ちょこざっぷのマシンの種類と使い方【フリーウエイトなしの筋トレ設備】

チョコザップマシン

自分は本格的に筋トレしてゴリマッチョになりたいわけでもないから、ちょこざっぷとかの24時間ジムでも十分な気もするんよな器具的に。でも実際ちょこざっぷにはどんな筋トレマシンがあるんやろか?それなりに筋トレはできる?

なんてあなたは思ってませんか?

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は11年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※Twitterもやってます😉)

そんなわけで、今まで様々なジムに通いその設備などをみてきました。

そこで今回は、そんな僕が「ちょこざっぷにある筋トレマシンの種類とそのコツ」について解説。以下の内容を踏まえて、ちょこざっぷを利用することでコスパよく体型を変えることができます。

(⇒ちょこざっぷの店舗一覧まとめ【各ジムにトイレやシャワーはある?】

ちょこざっぷの筋トレマシン全11種類の使い方(フリーウエイトなし)

チョコザップマシン

結論として、ちょこざっぷには以下11種類の筋トレマシンが完備されています↓

  • ショルダープレス
  • チェストプレス
  • アブドミナル
  • ラットプルダウン
  • アームカール
  • ディップス
  • レッグプレス
  • アダクション
  • アブダクション
  • トレッドミル
  • エアロバイク

ではそれぞれのマシンの効果と使い方をサクッとみていきます。

ショルダープレス(肩のマシン)

こちらは肩の中でも、特に前部を刺激できるマシンになります。肩自体が挙がって動作してしまうと、肩ではなく僧帽筋といって首の付け根がキツクなるので注意。

カイ
カイ

ですから、肩自体が大きく上がらないように動作すると効果的です。

加えて、あまり力みすぎて首まわりに力が入らないようにして、常にマシンのバーの軌道上に肘が位置するように押していきましょう。

他にも縦の部分のバーを握って動作すると、腕が下がりやすく肩の前の部分に強い負荷をかけることもできます。

チェストプレス(胸のマシン)

こちらは大胸筋を鍛える定番のマシン。ベンチプレスのようなイメージの種目ですね。

カイ
カイ

このマシンでよくあるミスが、バーを押すと同時に肩も前に出てしまうパターンが多く見受けられます。

ですがそれだと胸の筋肉がきちんと働かず、肩への負担が強くケガする恐れも。ですからまずは胸を張り肩を下げた状態のまま押すことが大事になります。

押すと同時に自身を背もたれに押し付けるイメージだと、肩が前に出ず動作しやすかったりも。

アブドミナル(腹筋のマシン)

こちらは腹筋を鍛えるマシン。このマシンはよくガニ股で行ってる方を見かけます。ですがそれではお腹に力が入りにくく、きちんと腹筋を刺激できません。

カイ
カイ

なので膝は外ではなく真っすぐになるように座り、お腹に力が入りやすい姿勢を作ってから上半身を倒してくるのが吉。

そんな腹筋のマシンは代わりに以下ベンチが置いてある店舗もあります↓

チョコザップマシン

そちらだと頭を上げてくるクランチや、逆向きに寝そべり足を上げてくるレッグレイズなども可能になります。

今だけ入会金と事務手数料は0円↓

ラットプルダウン(背中のマシン)

こちらは背中の特に広背筋を鍛える際のマシン。そんなラットプルダウンで最も多いミスが「肩が上がった状態でバーを引いてしまう」パターンです。

これでは腕や背中の上の方ばかりが使われ、肝心の背中の大部分を占める広背筋を刺激することが困難に。

ですから重りを軽くしても良いので、まずは肩を下げながらバーを引くことを意識してみましょう。また懸垂と同様に、バーを引くというより自身が上に伸びあがるイメージも持ちながら。

(以下ツイートにもあるように↓)

アームカール(腕のマシン)

やはりたくましい腕はかっこいいですよね?男性なら誰しも憧れますよね?そのために使いたいマシンがこれ。

アームカールマシンも先ほどのアブドミナル同様に、ガニ股で行うパターンがよく見受けられます。ですがそれだと体をのけ反りやすく、上腕二頭筋が働きにくくなることも。

カイ
カイ

ですからまずは足幅は腰幅ほどにし体幹に力が入りやすい姿勢を作り、少し体を丸めるようにして腕を曲げてくると効果的です。

ディップス(腕と胸のマシン)

ディップスというと、二の腕の部分である上腕三頭筋や胸の特に下の方を鍛えるのに適した種目。

カイ
カイ

上腕三頭筋を狙いたい場合はやや上半身を立て気味に、胸を狙いたいときはやや前傾して行うと効果的です。

ですが過度に可動域を取ろうとすると肩への負担も大きくなるので、あまり腕(肘)を上げすぎないのが吉。代わりに脇を閉じて行うと安全に二の腕を刺激できます。

レッグプレス(足のマシン)

こちらは足を鍛える定番マシン。

カイ
カイ

よくあるミスとしては、腰が丸まったまま押してしまうパターンですかね。

これだと足全体に負荷がかかりにくいので、まずは腰はまっすぐ骨盤を少し起こしたまま座り動作すると効果的です。

戻す際も腰が丸まるほど、足を近づけてくる必要はありません。そうなる手前でまた押し返していけばOK。

他にも足をつく位置で以下のような違いも生まれますので、色々と試してみてください↓

・足をプレートの上の方につく
⇒お尻やモモ裏を狙いやすい

・足をプレートの下の方につく
⇒前モモを狙いやすい

・足幅を狭くする
⇒お尻や前モモの側面を狙いやすい

・足幅を広くする
⇒内モモを狙いやすい

アダクション(内もものマシン)

こちらは内ももを鍛える筋トレマシン。基本的には座って膝を閉じてくると、問題なく内ももを使ってる感覚は掴めるはずです。

腰を反ってしまうと、お腹に力が入りにくく足を閉じにくくなるので、腰は反らず過度に胸を張る必要もありません。

アブダクション(お尻のマシン)

こちらはアダクションの逆で、お尻を鍛える種目。

カイ
カイ

この部分の力が弱いとレッグプレスでうまく踏ん張れなかったりもするので、積極的に取り入れるのがおすすめです。(他にも骨盤がうまく機能せずきれいな姿勢を保つことができない原因にも。)

アブダクションと違いやや胸を張り腰を丸めず骨盤を立て、いわゆる良い姿勢で行うとお尻の筋肉を使いやすくなります。

今だけ入会金と事務手数料は0円↓

有酸素運動を行うトレッドミル(ランニングマシン)やエアロバイク

チョコザップマシン

最後に、ちょこざっぷには有酸素運動マシンもあります。ですから筋トレ前のウォームアップに10分ほど歩いたりするのも効果的。

ちょこざっぷはエニタイムと違いバーベルやダンベルなどの器具なし

といったように、ちょこざっぷはマシンのみでダンベルやバーベルなどいわゆるフリーウエイトは完備していません。(ラックで行うベンチプレスなどはありません。)

ゆえに本格的な筋トレがしたい場合は、やはりエニタイムフィットネスなどを利用するのが吉。

ですがマシントレーニングであれ、上記で解説したようなポイントを押さえきちんと行うことで筋肉は成長します。

カイ
カイ

ですから、ちょこざっぷの設備的に筋トレ効果が薄いなんて心配は不要。

またフリーウエイトがない、つまりゴリマッチョが少なく初心者でも気軽に筋トレできる雰囲気がチョコザップの良さでもあります。

【最新】ちょこざっぷ(chocozap)の口コミ【1日5分のちょいトレで痩せよう】で解説してるように、多くの方がその雰囲気を気にいってたりも。

以下ツイートからもわかるように↓

(⇒ちょこざっぷ入会にかかる初期費用はいくら?【今だけ入会金と事務手数料は無料】

一般的な筋トレや健康習慣にはちょこざっぷのマシンや設備で問題なし

上記の内容が、ちょこざっぷにあるマシン一覧とその効果について。

カイ
カイ

ちょこざっぷはマシンのみなのもあり、THE筋トレみたいな雰囲気はなく気軽に利用することができます。(エステマシンもあるためやや女性の割合が多いのもあり。)

以下ツイートにもあるように↓

なので週1.2回の運動習慣をつけ、健康的なライフスタイルを送っていくのにも便利。そうして「もっと本格的に筋肉をつけたい」など思い始めたら、エニタイムフィットネスやゴールドジムを検討すればOK。

まずはちょこざっぷで筋トレに慣れていけば問題なしです。きちんとジム通いを継続することが最優先。エニタイムフィットネスの半額以下で利用できるのがちょこざっぷでもありますし。

加えて入会するとスタートセットとして「体組成計」と「ヘルスウォッチ」までついてきます。さっそく以下からちょこざっぷアプリをインストールしサッと入会するのが吉。

そうして活気ある日常を送り、仕事もプライベートもより充実させていきましょう。

今だけ入会金と事務手数料は0円↓

以上ちょこざっぷのマシンの種類と使い方【フリーウエイトなしの筋トレ設備】でした。