二頭筋の筋トレの3つのコツ「発達の遅れを改善する方法」

スポンサーリンク

二頭筋トレーニング

筋肉万太郎
筋肉万太郎

二頭筋のトレーニングのコツは?

二頭筋の成長が止まった時の対処法は?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどでコンテストでの優勝経験あり。

 

そこで今回は二頭筋のトレーニングのコツを解説していきます。

 

やっぱりデッカイ二頭筋には憧れますよね笑。

 

では詳しくみていきます。

 

二頭筋の筋トレの3つのコツ「発達の遅れを改善する方法」

結論としては以下の3つの内容を成長の「きっかけ」にしてみてください!

・手幅を変える

・握り方を変える

・重量を落としてみる

では順に解説していきます。

 

手幅を変える

・手幅を肩幅より広くすれば二頭筋の内側(短頭)に刺激が入りやすい

・手幅を肩幅より狭くすれば二頭筋の外側(長頭)に刺激が入りやすい

 

カイ
カイ

肩幅に沿って前腕が体に対してまっすぐに位置する幅でバーを握るのが、負荷がかかりやすいポジションにはなります。

 

なので手幅を変えると確かに上記のような違うはあるのですが、力はやや出にくくなることがあったり。

 

ですからあなたのトレーニングの意図に合わせて、手幅を選ぶのがグッド!

 

握り方を変える

・手の指の方でバーを握ると前腕に負荷が逃げやすい

・掌の真ん中あたりでバーを握るようなイメージ

 

カイ
カイ

腕は背中や胸などの体幹部と違うので、ある程度しっかり握り込むことで感覚は良くなります!

 

なので手首はやや巻き込み気味でカールしましょう!こうすることで二頭筋から負荷が逃げづらくなります。

 

手首が返っちゃうと二頭筋から負荷が抜けます。

 

(こちらの動画も参考にどうぞ↓)

 

重量を落としてみる

・扱う重量を落として可動域や効きを重視

・レップの範囲をやや上げる(10回なら15回に変えたり)

 

カイ
カイ

二頭筋に限ったことではないですが、対象筋でコントロール出来ないウエイトを使用している場合がほとんどです汗っ。

 

二頭筋なら体を前後に振りまくってカールしてませんか?それでは腰のケガを招く可能性すらもありますよ。

 

そうならないためにもやや高回数のトレーニングを増やしたりして、神経の伝達を磨くのもアリ!

 

というのが二頭筋の成長を促す方法になります。変化を取り入れないと今より大きい変化は訪れません。

 

ベストを追求するために取り入れてみては!

 

(こちらのnoteも参考にどうぞ↓)

腕トレ指南書「刺激しやすい動きとは?」|カイ@筋トレ|note
20.9.07 追加内容:全体的に加筆&修正。 はじめに こんにちはカイです! やっぱり太い腕には憧れますよね。 でも現実はしっかり太くなっていますか? 筋肉が成長しないのには何かしらの原因があります。もちろん腕だって例外ではありません。 腕がデカクならない要因にトレーニン...

 

以上二頭筋のトレーニングの3つのコツ「発達の遅れを改善する方法」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました