減量に雑炊を推す2つの理由【1年ほど食べ続けてるボディビルダーが解説】

減量雑炊

こんにちはカイです!

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、今まで何度も減量してきました。

カイ
カイ

とは言え、「茹でた鶏肉と玄米を食べ続ける」みたいな減量なら2日でやめてます笑。そう、減量を継続させるには何かしらの工夫が必要。

そこで今回は、僕が1年ほど前から毎日のように食べている「雑炊が減量に効果的と言える理由」について解説していきます。

雑炊を活用すれば、減量は思ったより楽になります。

では詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

減量に雑炊を推す2つの理由【1年ほど食べ続けてるボディビルダーが解説】

結論として、僕が減量に雑炊を推す理由は以下の2つ。

✅満足度と満腹度が高い

✅調理が簡単かつ超短時間

では順に解説していきます。

減量中の雑炊は満足度と満腹度が高い

そもそも減量ができないほとんどの原因は「空腹」にあるかと思います。
お腹いっぱいの状態も苦しいは苦しいですが、空腹は空腹でこれまたキツイですよね。

お金さえ出せば食べたいものを食べれる時代に、自ら空腹を我慢するのは大変だったりします。
それゆえいつしか挫折することに。

カイ
カイ

ですが減量中でも満腹になれるならどうでしょうか?いくらか減量が楽になると思いませんか?

そこで使えるのが雑炊。

通常、白米200gをおかずなどと食べるともちろん200gに過ぎません。

ですが雑炊にすることで、白米が水分を含み2倍を超える総量ぐらいになるのが雑炊。
同じカロリーにも関わらず、総量が2倍ならもちろん満腹感もそれに伴い増加。

といったようにどうせ食べるなら満腹度(満足度)が高い料理を選ぶ方が、ストレスなく減量を継続できます。

(その一例が以下マッシュポテト↓)

※参考:じゃがいもが減量に便利と言える理由について↓

【意外】減量にじゃがいもが便利な3つの理由【白米より多く食べれる】
SNSとかで減量中のマッチョがよくじゃがいも食べてたりするけど、あれってなんで?じゃがいもは減量に効果的?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではじゃがいもが減量に使える理由について解説。白米よりじゃがいもの方がたくさん食べれる!?

そんなわけで、僕は減量中でなくても毎日のように朝ごはんを雑炊にしています↓

増量中でも無駄にハイカロリーなものを食べて太り過ぎないように。
(⇒参考:【太らない】リーンバルクの3つの良し悪し【筋肥大に過度な食事はNG】

雑炊は調理が簡単かつ超短時間

減量中の料理に手間がかかってると、作る間に空腹に耐えれずいらぬものをつまみ食いすることも。
またそういった小さいストレスが重なり暴飲暴食に至るパターンも。

そういったちょっとした隙を与えないためにも、簡単に調理できすぐに体に必要な栄養素を取り入れることができるのが雑炊。

基本の材料は3つ。

ダイエット雑炊

・白米(250g)
⇒自身の1日の摂取カロリーにより量は異なるので、【保存版】ダイエットのやり方【押さえておくべきたった2つのこと】を参考にあなたに適した量を決定。

・卵(全卵2、卵白8)
⇒これまた人によって異なるので、【基礎】筋トレするならタンパク質が多く必要なわけ【筋肥大に直結】を参考にあなたに適した量を決定。

うどん出汁プチっと鍋

調理の手順は以下のとおり↓

①フライパンに水を入れ白米とうどん出汁を入れる↓
(水の量はご飯が浸るぐらい)

ダイエット雑炊

②やや沸いてきたら卵を入れる↓

ダイエット雑炊

③スプーンで1分ぐらいかき混ぜる↓

ダイエット雑炊

④出来上がり↓

ダイエット雑炊

とまあレシピなど必要ないぐらいに簡単かつ即効でできます笑。

卵でなく鶏肉などでももちろん良いですが、ややゴロゴロして歯触りが微妙だったりするので、やはり卵がおススメ。

あとは七味や塩こぶなどを好みで加えればより美味しく頂けます。

(以下は僕の日々の雑炊たち笑↓)

※参考:白米をオートミールにするとより満腹感は強かったりも↓

【最強】筋トレ民がオートミールを好む3つの理由【うまいレシピ有】
YouTubeとかでマッチョの食事とか見てるとやたらとオートミール?とかいう食べ物でてくるけどあれはなんなの?美味しいの?筋肉に良い食べ物?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレ民が好んでオートミールを食べる理由からおいしいレシピまで徹底解説。

【まとめ】減量は無駄にストイックになる必要なし

上記の内容が、僕が減量に雑炊を推す理由になります。

「減量中は甘いものはNG」「空腹に耐えてこそ減量」といったイメージがあるかもですが、基本的には「摂取カロリー<消費カロリー」になる範囲であれば食べても大丈夫です。

(⇒参考:ダイエット中に甘いものを食べる際の3つのポイント【量/質/タイミング】

ですから、減量と言えど無駄にしんどい思いをする必要はありません。
普段の白米も、雑炊にして食べることで満腹感が上がるなら利用するのが吉。

そういった感じで自身がいかにストレスを感じることなくアンダーカロリーの状態を作っていけるかが、減量成功のカギになります。

では、終わり😉

※参考:日々の食事に1つ楽しみを置いておくのも大事↓

【簡単】減量を継続させるたった1つのコツ【日々の食事に小さな楽しみを】
フィジークとか筋肉系のコンテストに興味あるし、減量とかしてみようと思うけど成功のコツとかあるんかな?YouTubeとか見ててもキツそうなイメージしかないけど...。というあなたへの記事になります。本記事では減量継続のたった1つのコツを解説。これで減量が楽に!?

※参考:自炊がだるい時はベースブレッドで減量を快適に継続↓

ベースブレッドで筋トレ飯をより快適に【完全栄養の主食で自炊いらず】
筋肉つけたいけど、ダイエットしたいけど自炊はめんどい...というあなたへの記事になります。本記事では完全栄養の主食であるベースブレッドについてレビュー。未だかつてこんなにも栄養素をぶち込んでかつ風味も良いパンはあったでしょうか?

以上減量に雑炊を推す2つの理由【1年ほど食べ続けてるボディビルダーが解説】でした。

コメント