筋トレのやる気が出ないのは人と比べ過ぎだから?【劣等感は必要なし】

筋トレのやる気が出ない

筋肉万太郎
筋肉万太郎

筋トレのやる気が出ない時はどうすればいい?

と思っているあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどでコンテストでの優勝経験あり。

 

カイ
カイ

そんなわけでもう何千回も筋トレしてきたわけですけどもちろんやる気が出ない日もありましたよ笑。でもちょっと考え方を変えるとやる気に左右されなくなりました!

 

そこで今回は「僕が筋トレのやる気が出ない日を減らすことにつながった気の持ちよう」を解説していきます。

 

結論としては以下のツイートの内容。

 

今回の記事を読むとより快適な筋トレライフを送れるようになるかも!?

 

では詳しくみていきましょう。

 

筋トレのやる気が出ないのは人と比べ過ぎだから?【劣等感は必要なし】

冒頭でも書いたように筋トレのやる気が出ないのは人とあなたを比べて明らかに劣っていて「どうせ…」「あと何年…」などとネガティブな感情が生まれるからかもしれません。

 

筋トレにはまると誰しも「腕が太くなったら…」などと思いますが実際にはそう簡単に体は変わらないですよね汗っ。

 

「腕が太くなったら」と思うのも実際に腕が太い人へ憧れているからだと思います。

 

カイ
カイ

その強い憧れで「もっと頑張ろう!」と思えるのなら問題ないかと。ですが圧倒的な差に嫌気がさすことも少なくないのではないでしょうか?

 

僕自身もちろん「デカクなって有名になりたい!」などと思ってきました。それもあって日々どこに改善の余地があるのかを探して過ごしています。

 

ですがマジで体はそううまくいきません汗っ。

 

それもあって筋トレが嫌になることもあったり。

 

どこかでデカい人と自分を比べて「無理かも」と思ってネガティブになっていたのかもしれません。

 

カイ
カイ

そんな時に人と比べるのをやめたんです!「人と比べてもあまり良い影響はないな」と。

 

そこでどういう気の持ちように変えていったか具体的には以下のようなイメージ。

✔比べる相手は以前の自分

✔比べる重量や回数は以前の自分

✔比べる体重は以前の自分

順にサクッと解説します。

 

比べる相手は以前の自分

これは今まで書いたように、結局のところ「体づくりなんて自分がなりたい体になる」以外のなんでもない。

 

だから自分よりデカい人と比べて劣等感や敗北感など負の雰囲気を感じる必要なんて1ミリもないのです。

 

あくまで昨日の前回の自分と比べてどこか少しでも改善できれば良いだけの話。ホンマにそれだけ。

 

比べる重量や回数は以前の自分

「あの人は何キロで何回やってるからなあ」などと人と比べてどうこう思う必要はなし。

 

もちろんその数値を目標にガンバレルならそれはそれでオッケー。でもそこで「自分には無理」などとネガティブな気持ちになるなら良くない。

 

あくまで自分の体を成長させるのが目的なら比べるのは先週の重量や回数。

 

カイ
カイ

先週の数値を更新したならそれは確実に前進してるってこと。自信を持っていきましょう!

 

比べる体重は以前の自分

これは女性に多いような気がします。「あのモデルは何キロだから」と比べるパターン。

 

ですが人間の体は骨の長さ、筋肉の量、その他いろんな要素でそれぞれ違いがあります。

 

なのに体重と身長だけで判断し比べ、思った結果が出ずネガティブになることが少なくないかと。

 

ダイエットにしてもそうですが「あなたがなりたい体になれるのはあなただけ」。なので常に比べるのは昨日の先月の体重や見た目でオッケー。

 

カイ
カイ

僕もダイエットが進むにつれて周りと比べて焦って摂取カロリーを減らすことがあったりしました。ですがそういう時に限ってあんまりうまくいきません汗っ。

 

ですから最後まで自分を信じて進めていく方が良かったり。

 

というのが筋トレのやる気が出ない原因だったりします。

 

体づくりはあくまであなたの自己満足の世界。自身の成長に目を向けてやると意外とやる気になったりするもんですよ!

 

どうしてもやる気が出ないなら一時的に休むのもアリかと思いますし。

 

カイ
カイ

それに筋トレを始めた日に比べて確実に前進してるじゃないですか。そのまま着実に進んでいけばいいのです!人と比べて良い影響を感じないならとにかく自分だけ見てたらオッケー。

 

以上筋トレのやる気が出ないのは人と比べ過ぎだから?【劣等感は必要なし】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました