筋トレNG行動5選【初心者がやりがちなおススメできないやり方】

スポンサーリンク

筋トレng

筋トレでやってはいけないことは?どんなやり方がNG?

本記事はそういった疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

そんなわけで今まで効果的とは言えないやり方も含め、いろいろな筋トレ方法を試してきました。

 

✔そこで今回は、あまりおススメできない筋トレ方法、いわゆる「NGな筋トレ」について解説。

 

この記事を読んでNGな筋トレのやり方を知っておくことで、より効率よく効果的に筋トレを進めていくことが出来ます!

 

では詳しくみていきます。

 

(✔NG動作のみをサッと知りたい場合は以下の動画を参考にどうぞ↓)

 

筋トレNG行動5選【初心者がやりがちなおススメできないやり方】

結論として、あまりおススメできないNGな筋トレ方法(体づくり)は以下のとおり。

✅筋トレは毎日が絶対と思うのはNG

✅可動域が狭すぎるのはNG

✅サプリメントに頼り過ぎるのはNG

✅挙げることしか考えてない筋トレもNG

✅同じメニューをし続けるのもNG

では順に解説していきます。

 

筋トレは毎日が絶対と思うのはNG

カイ
カイ

筋トレを始めると何となくのイメージで「筋トレは毎日しないと効果がない」と思いがち汗っ。もちろん僕もいっちゃん初めのころはそうでした。

 

✔ですが現実、筋肉は何かしらの負荷を与えるとその後に休ませるから以前よりほんーの少し成長(肥大)するのです。

 

ですから仮に筋トレを毎日毎日やってると、その回復の面が疎かになりなかなか成長しないことにつながることも。

 

そういった意味でひとまず筋トレを毎日のようにするのはNG。
あまりおススメできません汗っ。

 

※参考:筋トレを毎日する良し悪しについては、以下の記事で解説。
【初心者必見】筋トレは毎日するな!【そのメリットデメリットを解説】

 

ですがどうしても毎日しないと気が済まないのであれば、ぜひ分割法を取り入れて最低でも鍛える部位は変えるようにするのが吉。

 

※参考:分割法の具体例は、以下の記事で解説してます↓

【定番】筋トレするなら分割法が効果的なわけ【具体例アリ】
筋トレ分割法ってなに?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事で筋トレの分割法のメリットデメリット具体例まで解説。分割法を取り入れることで筋トレ効果は上がりますよ。

 

可動域が狭すぎるのはNG

ジムで筋トレしてる多くの方は可動域が極端に狭かったりします。

 

✔言い換えると、ウエイトを挙げきる押しきる瞬間の範囲だけでちょんちょんと動作していたり。

 

ですが筋トレは筋肉を伸ばして縮めてを繰り返す行為。これを繰り返すから筋肉が刺激され成長するきっかけになるんです。

 

ですが挙げきる瞬間だけをメインにトレーニングしてたらどうでしょう?

 

カイ
カイ

筋肉がうまく伸ばされないことになります。これだと筋肉への刺激はもちろん減少。となると筋肉の発達も遅れてくることに汗っ。

 

加えて、そういった極端に狭い可動域でトレーニングしている方は極端に重たいウエイトを使用している場合がほとんど。

 

逆に言えば重たすぎるから、ウエイトを元の位置まで下すと挙げれなくなるから可動域が狭くなることも考えられます。

 

そういった意味で変なプライドは捨てて、やや軽いウエイトに持ち変えて可動域を広く取る方が筋肉の発達は見込めます。

 

※参考:フルレンジ(最大可動域)に関しては以下をチェック!

筋トレで言うフルレンジとは【ただ最大に動かせば良いわけではない】
筋トレにおけるフルレンジとは?といった疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレしてると耳にするフルレンジの意味について解説。フルレンジはただ可動域を広くすれば良いわけでもないですよ。

 

サプリメントに頼り過ぎるのはNG

筋トレを始めるとプロテインをはじめ、何かとサプリメントに興味を持ち意識的に力を入れていくようになるかと思います。

 

もちろん僕も例外ではありませんでしたよ。

 

✔ですがサプリメントは直訳すると栄養補助食品。そう、補助なのです!
あくまでメインは固形物による食事になります。

 

※参考:筋肉をつけるための食事で優先すべきポイントは以下で解説。
【保存版】筋トレの食事で優先すべきところ【タイミングは後回し】

 

ですから、いくらEAAHMBが筋肥大に効果をしめすからと言って、1日に必要なタンパク質の量が不足していてはなかなか筋肉はつきません。

 

カイ
カイ

そういった意味でひとまずサプリメントは最低限で基本的には食生活を改善していくのが筋トレ効果を高めるため最優先するのがおススメではあります。

 

※参考:ひとまず最低限の筋トレサプリだけで良いかと↓

【3つだけ】筋トレするなら優先順位の高いサプリメント
筋トレ効果を高めるサプリで優先すべきものは?筋トレしているなら欠かせないサプリは?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事で筋トレに必要なサプリを優先順位をつけて解説。飲むべき筋トレサプリはこの3つだけ。

 

挙げることしか考えてない筋トレもNG

カイ
カイ

これまた自身のイメージから「筋トレはとにかく重たいものを挙げればオッケー」と思い込んでいるパターンになります。

 

確かに筋肉に負荷を与えるためには挙げなければなりません。

 

ですが筋トレで大事なのはウエイトを挙げることもそうですが「筋肉が縮んだ結果ウエイトが挙がる」といったイメージを持っておくことも忘れてはならない要素。

 

ですから単にウエイトを移動させることばかり考えていると、狙った筋肉に負荷が入ってなかったなんてことは普通にあります。

 

となると負荷が関節や腱や狙った筋肉ではない所にかかってたということ。
これだとケガにつながったり筋肉の肥大は遠のきます汗っ。

 

✔またウエイトを挙げることばかり重視して、戻すことを意識してないと筋肉が伸ばされた時に負荷がかかりにくいことに。

 

前半でお伝えしたように筋トレは筋肉の曲げ伸ばし。伸ばした時に負荷がかかってないとそれだけ弱い刺激になりますよね。

 

カイ
カイ

そんなわけでウエイトを挙げたら必ずウエイトを戻す瞬間まで気と力を抜かないようにするのが吉。

 

マシントレーニングならウエイトが上や下のプレートに当たってガシャンガシャンならないようにしてください。
その瞬間は筋肉から負荷が抜けていることもなりますので。

 

ウエイトにコントロールされるのではなく「ウエイトをコントロールするのが筋トレ」ということを忘れないようにしてください!

 

※参考:効かせるとは何なのかについて、以下の記事で解説してます↓

筋トレで言う効かせるとは【効きへの意識と重量への意識の割合の違い】
筋トレでよく耳にする効かせるとは何ぞや?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では効くとは効かせるとはをそれぞれ解説。あまり難しく考えずやることはシンプルですよ!

 

同じメニューをし続けるのもNG

筋肉は環境に適応する形で成長してきます。

 

ですが毎回の筋トレで同じメニューばかり行っていてはどうでしょう?

 

カイ
カイ

筋肉は「またこの刺激ね、はいはい」みたいな感じになります笑。言い換えると体が刺激に慣れてしまうことに。こうなっては筋肉の発達は遅れてきます。

 

✔そこでいつもより重たいウエイトを扱ったり回数を増やしたり、はたまた行う種目をがらりと変えたりするのが効果的!

 

こうすることで筋肉はその刺激に驚き対応しようと成長することに。

 

ですから筋トレメニューはいつも違ってもそこまで問題はないことを覚えておくのがおススメです。
(筋力のアップが目的ならある程度その種目を優先したメニューを組む必要あり)

 

※参考:効果的なメニューの組み方については、以下の記事をチェック!

筋トレメニューの組み方の3つのポイント【効かない時の対処法まで解説】
ジムで筋トレ始めたもののどうやって筋トレのメニュー組んでいったらいいかわからへんなあ。というあなたへの記事になります。本記事では筋トレの効果的なメニューの組み方を解説。より刺激の強い筋トレをして筋肥大を加速させましょう!

 

【まとめ】柔軟な考えを持ち筋トレするのが筋肥大の秘訣

上記の内容が、筋トレ初心者にありがちなNGな動作や取り組み方になります。

 

筋トレと言うと、どうしても自己流でやりがちですが、それでいて効果を感じないのであればぜひ上記のポイントを見直してみてください。

 

「これが絶対」なんて固定概念は捨てて、柔軟な考えを持ち体づくりを進めていくのが、筋肥大し続ける秘訣かと思います。

 

そんなわけで、以下のポイントを1つずつ改善してみてください。

・筋トレは毎日しなくても良い

・可動域は広くが基本

・サプリメントはあくまで補助

・筋肉を動かす意識を忘れない

・メニューは柔軟に組むべし

 

では、終わります😉

 

※参考:以下の記事で、筋トレ成功のステップをチェック↓

筋トレ成功の3ステップ【ひとまずやる/知識をつける/継続する】
最近は筋トレを難しく感じさせるような内容のメディアが多いように感じます。ですが実は筋トレで効果を出すにはたっ3つのステップだけ!本記事では筋トレ成功のための手順を解説。シンプルイズベストでいきましょう。

 

以上筋トレNG行動5選【初心者がやりがちなおススメできないやり方】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました