当サイトはプロモーションを含みます

【口コミ】チョコザップでネイルしてみた【デザインはこんな感じ】

著者情報
カイ

筋トレ歴10年で、ボディビルやフィジークのコンテストでの優勝経験あり。ゆえに正しい筋トレ方法やダイエット方法を熟知。当サイトではそんな筆者が、適切な筋トレ方法やダイエット方法を解説してます。専門性を持ってすべての記事を執筆しています。

↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓

チョコザップネイル

筋トレはもちろん、セルフエステやセルフ脱毛にセルフホワイトニングまで全部コミコミのチョコザップ(chocoZAP)。

そんな圧倒的コスパなチョコザップですが、なんとほぼ全店舗で「セルフネイル」のサービスまでスタートしました。

もちろん追加料金もなく、
月会費はそのまま2980円(税込3278円)で。

本記事では、そんなチョコザップのセルフネイルのデザインからやり方や口コミを、
チョコザップ会員の筆者が解説しています。

実際に利用した口コミ体験談も交えつつ。

以下の内容を理解しチョコザップを活用すると、ネイル代の節約だけでなくお腹の引き締まりも期待でき一石二鳥です。

※関連:チョコザップのセルフホワイトニングも合わせてチェック↓

※期間限定、初期費用0円キャンペーン中!
あとできっと後悔するので今すぐサクッとチョコ活を始めよう!

(以下はチョコザップ公式より引用)
※使い放題はトレーニングマシンに限ります。
※一部、テナント規制により24時間営業ではない店舗・休館日がある店舗もございます。
※サービスおよび関連設備は店舗により異なり、取り扱いのない店舗もございます。詳しくはchocoZAPwebサイトの店舗ページでご確認ください。

【口コミ】チョコザップでネイルしてみた【デザインはこんな感じ】

チョコザップネイル

結論、チョコザップのセルフネイルは「ジェルネイル」タイプで、ネイルに不慣れな筆者でも簡単に使えました。

指をネイルマシンに入れると十秒ほどでデザインが照射されるので、あまりに楽しくあっという間に時間が経ってました。

(足にはできません。手のネイル専用です。)

そんなチョコザップのジェルネイルは、
合成樹脂でできた液体を塗り、UV/LEDライトを照射し固めるネイル方法。

ゆえにマニキュアと違い固まるまでほんの数十秒かつ、発色が良くツヤのある仕上がりになりやすいです。

ちなみに筆者は最初のデザインはゼブラ柄にしてみました↓

チョコザップネイル

思ったよりツヤツヤに仕上がったので満足です。

ださいとも全く思わない仕上がりです。

(以下はチョコザップのネイルの実際の仕上がりや口コミ。)

※補足:チョコザップのセルフネイルはデザイン(柄)自体は無数に選べますが、ストーンを乗せたり3Dネイルにしたりはできません。

チョコザップのネイルのやり方

チョコザップネイル

チョコザップのセルフネイルは始まった当初は以下の店舗でのみ利用できました。

  • 不動前
  • 中野中央
  • 川越南大塚
  • 久米川南口
  • 横浜十日市場
カイ
カイ

ですが、現在チョコザップ公式で検索すると次の結果だったので、今後はほぼ全店舗で導入されると考えられます↓

チョコザップセルフネイル

では次に、
チョコザップのセルフネイルの具体的なやり方をみていきましょう。

ジェルネイルをチョコザップで行う際の主な手順は以下のとおり↓

  1. チョコザップアプリで予約
  2. ベースジェルを塗る
  3. ネイルデザインを照射
  4. トップコートを塗る

チョコザップアプリで予約

チョコザップネイル

チョコザップでセルフネイルを行う際は、エステや脱毛と同じように、事前にチョコザップアプリでネイルルームの予約が必要です。

チョコザップアプリで「エステ等の予約」から店舗のセルフネイルをタップし、
あなたがネイルしたい時間帯を予約。

1枠50分で1日2枠まで利用できます。

ベースジェルを塗る

チョコザップネイル

チョコザップネイル

ネイルルームに入りネイルマシンの電源を入れたら、まず備え付けのべ―スジェルを塗りましょう。

ベースジェルは下地になるジェルのことで、ネイルの定着力を高めたり、爪への色素沈着を防ぐ役割があります。

ベースジェルなしで繰り返し爪に直接カラー(デザイン)を乗せていると、爪の変色を招く可能性もあるので注意です。

そんなベースジェルを塗ったら、UVマシンに60秒ほど指を入れ乾かします。

チョコザップネイル

チョコザップネイル

自動で青い光は消えるので、
消えたら再度ベースジェルを塗りUVマシンで乾かします。

チョコザップネイル

次に、プリコートを塗り数分ほど乾かし準備は完了。

ネイルデザインを照射

ベースジェルを塗り土台を作ったら、いよいよデザインを乗せていきます。

チョコザップのセルフネイルマシンは以下「CureNel」↓

CureNel
スリースター商事
ゆえに、事前に「CureNelアプリ」をインストールし、397種類の規定データや自身の好きな写真などからデザインを決めておくことが必要です。

チョコザップセルフネイル

デザインを事前に決めておくと、時間の短縮にもなるので焦らずネイルを完了できます。

CureNelを開き画面左下の「プリント」を押し、デザインを決定します。

チョコザップネイル

次にデザインを照射する指を決め、アプリの表示に従いネイルマシンに指を入れ位置を確認。

チョコザップネイル

チョコザップネイル

位置が決まれば照射すると、10秒ほどでデザインが爪に乗ります。

チョコザップネイル

※補足:WiFiで「CureNel」に接続しているのに、アプリとプリンターが連携できない場合は、スマートフォンの設定で「ローカルネットワーク」をオンにすると解決します。

ワイファイとインターネットがうまくつながらない際はお試しください。

チョコザップネイル

チョコザップネイル

トップコートを塗る

チョコザップネイル

デザインを乗せたら、最後にトップコートを塗ってUVライトで乾かして完了です。

チョコザップネイル

トップコートには以下の役割があるので、ネイルの仕上がり(デザイン)を良くするなら必須です。
  • ネイルに厚みがでる
  • カラーの剝がれを防ぐ
  • カラーの発色を良くする
  • ツヤのある綺麗な仕上がりに貢献
ここまで慣れると30分から40分ほどが目安ですが、はじめてだと50分ギリギリまでかかると思われます。

筆者も初セルフネイルのときは50分いっぱいいっぱいかかりました。

予約の段階では50分も必要ないでしょと余裕かましてましたが。
チョコザップ公式はこちら⇒

チョコザップのネイルのコツ

セルフエステや脱毛と同様ルーム内にポップもあり、誰でも簡単に行えるチョコザップのセルフネイル。

(もちろん男女とも利用可。)

ですがさらに以下のコツを押さえておくと、ネイルの耐久性や良い仕上がりに貢献↓

  • サンディングしておく
    ⇒デザインの持ちを良くする
  • ジェルの塗り方に注意
    ⇒筆圧によるムラを防ぐ
  • 長風呂は控える
    ⇒ジェルネイルは水に弱い

サンディングは爪の表面を磨き形を整えジェルの定着を高めることが目的なので、チョコザップに行く前に行っておくと、より良い仕上がりのネイルができます。

そんなサンディングのやり方は自爪サンディングのやり方を参考にどうぞ。

また、ジェルを塗る際も手を平置きするのではなく、指先が下を向くようにして塗るのが吉。

チョコザップネイル

作業する方の小指側でしっかり手を安定させることで、筆圧を一定に保ちムラなくジェルと塗れます。

筆圧が強いとムラができたり、下層のジェルやカラーがはげる原因にもなるので注意です。
チョコザップ公式はこちら⇒

チョコザップのネイルにオフは必要?もちは?

一般的にジェルネイルは3から4週間ほど持続するとされます。

ですから約3週間ごとに、ネイルを付け替えたりオフにしたりするのが基本。

ことチョコザップのセルフネイルも例外ではありません。

爪が伸びてデザインにズレが生じたり、高頻度でネイルを付け替えしてると爪が傷つく可能性が考えられます。

なので自身の爪の状態を見つつ、数日ごとにネイルをポンポン付け替えるような頻度は控えた方がいいと思われます。

ちなみに筆者は、1.2週間ほどでネイルが剥げてきたので、爪とネイルの間を爪で押すとペリッと綺麗に取り外せました↓

チョコザップセルフネイル

ですからチョコザップのネイルのもちは、通常のネイルサロンよりやや短く感じます。

ではさっそくチョコザップで楽しくコスパ良くネイルして、
テンションを上げていきましょう。
チョコザップ公式はこちら⇒

以上【口コミ】チョコザップでネイルしてみた【デザインはこんな感じ】でした。

チョコザップ

【下部ボタンからシェア大歓迎】今後の記事執筆の参考にもなりますので、記事を読んだ感想をTwitterはじめSNSでシェアしてくださると嬉しいです!

↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
FITNESS-FREAK