筋トレがうまくいく手順【ひとまずやる/知識をつける/継続する】

筋トレ手順

こんにちはカイです!

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、今まで様々な筋トレ方法やダイエット方法を試してきました。

カイ
カイ

さっそくですが、ここ数年はYouTubeの発展もあり筋トレに関して様々な情報をすぐに取得できますが、ゆえに返って何をしていいかわからない場合も少なくないはず。

ですが、実は筋トレで効果を出すにはたった3つの手順を踏むだけでOKです。

そこで今回は、そんな「筋トレがうまくいく3つの手順」について解説。

筋トレをあまり難しく捉えず、とりあえず以下の流れで進めていくときちんと成果は得られます。

では詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

筋トレがうまくいく3つの手順

結論として、筋トレを成功に導き結果を出すための手順は以下のとおり。

✅手順1「ひとまず筋トレする」

✅手順2「知識をつける」

✅手順3「継続する」

たったこれだけの話です。

では順にその意味を解説していきます。

手順1「ひとまず筋トレを始める」

筋トレを始めるとなると、ひとまずネットで「筋トレ やり方」みたいな感じで検索するかと思います。

もちろんそれはそれで問題ありません。

カイ
カイ

とは言え、当たり前ですが調べるだけでは筋肉はつきませんよね笑。そう、まずやるんです。

仮にそのやり方を3ヶ月やって効果がないと感じてもひとまずやるんです。

冒頭でもお伝えしたように、昨今は筋トレブームもあり詳しい筋トレ情報にアクセスしやすい現状にあります。

ですがそれが返って筋トレの成功を遠ざけている場合もあるのが現実。

例えば「筋トレはやり過ぎたら逆効果!」とよく耳にしますが、ですがだからと言って筋トレの手を抜けば筋肉はつきません。

その言葉の意図としては、

「狙った筋肉に対してきちんと負荷をかけ、かつ限界まで力を出し切れる」といったような背景があったりするのを覚えておくと良いかもです。

ですが筋トレ初心者の場合、もちろんそんな技術もメンタルも備えてないことがほとんど。

それなのにそういった言葉をうのみにしてると、筋肉の発達が遅れることも考えられます。

ですからネットで筋トレについて色々と調べるのはもちろん大事ですが、それらの情報に過度に振り回されずひとまずあなたが思ったように筋トレしてください。

話はそれからです。

(以下のツイートにもあるように↓)

※参考:初心者がまず取り組みたい種目について↓

【保存版】筋トレ初心者メニューはこれ【ジムで初めに行いたい5種目】
ジムに入会したものの何からやれば良いのか...。とりあえずは筋トレマシンをちょこちょこやれば良いか。なんか胸の日とか日ごとに決めるやり方が良いってマッチョが言ってたし、それも取り入れつつ。と思ったそこのあなたへの記事。本記事では特に筋トレ初心者に必要な基本種目でのメニューを解説。

手順2「適切な筋トレを行うために知識をつける」

カイ
カイ

ひとまず思ったように筋トレをしてみて、あまり体に変化が無かった時こそ本格的に知識をつけていく時。

やってみてうまく筋肉がつかなかった原因を探していくのです。

フォームがひどくて狙った筋肉が動いてなかったのか、キツクなってすぐに動作を諦めていたのか、はたまた食事に気を配ることを忘れていたのか、など筋肉がつかない要因は様々あります。

これらの要因を見つけるために、筋トレに関する知識をつけていくことが必要。

(体づくりの引き出しを増やすと言いますか)

逆にこのタイミングで先ほどの手順1の「ひとまずやる」ばかり重視していては、筋トレの成功は遠ざかります。

成長しない原因が掴めないと、その改善策ももちろん考えられませんので。

そんなわけでひとまず数か月ほど筋トレしてみたのち、筋トレ知識をつけていきましょう。

※参考:筋トレの基礎知識は以下の無料メルマガでサクッと押さえておくのが吉↓

【無料メルマガ】筋トレ歴3年以下のあなたが知っておきたい基礎【特典あり】
無料メルマガのご案内。筋トレ歴3年以下の方を想定して「7日間で押さえる筋肥大の仕組み」無料メルマガを始めます。YouTuberのマネをして体が変わらなかったり、そもそも筋トレにおける基礎がなにかを理解していない場合は、きっと新たな気づきがあります。

手順3「試行錯誤しつつ筋トレを継続する」

カイ
カイ

ひとまず筋トレしてみて知識もつけ始めたらあとはもう簡単です。そう継続するだけです。

とは言え、体が変わるのは時間がかかります。

ですから筋トレ知識をつけ実践し出しても、ひとまずこれまた数か月ほどは継続することが必要。

そうでないと、新しく始めたやり方が合っているのかどうかがわかりません。

仮に合っていたとしてもすぐに他の方法にシフトしていては、その効果を最大限に活かすことはできません。

これはダイエットにも言えて、ダイエットがうまくいかない原因の多くに「コロコロやり方を変える」パターンがあったり。

ですが、やり方を変えて体が次の日からメキメキ変わることはないので、ひとまず数週間は様子を見るのが吉。

(以下ツイートにもあるように↓)

【まとめ】意図を持って筋トレすることが成功の秘訣

上記の内容が、筋トレできちんと成果を感じるための手順になります。

ある程度(数か月ほど)継続すると、また手順1に戻りやってみて、効果が薄いならさらに知識をつけてまた継続していくと。

この3ステップを繰り返していくだけです。

なのであまり難しく考えずに手順1の「ひとまずやる」ことからスタートしてみてください。

するとあとは自然に試行錯誤するようになり筋肉もついてきます。

そんな上記の手順を少し細かくすると以下のツイートのように↓

そんなわけで毎回の筋トレで、事前に仕込んでおいた知識を実践していくことが筋トレで成果を出すための秘訣になります。

そうして何かしらの意図をもってその種目に取り組んでいくと、確実に体は変わることに。

では、終わり😉

以上筋トレがうまくいく手順【ひとまずやる/知識をつける/継続する】でした。

コメント