【効果的】筋トレの3つのコツ【普段のトレーニングから意識すること】

筋トレコツ

筋肉万太郎
筋肉万太郎

筋トレで成果を上げるコツが知りたい!

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどでコンテストでの優勝経験もあります。

 

以前このようなツイートをしました。

 

そこで今回はそちらのツイートを元に筋トレのコツを解説。

 

僕自身が長年の筋トレで意識してきたデカクなるためのコツでもあるのでぜひ参考に!

 

では詳しく見ていきます。

 

【効果的】筋トレの3つのコツ【普段のトレーニングから意識すること】

結論としてはツイートにもあるように「その日のトレーニングの体感を大事にする」こと!

 

具体的には以下のような所にアンテナを張っておきましょう。

✔いつもよりパンプする

✔いつもより効きが良い

✔いつもより力が出ない

では順に解説していきます。

 

いつもよりパンプする

パンプとは筋トレで筋肉に疲労がたまり、その疲労を処理する過程で水分が筋肉に集中しパンパンに膨れ上がるアレ。

 

カイ
カイ

普段と同じようにトレーニングしていてもパンプの具合が違うことがありませんか?

 

もちろんそうなる原因を特定するのはなかなか難しいかと思います。

 

なのでここではパンプ具合に違いが出るであろう要因をいくつか紹介しておきます。いつもよりパンプした時に思い返してみてください。

 

・筋トレ前の食事が充実してた

→体の中にエネルギーが十分にあるとパンプしやすい。

 

・水分補給や塩分補給がきちんと出来ていた

→パンプは水分を引き込むことで起こるので体の中に水分が豊富でないと起こりにくい。また塩分が不足しては筋肉は収縮しづらくなる。

 

・種目の順番が適切だった

→苦手部位だと高回数に向いた種目から始めると他の種目でも刺激を感じやすくなったり。

 

普段よりパンプした時にこういった要因がなかったですか?その時の筋トレ以外の面が関係していたりもします。

 

いつもより効きが良い

「効き」という言葉がよく使われますが「効き」とは?僕は「筋肉を動かしている感覚」と捉えています。

 

それが筋肉にギュっと力が入る感じなのか、筋肉が引き伸ばされてちぎれそうになる感覚なのかは様々かと。

 

それを踏まえた上で「いつもより効きが良い」と感じるのはフォームの改善が主な要因。

 

いつもよりウエイトを軽くして狙った筋肉を動かしやすくしたのか、いつもより反動を押さえた動作を心がけたのかなどが関係してきます。

 

カイ
カイ

その時に行っていたフォームを思い出してより良いフォームに修正していくともっと「効き」が良くなります!

 

いつもより力が出ない

逆に普段と比べてあまり良くないと感じるトレーニングになることも汗っ。力が出ない時に考えられる原因は以下の通り。

 

・エネルギー不足

→単純にやる気の不足につながるかと。トレーニング前の食事を充実させるのが吉。

筋トレに炭水化物が欠かせない4つの理由【摂らないとデカクならない】
筋トレするなら炭水化物は必要?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事で炭水化物が筋トレに与える影響やベターな摂取タイミングまで解説。炭水化物をうまく活用して筋肥大を加速させましょう!

 

・疲労がたまってる

→力が出にくい、伸びにくい場合は体の回復が追いついてないことがあります。オフを取り入れてみては。

筋トレの回復を早めるためにする5つのこと「休ませないと成長しない」
筋肉の回復を早める方法は?筋トレで傷ついた筋肉を早める方法は?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋肉の回復を早める方法をいくつか解説。筋肉は回復させて初めてデカクなるのですよ。

 

基本的には食事面と回復面を重視すれば力が出にくいことは無くなっていきます。

 

カイ
カイ

いつもよりパンプもしない、力も出ないトレーニングをするかもしれません。でもなったものは仕方ないのでその原因を考えて次につなげればオッケー。

 

このようにトレーニングを作業とするのではなく、「違いに敏感になる」ことが筋トレをより効果的なものにしていくコツになります。

 

違いを記憶して改善していくことで普段のトレーニングの基準を高めていくことが可能に!

 

もう「パンプしない」とか「効かない」なんてことはなくなるかもです。ぜひ上記のポイントに気を使ってみてください。

 

以上【効果的】筋トレの3つのコツ【普段のトレーニングから意識すること】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました