筋トレ好きなら見るべき映画ジェネレーションアイアンシリーズについて

筋トレ映画

思わず筋トレしたくなるような、筋トレのモチベーションがグッと上がるような映画が知りたい!

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどでコンテストでの優勝経験あり。
※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉

 

そんなわけで今まで色々な筋トレ系のDVDも見てきました。

 

✔そこで今回はその中でもおススメな「GENERATIONIRON」シリーズについて解説!

 

筋トレが好きでボディビルやフィジークといった競技に少しでも興味があるなら(仮になくても)絶対に見て損はしないし、むしろテンションはめちゃめちゃ上がること間違いなし。

 

では詳しくみていきます。

 

筋トレ好きなら見るべき映画ジェネレーションアイアンシリーズについて

結論として、筋トレ系(フィットネス系)の映画である「GENERATIONIRON」は、
シリーズごとに数人の業界トップ選手に焦点を当てて彼らが普段どのような生活を送っているのかなどを撮影したドキュメンタリー映画になります。

 

具体的には以下のとおり。

 

GENERATIONIRON

毎年アメリカで開催される最大のフィットネス大会ミスターオリンピアに向けてトップ選手がどのような取り組みをしているかがメイン。

 

フィルヒースカイグリーンブレンチウォーレンそして日本人の山岸選手などが出演。

 

GENERATIONIRON2

シリーズ2作目では競技に焦点を当てるというより「フィットネス業界の実態(裏側)」に迫ってるような内容。

 

ステロイド関連の話や大会に出るには売春を強要されることもあるなど普段は耳にしないような事実が取り上げられています。

 

リッチピアーナ、カラムボンモガーなど前作より競技者として成功した人というよりSNSなどで地位を築いていった方が出演。

 

GENERATIONIRON3

3シリーズでは「彼らにとっての理想の体とは?」といったテーマに迫ったような内容。それ故ステロイド関連の話ももちろん出てきます。

 

また本作品ではアメリカだけでなくアフリカやインドなど世界中のボディビル事情フィットネス事情も取り上げてます。

 

シリーズ1、2のように誰かに焦点を当てるというよりやや多くの著名人が出演していた印象。

 

具体的にはドリアンイェーツジェイカトラーリーガングライムズブランドンヘンドリクソンといった実績も地位も両方あるような方々が中心。

 

カイ
カイ

そんなGENERATIONIRONシリーズを一時は毎日のように見ていた僕が感じたことは以下のとおり。

✔モチベーションのアップ

✔やっぱりキレイな業界ではない

✔体づくりに特別はない

✔競技者の価値観は一般的ではない

では順にみていきます。

 

モチベーションのアップ

GENERATIONIRONシリーズはまずはなんと言っても見てる最中から「筋トレしたい!」と思わせてくれます笑。

 

筋トレ好きならほとんどの方がそうと思いますがゴリゴリの人のトレーニングシーンほどやる気を与えてくれるものはないかと。

 

ガッツ溢れる感じというか。

 

カイ
カイ

中でもGENERATIONIRON1の中でブレンチウォーレンが二頭筋のトレーニングをするシーンがあるのですがカメラマンに向かって「邪魔だ!どけろ!」と言う瞬間のガチでトレーニングしてる感じが面白みがありましたね笑。

 

(細かくてすいません)

 

確かに今の時代は別にYouTubeでそれぞれの選手を検索すればトレーニング動画などは見れます。

 

ですが日常生活やどういった気持ちでトレーニングしてるかなどはやや少なめ。

 

✔ですからそういったトレーニング以外の面を知れるGENERATIONIRONシリーズはかなり面白みのある映画だと感じましたね。

 

冗談抜きで映画を見てる最中から心の中で「もっと頑張ろう!」と何度も思うような作品ですね。

 

※参考:モチベーションを上げる方法
筋トレのモチベーションが上がらない時におススメな7つの方法

筋トレのモチベーションが上がらない時におススメな7つの方法
筋トレのモチベーションが上がらない時の対処法は?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレのモチベーションを上げる方法をいくつか解説。モチベーションを高めてハードな筋トレをして筋肥大を加速させましょう。

 

やっぱりキレイな業界ではない

筋トレを始めた頃はステロイドなどの存在はもちろん知らないかと。僕だって昔は努力すれば無限大に筋肉はつくものと思ってました。

 

カイ
カイ

ですがフィットネスについて知っていくといつか気づきます。フィットネス業界とステロイドなる薬物は切っても切れない関係なんだと。

 

GENERATIONIRONシリーズではそんな業界ではタブーとされるストロイド問題にきちんと迫っていくあたりもこれまた面白いなと。

 

また個人的に驚いたのが「売春問題」ですね。

 

大会の主催者サイドと関係を持つことで大きな大会の出場にもつながることがあると。

 

そんなわけでどの業界も例外ではないでしょうが、フィットネス業界もやはり世に出ない出てはいけない黒い部分は多いなと感じましたね。

 

体づくりに特別はない

✔リッチピアーナ氏が過去にYouTubeなどでも触れているように、「プロ選手としてやっていくとかならもちろんステロイドは避けては通れない」というのがフィットネス業界の暗黙のルール的なものであるのが現実。

 

カイ
カイ

ですがだからってステロイドをやったから体づくりが楽になるなんてことは一切ないのかなと。

 

言ってしまえば周りがみなステロイドを使ってるならステロイドの量どうこうで体づくりに差は生まれないのかと。

 

(ステロイドに関しては詳しくないので詳細は不明ですが)

 

映画の中で出てくるプロ選手の毎日ハードなトレーニングして1年中ハードな食事をしてるシーンを見るとやはり体づくりに特別はないなと。

 

当たり前ですが筋肉がついてる人はみな毎日やることをやってるんです。

 

GENERATIONIRON3で取り上げられてるテーマですが「フィットネスは才能とか素質はあれど、それよりもまず努力」といったことをつくづく感じましたね。

 

(✔僕は以下ツイートのようなことを言い聞かせてます↓)

 

競技者の価値観は一般的ではない

筋トレにハマり競技などに出るようになると「フィットネスをしてるのが普通」と思いがちですが実際そんなことは一切ありません。

 

フィットネス人口だってほんの一握りです。

 

カイ
カイ

映画を見てる中で「ステロイドをしてまで色々なリスクを負ってまでデカクなりたいその”想い”は何なのかな」と単純に興味深く感じました。

 

もちろん僕もデカくなりたいですがただ筋肉がつくだけでなく何かしらの副作用はあるかと思うので、それを押しのける彼らの「想い」が気になりましたね。

 

(ステロイド問題に関しては以下のツイートのようなことを思ったり)

 

まあシンプルに「デカくなりたい」だけなんですかね?

 

カイ
カイ

といったようにGENERATIONIRONシリーズは筋トレのモチベーションアップにはもちろん、なんかフィットネスとの付き合い方などまで考えさせられるそんな映画です。

 

別に競技に興味はないって場合でも「こんな世界があるんか」とかなり引き込まれるかと思います。

 

そんなわけで筋トレに少しでも興味があるならチェックすべき映画!😄

 

(ちなみにDVDは日本版ではないのでパソコンで設定(リージョン)を変えないと見れない場合があるので注意してください。DVD以外だとネットフリックスでも見ることはできます。)

 

以上筋トレ好きなら見るべき映画ジェネレーションアイアンシリーズについてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました