筋トレの効果がでない時に思い出したい2つのこと【焦る必要はない】

スポンサーリンク

筋トレ効果でない

筋トレ頑張ってるけど、効果でないからなんだかやる気がないなー。このままやとやめてしまいそうやなー。

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

カイ
カイ

そんなわけで、もちろん今まで「効果でえへんなー」と悩んで挫折しそうになったことも何度もあります。

 

✔そこで今回は、「筋トレの効果がでない時に意識したいメンタルの保ち方」について解説。

 

以下の内容を意識することで、仮になかなか筋トレ効果が出なくても、モチベーションを高く保つことができるかと思います。

 

では、詳しくみていきましょう。

 

筋トレの効果がでない時に思い出したい2つのこと【焦る必要はない】

結論として、筋トレの効果がでない時に思い出してほしいことは以下のとおり。

✅筋肥大の速度は人それぞれ

✅筋トレ効果がでない過程を楽しむ

では順に解説していきます。

 

筋肥大の速度は人それぞれ

✔こう言うとやや元も子もない感じがしますが、そもそも「筋トレの効果がでてない」のではなく、「その効果がでる速度が緩やかなだけ」かもしれません。

 

というのも筋トレをして筋肉をつけようと思うと、筋トレして栄養を補給して休養を取ることが必要になります。
(⇒体づくりに必要なことはたった3つ!【筋トレ効果を引き上げるコツ】

 

ですが、その過程を踏んだとしても人によってその反応が異なるのが実際のところ。
言い換えると、筋肥大の速度(筋肉のつきやすさ)には生まれ持った才能(遺伝的なモノ)が大きく影響するのが現実です。

 

ですから仮にボディビルダーのマネをしても、彼らと同じような速度で筋肉が変化するなんて保証はありません。

 

なので適切な方法で筋トレしているのであれば、仮に効果をなかなか体感できなくても心配する必要はありません。
その調子で継続していると、少なからず目に見えて筋肉がつく瞬間に出会います。

 

(補足:筋トレ雑誌などで見る選手などは確かにそれはそれは体づくりに時間と情熱をかけておられます。その結果としてああいった体を獲得しているのは事実。ですがその多大な努力に耐えうる遺伝的な要素を持ち合わせていたから成しえたことであるのもこれまた事実かと。

僕自身、20代の前半は彼らのようになれると思い無茶なトレーニングや食事を実践していましたが、彼らのような体の変化を得ることはありませんでした。

ですから全てを懸けるから大きく体が変化するのではなく、全てを懸けてもそれに適切に反応する体を持ちえたから大きく変化した、ということも1つ覚えておくのが良いかと。そうすると自身に合った筋トレとの付き合い方やペースが掴みやすくなります)

 

※参考:やる気がでないのは人と比べ過ぎかも↓

筋トレのやる気が出ないのは人と比べ過ぎ?【劣等感は必要なし】
筋トレのやる気が出ない時はどうすればいい?と思っているあなたへの記事になります。本記事では筋トレのやる気が出ない原因と対策を解説。他と比べるのではなくあくまで比べる相手はあなた自身ですよ。

 

筋トレ効果がでない過程を楽しむ

ダイエットにしても筋肥大にしても、仮に理想の体にたった1日でなれるとしたらどうでしょう?
達成した喜びはあるでしょうか?

 

✔やっぱり何事もそうですが、「その過程を楽しむ」ことが1つ重要かと思います。

 

やや極論ですが、人はみな死にます。結果は誰しも同じです。ですがだからこそより良い人生(過程)を送ろうと、仕事やプライベートに情熱を持って取り組むのではないでしょうか?

 

筋トレも効果がでないなら「なぜ効果がでないのか」「もっとこうした方が良いのではないか」などと考えていくからこそ楽しかったりするものです。

 

それゆえ一度でもつけた筋肉を落とすのはもったいないと思うし、そこに尊さが生まれてくるのかと。
その結果として、さらなる高みを目指して励んでいくと言いますか。

 

カイ
カイ

なので筋トレ効果がでなくて理想と現実の差にガッカリするかもですが、そうではなく着実に理想に近づいてはいる自身の過程を楽しむように心がけるのが吉。

 

仮にそのやり方が失敗だったとしても、次は同じ失敗をしないとわかったことで、今後はより成功の確率が上がるわけですし。

 

そんなわけで以下ツイートのように、何事も良いようにポジティブに捉えておけばOK。

 

※参考:僕の今までの体の変化について↓

【悲報】筋トレによる体の変化【半年じゃ変わりません/1年は継続】
筋トレはどれくらいの期間やると体が変化する?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では長年にわたって筋トレしてる運営者の写真や体重を見つつ変化の具合を解説。きっとより効果的な体づくりのヒントがあります!

 

とは言え、だからって間違った方法をずっと継続していてもその効果は出ないままです汗っ。

 

筋トレ効果がでないのは適切なやり方ではないから

筋トレ効果でない

上記のように、筋トレ効果を体感するには人それぞれのペースがあるのは事実。
✔ですが仮に間違った方法を信じて延々と繰り返していても、効果がでないのはまた事実。

 

カイ
カイ

例えば「筋トレは10回3セットすれば効果的」とだけ覚えていてもその効果は生かしきれません。

 

というのも、筋肉が大きくなる根本はストレスへの適応なので、仮に10回できるようになれば11回を目指す必要がありますし。

 

かと言って1セットあたり20回を大きく超えるような重量だと低負荷がゆえ、より重量を増やして回数を調整することも必要に。

 

他にはフォームや柔軟性などを改善することで、そもそも狙った筋肉を使いやすい状態を作ったり。

 

(以下ツイートのように、1つの指標でその良し悪しを計れないのがこれまた筋トレの面白さでもあったり↓)

 

といったように筋トレの動作1つ取っても無数と言えるほどのチェックポイントは存在します。ですから筋トレ効果をなかなか感じないのであれば、自身の取り組み方を疑うのが大事。

 

【まとめ】筋トレはいかに自身を客観視するかがカギ

上記の内容が、筋トレの効果がでない時に思い出して欲しいことになります。

 

そんなわけで筋トレ効果がでないパターンは以下2つに分類化。

・前半で解説したように筋トレ効果は出てるけどその速度が遅い、つまり最適ではないやり方をしているパターン

・後半で解説したように、そもそも間違った筋トレ方法を継続しているパターン

 

✔このどちらも筋トレに関する基本的な知識をつけることでもちろん解決できますが、そもそもそこに至るまでに自身を素直に客観視する心が必要です。
自身の取り組みを把握し、改善点はどこにあるかを探すことが。

 

またそのきっかけの1つに以下の記事でまとめてある筋トレ本を数冊ほど読んでみるのがおすすめです。

【保存版】おすすめの筋トレ本15冊【初心者から上級者まで納得の書籍】
おすすめの筋トレ本が知りたい!というあなたへの記事になります。本記事でおすすめの筋トレ本を紹介。本を読んで知識をつけることで筋肥大はより進みます。

 

それらに書かれていることが筋トレの基本であり、かつ最重要な部分になりますので。

 

そんなわけで、これからも諦めずに根気強くいきましょう!

 

では、終わり😉

 

※参考:筋トレの勉強法について↓

筋トレ知識をつける5つの勉強法【知は力なり/今すぐ試せる】
筋トレに関する知識をつけるにはどんな勉強法がある?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筆者が経験してきた筋トレの勉強法を解説。知は力なり!

 

以上筋トレの効果がでない時に思い出したい2つのこと【焦る必要はない】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました