最近の筋トレ理論に対して思う2つのこと【情報に振り回されないために】

筋トレ理論

こんにちはカイです!

 

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

✔さっそくですが今回は、「最近の筋トレの風潮に関して思うこと」を綴っておきたいと思います。

 

最近はTwitterなどを見ていても、YouTubeで言われてた様々な理論や意見の影響もあってか、それらが返って筋肥大を遅らせている場合もあるように感じます。

 

そんなわけで本記事では、筋トレに関する理論やテクニックを中途半端に知り過ぎることによる弊害について解説。

 

以下を読むことで、よりあなた自身に合った筋トレ方法を見つける1つのきっかけになればと思います!

 

では詳しくみていきましょう。

 

スポンサーリンク

最近の筋トレ理論に対して思う2つのこと【情報に振り回されないために】

結論として、様々な筋トレ理論を知り過ぎることによるマイナス面は以下のことが考えられます。

✅返って弱い刺激になる可能性

✅情報の取捨選択が困難に

では順に解説していきます。

 

筋トレ理論に神経質になり返って弱い刺激になる可能性

最近は「この種目はやるな!」「筋トレは長時間やり過ぎると逆効果!」などとよく耳にするようになりました。

 

確かにそれらの情報が誤っているわけではありません。

 

カイ
カイ

ですがあなたが筋トレを始めて1、2年なのであればそれらの情報をうのみにしてると返って筋肉の成長が遅れることも汗っ。

 

というのも筋トレはその人のライフスタイルや運動経験、遺伝子などに大きく左右されるスポーツでもあります。
言ってしまえば、個人差が大きい面があります。

 

ですから様々な理論を先に知り「誰々が言ってたからこの方法はNG」といった具合に実践に移す量が減ってしまうと、今後の体づくりにとって逆効果な場合も。

 

「この種目はNG」と耳にして行わなかったら、その種目で得られたかもしれない「効きへの感覚」や「今までとは違う刺激」などを得る機会が無くなることになります。

 

それにたいていというかほぼ全ての場合で、種目にNGの原因があるというよりそのフォームに原因がある場合がほとんどです。

 

そんなわけで理論ばかり知って実際の取り組みを躊躇すると、返って刺激の弱いトレーニングになってしまうことが考えられます汗っ。

 

※参考:筋トレの適切な進め方は、以下の記事をチェック!

筋トレ成功の3ステップ【ひとまずやる/知識をつける/継続する】
最近は筋トレを難しく感じさせるような内容のメディアが多いように感じます。ですが実は筋トレで効果を出すにはたっ3つのステップだけ!本記事では筋トレ成功のための手順を解説。シンプルイズベストでいきましょう。

 

筋トレ情報の取捨選択が困難に

冒頭でお伝えしたようにYouTubeやSNSなどを見ていると、人によって異なる内容を発信している場合があります。
(特に筋トレフォームに関して顕著)

 

そういった違いがあるにも関わらず、全ての情報を仕入れているとどれを信じて実践していいかわからなくなってきます。
(⇒参考:筋トレをYouTuberから学ぶ際に注意したい3つのこと【受け身NG】

 

中には真反対の意見を言っているものもあったり。

 

そういった意味で、体づくりに関する基本的な部分だけをまずは知りあとの部分はおまけ程度に情報を仕入れていくのがおススメではあります。

 

カイ
カイ

でもここで思いますよね。「じゃあ基本てなんやねん?」と。

 

✔そこで筋トレ界隈で有名な鈴木雅さん、石井直方さん、バズーカ岡田さんなどといった実践や経験が豊富な上でかつ知識量もハンパない方々の著者を数冊でも良いので目を通すのが吉。

 

僕自身その方々はじめ様々な筋トレ本を読んできましたがどの本にも共通している部分はあるのです。
それがいわば筋トレにおける基本。

 

「サプリメントよりまずは食事」「筋肉は休ませることも大事」「筋トレでは強度が重要」など共通して語られてる部分があります。

 

それらの内容をベースにあとはYouTubeなどで最新の理論に触れたりして+αの部分を理解していけば問題なし!

 

(例えばダイエットにしても「カロリーバランスが最もなベースである」と知っていれば「このサプリを飲めばどうこう」「HIITをするだけで痩せる」といった情報が適切とは言えないと判断できますよね)

 

※参考:必読な筋トレ本は、以下の記事でまとめてます。

【保存版】おすすめの筋トレ本15冊【ボディビルダーが推奨】
おすすめの筋トレ本が知りたい!というあなたへの記事になります。本記事でおすすめの筋トレ本を紹介。本を読んで知識をつけることで筋肥大はより進みます。

 

といったようにここ数年で筋トレに関する情報が簡単に手に入るようになったが故に、それが原因でなかなか体が変わらない結果を引き起こす場合もあるのが現実。

 

✔それにYouTubeなどは著書と違いやや誤解を招くようなタイトルや内容に仕上げたものが多くあったりもします。
(再生回数を稼ぐために)

 

そういった意味で、受け取る側の理解不足でその動画や内容の本質が本来のものと違って認識してしまうことも汗っ。

 

カイ
カイ

ですから個人的には、上記の著書をいくつか読み筋トレの「本質」を理解していく方が、より効果的な体づくりにつながるかとは思います。

 

【まとめ】筋トレは「基本+実体験」がベター

上記の内容が、最近の筋トレ界隈に対して僕が感じることになります。

 

そんなわけで体づくりに魔法はないので、特別なやり方を求めて身にならないことのないように「基本」を大事にしていくのが吉。

 

(体づくりで大事な考え方↓)

 

では、終わり😉

 

※参考:筋トレのやり過ぎを恐れる必要はない理由について↓

筋トレのやり過ぎを恐れる必要なし【今後に繋がる体づくりをしよう】
筋トレをやり過ぎると逆効果ってホンマ?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではやり過ぎがNGとされる理由とそれに関する僕の考えを解説。やり過ぎを過度に恐れる必要はありません!

 

以上最近の筋トレ理論に対して思う2つのこと【情報に振り回されないために】でした。

コメント