まさか自己流で筋トレしてませんよね?【適切な方向に努力しないと逆効果】

自己流筋トレ

筋トレなんて自己流で良いよね?自己流の筋トレ頑張ってたら筋肉なんてつくでしょ。別にパーソナルトレーニング受けたり筋トレフォームについて調べなくても。

なんてまさか思ってないですよね?

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

それゆえ今まで様々な筋トレ方法を試したり、書籍を読んだり人に習ったり様々な形で筋トレに関する知識と経験を蓄えてきました。

(現在も常にアップデートしています)

そこで今回は、

そういった僕の経験も踏まえて「自己流の筋トレをおススメしない理由」について解説。

仮にあなたが「自己流でもきちんと体は変わる」と思っているのであれば注意が必要!?

では、詳しくみていきましょう。

【参考】無料メルマガ配信中【今は特典あり】
【参考】無料メルマガ配信中【今は特典あり】
無料メルマガでは、筋トレ歴3.4年に満たない方が早めに知っておきたい「筋肥大の基礎」を、ブログ記事とはやや異なる視点からも配信しています。昨今はYouTube等で多くの筋トレ情報に簡単にアクセスできますが、ゆえに基礎への理解や実践がおろそかになり身体が変わらないことも。そこで必要となるのが当メルマガです。

自己流の筋トレでは間違ったやり方を継続してしまうことも

結論として、完全に自己流で筋トレを進めていくことはおススメしません。

その理由は以下のとおり。

筋トレにも型はある

カイ
カイ

当たり前ですが、筋トレにもいわゆる基本と呼ばれる部分は存在します。

具体的には、「過負荷の原理」「超回復理論」「筋トレと食事と休養のバランス」「フォームの適切性」など。
(⇒参考:筋トレの法則「3原理5原則」は知ってる?【筋肥大への必須ルール】

言い換えると、適切に筋肉を刺激し栄養を補い休ませることで初めて筋肉はきちんと肥大します。

ですがおそらく自己流で筋トレを行う場合は、特に「フォームの重要性」などは忘れがちに。

他には「サプリメントへの誤解」や「筋トレの量」など、様々な面において効果的かつ効率的とは呼べないやり方を継続する場合が。

カイ
カイ

これでは体が変化するまでにあまりに遠回りになります。

最悪の場合ケガして筋トレ継続が難しくなることもあるでしょう。

そういった意味で、自身の勝手な思い込みだけで筋トレを継続するのはあまりに無茶と言えます。

僕自身、筋トレを始めた15の時からインターネットでやり方を調べ、当時のボディビルダーの発信などもチェックし、いわば完全に自己流で筋トレすることはありませんでした。

それゆえコンテストで優勝するような体を作れたのかと感じることも。

仮に知識をアップデートせず勝手なイメージで行っていたら、まあ今のような体にはなってないです。
(⇒参考:筋トレでの変化【70キロから90キロになったリアルな過程】

ですから筋トレと言えどまずは書籍の1つにでも目をとおし、基本的な部分に関する知識はつけておくのが吉。

※参考:以下でタダで筋トレ本を読む方法を解説してます↓

【無料】kindleunlimitedで良質な筋トレ知識をつければデカクなる
デカクなりたい。筋肉ホシイ。そのためには、適切な筋トレ知識をつけないといけないことも最近になって気づき始めた。でもだからといって、有名トレーナーの1回9000円のパーソナルトレーニングはちと高い。神様、できる限りお金をかけずに筋トレについて学ぶ方法はないのですか...。なんて思ってませんか?

自己流の筋トレはギャンブル

とは言え、自己流の筋トレで何かしらの体の変化を感じている場合もあるかと思います。

カイ
カイ

もちろんそれはそれで問題ありませんが、仮に自己流を卒業し異なるやり方の筋トレをすることで、より体の成長が加速するならどうでしょう?

結局のところ、自己流の筋トレはギャンブルのようなものかと思います。

自身の勝手なイメージがたまたま基本と一致していたら成果は現れるけど、そうでなければむしろ逆方向に進むことになる可能性も。

例えば、以下のツイートをご覧ください↓

仮に「腹筋を割るには腹筋を筋トレすれば良い」とだけ思い込んで自己流で取り組んでいると、
一生に腹筋を見ることはないでしょう。

ですからやはり自己流で筋トレするのではなく、たまにパーソナルトレーニングを受けてみたり、書籍を読んだりして自身の知識をアップデートすることは効果を出すためには必須。

(以下ツイートにもあるように↓)

英語は英会話の先生、サッカーはコーチ、柔道は師範などからそれぞれ教わるのに、こと筋トレにおいては自己流というのは無茶かと。

筋トレも奥が深く腕立て伏せのフォーム1つとっても、そんな簡単にすぐに習得できるものではないのが実際のところです。

ですからやはり日頃の筋トレという努力をより良い形にするためにも自己流はNG。

以下ビヨンドジムのように、

知識と実績の両方を兼ね備えたトレーナーの元で基本を身につけるのが、最短で体を変えあなたの理想のライフスタイルを築くには必要になります。
(⇒参考:BEYOND GYM 無料カウンセリング受付中!

【まとめ】自己流の筋トレにも適切な土台を

上記の内容が、自己流の筋トレをおススメしない理由になります。

筋トレ雑誌や筋トレ界隈で有名な方のトレーニング内容や食事の内容を見ると、かなり独特で自己流でやってるように思うかもしれません。

ですがそれらはあくまで基本的な部分を習得し踏まえた上での話です。

仮に土台が定まってないのに自己流に走ると、もちろんその効果は小さく一時的なものに過ぎないことも。

自己流で無茶をすればそれに見合う効果が得られると思いがちですが、まずは基本に忠実に進めていくことが結果として近道ということを覚えておくと良いかと思います。

では、終わり😉

以上まさか自己流で筋トレしてませんよね?【適切な方向に努力しないと逆効果】でした。