて思ってませんか?本記事では筋トレ歴10年の筆者が筋トレ継続のポイントを解説。いかに筋トレが楽しいと思えるようにするかが継続のカギ!?

筋トレフォームの練習量が増える

筋トレも他のスポーツと同じで、プロと同じ動きがすぐにできるなんてことはありません。

言い換えると、筋トレフォームの練習は必須。
(⇒参考:まだ筋トレフォームの重要性を知らないの?【今すぐ改善すべき2つの理由】

適切に動作できないがゆえ、肩や腰をケガしたりそもそも筋肉が発達しないパターンがほとんどです。

そういった際に、筋トレを毎日することで単純に動作の回数は増えます。

となると「より効く角度」や「より良いフォーム」を探す機会が増えることに。

ゆえに筋トレを毎日しない場合と比べてフォームの上達は早かったりします。

(もちろん何も考えず、マシンのように取り組んでいたら効果は出にくいですが)

※参考:初心者はまずこの種目をやり込もう↓

【保存版】筋トレ初心者メニューはこれ【ジムで初めに行いたい5種目】
ジムに入会したものの何からやれば良いのか...。とりあえずは筋トレマシンをちょこちょこやれば良いか。なんか胸の日とか日ごとに決めるやり方が良いってマッチョが言ってたし、それも取り入れつつ。と思ったそこのあなたへの記事。本記事では特に筋トレ初心者に必要な基本種目でのメニューを解説。

食事面も整う場合がある

筋トレ前にわざわざ脂っこいステーキや大量のライスやお菓子を食べることはあまりありませんよね。

基本的には筋トレしやすいように軽い食事やサプリメントなどにしますよね?
(⇒参考:筋トレ前後に意識したい3つのこと【影響の大きいところを押さえるべし】

こういった感じで、1日の中に筋トレがあると少しでも「筋トレがしやすい食事をしよう」となり、結果として暴飲暴食する機会が減ったりすることも考えられます。

となると筋肉の発達にも好影響となります。

僕も筋トレする日はそのパフォーマンスを考えると変に爆食いできないので、そういった意味では筋トレを毎日するのもアリかと。

※参考:筋肥大のための基本の食事法は、以下の記事で解説してます↓

【保存版】筋トレは食事に効果を大きく左右される【重要度別5ステップ】
「筋トレ効果を高めるには食事が大事」って聞くけど、実際どういう感じの食事が良い?やっぱりプロテインとか飲んでささみとか食べるべき?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレにおける食事の優先順位を解説。まずはここだけ押さえとけば問題なし!

筋トレを毎日やることで起こるデメリット

筋トレを毎日やることのデメリットは以下のとおり。

✅筋肉の回復が追いつかない

✅質の高い筋トレができないかも

✅休むことをマイナスに捉えがちに

では順にサクッと見ていきます。

筋肉の回復が追いつかない

こちらはすでに解説したとおり。

ダメージを負った筋肉は回復させることで成長することを忘れてはなりません。

またあくまで前回より「1キロでも1回でも1センチでも」多く動作することが、筋肥大には必要です。

なのでそれらが達成できてないのなら同部位を週に何度も刺激するのは控えるのが吉。

※参考:筋トレの基本の量について↓

基本的な筋トレの量はこれ【どれくらいやると効果的かを3つの観点から決定】
筋トレの効果的な量(セット数やレップ数)がわからへんわあ。どれくらい筋トレすれば良いんや?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では効果的な筋トレの量の決め方について解説。ただセット数など量を増やせば良いわけでもない!?

質の高い筋トレができないかも

冒頭で触れたように、分割法で筋トレを行うなら同じ部位を連日トレーニングすることがないので毎日の筋トレはOKと言いました。

ですが、筋トレをすれば体には何かしらの疲れがたまります。

その状態で筋トレを毎日のように続けていくと、1回1回のトレーニングでつい手を抜きがちになることが。

「筋トレを毎日すること自体が目的」なら構いませんが、「筋肉をデカクすることが目的」なら、1回のトレーニングの質を高めることも大事になってきます。

(以下ツイートにもあるように↓)

ですから前回より充実した筋トレをするためには、毎日のようにトレーニングすることは正直あまりおススメしません。

仮に2.3日ほど連続してオフにしてみてください。

その後の筋トレがかなり強気で取り組めることでしょう。

これはいわば疲労がたまってた証拠。トレーニングを休むこと(オフ)で体が回復したということです。

※参考:オーバーワークについて↓

筋トレにオーバーワークは存在するのか【筋肥大を最大化する秘訣】
筋トレはやり過ぎるとオーバーワーク?になって逆効果っぽいけどホンマなんかな。気持ちの問題とかな気もするけど。でも仮にオーバーワークになったらどうなるんやろか...。という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではオーバーワークが何なのかを解説。意外なパターンもオーバーワークに含まれるので注意!

