「AとBどっちの種目が良いですかね?」結論:どっちでも良い

筋トレ

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

さっそくですが、先日このようなツイートをしました↓

✔そこで今回は、上記のツイートを補足する形で「筋トレ種目の選び方」について解説。

筋トレってあれやこれややるのが効果的と思ったり時に1種目で十分とも思いがちですが、もちろん適切な種目の選び方はあります。

以下の内容を押さえておくと、より効果的な筋トレメニューを作ることができ筋トレ効果も高まるかと思います。

では詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

「AとBどっちの種目が良いですかね?」結論:どっちでも良い

結論として、筋トレ種目を選ぶ際は「なぜその種目を行うのか」を考えることが1つ重要になると思われます。

例えば、冒頭のツイートにもありますが「サイドレイズとショルダープレスはどっちが必要か」「懸垂とラットプルダウンは…」「スクワットとレッグプレスは…」「ベンチプレスとダンベルプレスは…」など筋トレ初心者のころは考えがち。

ですが言ってしまえば、別にどっちの種目でも問題ありません。
やりやすい方を選んで行えばOK。

とは言え、その際に「なぜその種目なのか」を考えてみると話は変わってきます。

確かに上記のような2種目はどちらも大きく見ればその部位を狙う種目。
サイドレイズもショルダープレスも肩の筋肉である三角筋を刺激できます。

ですがサイドレイズは三角筋の中でもサイドが働きやすい種目かつアイソレート種目ですので、よりサイドが働きやすい形に。

対してショルダープレスは三角筋の中でもフロントが働きやすくかつコンパウンド種目がゆえ、レイズ系と違い上腕三頭筋も含め肩のフロントに加えてサイド(大きくは関与しにくいが)の両方を刺激しやすい形になります。

カイ
カイ

ですから大きく見るとともに三角筋を狙った種目でも、実際は異なる種目と認識しておく方が良いかと思います。

仮に肩の横への張り出しを改善したいなら、ショルダープレスばかりやるよりサイドレイズを行う方が目的と一致しやすいでしょうし。
(⇒参考:肩トレでのフロント狙いの種目はやや控えめに【普段のツイートの補足】

また上腕三頭筋が筋肉痛の状態ではプレス系で力を発揮しにくく、効果的な筋トレができないことも。
この場合はショルダープレスではなく、フロントレイズで三角筋の前部を狙う方が効率的とも考えられますよね。

ですからとある2種目を比べてどちらを行えば良いかを考える際は、あなた自身の意図やコンディションを考慮して決定するのが吉。

(⇒参考:筋トレの効果的な種目数は?【部位によって異なるので意図を持とう】

 

カイ
カイ

他には「ラットプルダウンとローローはどっちが良いですか?」みたいな質問もTwitterに届くことがあったりします。

こちらに関してももちろん狙いは背中の筋肉かと思います。

とは言え、背中の筋肉は大きく広背筋と僧帽筋に分けることができる&筋肉が様々な方向から付いているため狙いたい部分によってその引き方も変化させることが必要。

超ザックリだと以下ツイートのような違いが1つあります↓

(上記ツイートについて詳しくはとりま背中トレは引く方向から考えるべし【普段のツイートの補足】をチェック)

加えて、特に背中トレはその引き方(筋トレフォーム)でも、同じ種目であれ働きやすい狙いやすい部分が変わってきます。

ローローでも広背筋をメインに狙えたり僧帽筋をメインに狙ったりと変えることが可能。
(⇒参考:ロウ系でサクッと僧帽筋を狙うやり方【普段のツイートの補足】

ですからどっちの種目が効果的かは、これまたあなたの狙いによって異なるといったことを覚えておいてください。

そんなわけで、筋トレ種目は2つを比べて「こっちをすべき!」なんてことは断言できないのが実際のところになります。

ここを早めに理解せずに筋トレを継続していると、いつまでもイメージした体に近づかなかったり苦手部位が改善されなかったり。

といったことから「何をやるかよりどうやるか」を胸に筋トレフォームや筋トレ前のストレッチを重視していくことが効果的な筋トレに繋がると思います。

筋トレでフォームが大事と言われる2つの理由【改善するとデカクなる】
筋トレのフォームは大事?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレのフォームの重要性を解説。フォームを改善することでグッと筋肥大は進みますよ。
【8つ】筋トレ前のストレッチでこれだけは必須【効きが良くなる】
筋トレ前にした方が良いストレッチはどんなん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレ歴10年筆者が筋トレ前に必ず行うストレッチについて解説。たった10分で終えることがで効きやパフォーマンスが上がるので試さない手はないです。

では、終わり😉

以上「AとBどっちの種目が良いですかね?」結論:どっちでも良いでした。

コメント