筋トレを休むことをマイナスに捉えがちに

筋トレを毎日していると、自然と「毎日のように続けることが大事」という考えになりがち。

すると場合によっては「筋トレを休むこと=悪」と捉えがちになります。

(筋トレを休むことにナゾの罪悪感を持つことに)

ですがあくまで筋トレは体を変えることが目的だと思います。

(もちろん人によって目的は様々)

カイ
カイ

そのためには休むこともトレーニングなので、筋トレの目的は何かを見失わないように注意。

※参考:休むことの重要性は、以下の記事で解説してます↓

筋トレを休むのが怖いあなたへ【以前よりも強度は上がってますか?】
筋トレは休んだ方が効果があるってホント?仮にそうでも休むと細くなりそうで怖いのはどうすればいい?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋肥大のために休むことの必要性と筋肉が落ちるペースについて解説。たまに長期的にサボっても問題なし。

(以下は補足↓)

最近はYouTubeなどで「筋トレ毎日やってみた結果」なるものを見る機会があるかもしれません。

その中で、運営者がゴリゴリやバキバキになってたりする場合もありますよね?

ですからあなたも筋トレは毎日した方が効果的と認識していたり。

とは言え、

すでに解説したように筋トレを毎日やってると、いつしか筋肉の発達はかなり緩やかになります。

そうなった際に筋肉を発達させるための筋トレから、単に消費カロリーを稼ぐため筋トレになることが考えられます。
(⇒参考:筋トレの消費カロリーは数百kcal【確かなカロリー計算で確かな成果を】

消費カロリーが上がれば、

今まで余分なカロリーが体脂肪として蓄積されていたのを抑えることができますし、なんなら体脂肪そのものが減っていくことも。

そういった意味で、YouTubeなどで目にする「筋トレ毎日やった結果」は、筋肉もついたけど体脂肪が減ったから余計に筋肉がついたように見える場合がほとんどかと思います。

ここで以下ツイートもご覧ください↓

筋肉がついて体脂肪が多い状態と、筋肉は少ししかついてないけど体脂肪がそこそこ落ちた状態だと、後者の方が筋肉の形がハッキリし筋肉がついてるように見えます。

(ガリガリの友達の腹筋が割れてるアレ)

カイ
カイ

そんなわけで、やはり筋肉をつけたいのであれば毎日のように同部位を筋トレすることは効率的とは言えません。

【まとめ】筋肥大のためには休むこともトレーニング

上記の内容が、筋トレを毎日することで考えられるメリットデメリットになります。

それらを踏まえて仮に筋トレを毎日やるのなら、トレーニングというより「動作の練習」といった日を設けるのが良いかと思います。

通常の筋トレが3日に対して、フォームの練習が3日といった具合に。

毎日フルパワーで限界まで行うと、どうしても筋肉の回復が追いつきにくい可能性があります。

また疲労がたまった状態で無理することで、ケガにつながる可能性も。

そんなわけで、どうしても筋トレを毎日したい場合を除いて、基本的には週に最低でも2日ほどはオフを取る方が長い目でみて効率的かと思います。

では、終わり😉

※参考:筋トレしない日は知識をつけよう↓

【無料】kindleunlimitedで良質な筋トレ知識をつければデカクなる
デカクなりたい。筋肉ホシイ。そのためには、適切な筋トレ知識をつけないといけないことも最近になって気づき始めた。でもだからといって、有名トレーナーの1回9000円のパーソナルトレーニングはちと高い。神様、できる限りお金をかけずに筋トレについて学ぶ方法はないのですか...。なんて思ってませんか?

以上【衝撃】筋トレは毎日すると逆効果って知ってた?【3つの良し悪し】でした。

コメント