当サイトはプロモーションを含みます

チョコザップ浦和の様子【ジム内を元会員が解説】

著者情報
カイ

筋トレ歴10年で、ボディビルやフィジークのコンテストでの優勝経験あり。ゆえに正しい筋トレ方法やダイエット方法を熟知。当サイトではそんな筆者が、適切な筋トレ方法やダイエット方法を解説してます。専門性を持ってすべての記事を執筆しています。

↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓

ちょこざっぷ浦和

  • ガッツリってよりまずはゆるく
  • 好きなときに気軽に利用したい
  • ジム会費はできる限り安いに越したことはない

そんな望みをすべて叶えてくれるのがチョコザップ浦和。

本記事では、そんなチョコザップ浦和の実際の様子をチョコザップ元会員が解説しています。

事前に実際の設備を確認しておくと、より安心して利用できますよね。

※期間限定、初期費用0円キャンペーン中!
あとできっと後悔するので今すぐサクッとチョコ活を始めよう!

(以下はチョコザップ公式より引用)
※使い放題はトレーニングマシンに限ります。
※一部、テナント規制により24時間営業ではない店舗・休館日がある店舗もございます。
※サービスおよび関連設備は店舗により異なり、取り扱いのない店舗もございます。詳しくはchocoZAPwebサイトの店舗ページでご確認ください。

チョコザップ浦和の様子を元会員が解説

チョコザップ浦和の実際の様子は以下のとおり↓

ちょこざっぷ浦和

ちょこざっぷ浦和

ちょこざっぷ浦和

ちょこざっぷ浦和

ちょこざっぷ浦和

チョコザップはチェーン展開なのもあり、チョコザップ浦和の雰囲気は埼玉だとチョコザップ草加と特に変わらずです。

この温かみある色合いと、シンプルな配置のジム内が基本。

そんなチョコザップ浦和には、具体的に以下の数のマシンが置いてあります。

鍛えられる部位台数
ショルダープレス肩と二の腕1
チェストプレス胸と二の腕1
ラットプルダウン背中と力こぶ1
バイセップスカール力こぶ1
ディップス胸と二の腕1
レッグプレス2
アダクション内もも1
アブダクションお尻1
アブドミナル腹筋1
トレッドミル有酸素運動4
クロスバイク有酸素運動5
雰囲気は他店と変わらずですが、チョコザップ浦和はすべての種類の筋トレマシンが揃ってます。

店舗によっては、バイセップスカールやディップスがない場合もありますので。

(ちなみにチョコザップ宮原より有酸素運動マシンは多い。)

そんなわけで、全身の筋肉をくまなく鍛えることができます。

そんなチョコザップ浦和ですが、以下クチコミのようにやはり使い勝手は良いと思われます。

近隣の浦和店に行っていましたが、あまりにもエステの予約が取りづらくなってしまったのでこちらへ来てみました。 比較的空いていて、店舗自体も広く、清掃や補充も行き届いており快適でした。 また小規模な売店もあり、ドリンクやプロテインなどが購入できるようになっていました。 こちらはトイレとロッカー(鍵なし)が設置されていました。 自宅からは少し離れた店舗ですが、快適さはこちらの方が上回るのでまた行きたいと思います。
(引用元:グーグルマップ

平日昼間に通っています。
ジム通いは初めてでしたが、想像していたような筋トレガチ勢や、常連だらけなんてことはなく、気軽に誰でもスタートできる環境でした。
衛生面も特段気になることはなく、潔癖症でなければ十分なレベルに感じました。
(引用元:https://g.co/kgs/xCW2nY

使い方はスマホで見られるし、靴や着替えを持たないで自分のペースでワークアウト出来るのが何よりです。
(引用元:https://g.co/kgs/2Y4S7G

チョコザップは清掃に関してややネガティブな意見があったりしますが、個人的には一般的な24時間ジムに求め過ぎと感じます。

もちろんパーソナルジムならそれなりの会費ゆえ話は変わりますが。

ですからクチコミで指摘されることのある、衛生面を過度に心配する必要はないと思われます。

チョコザップ浦和のその他の設備

チョコザップ浦和の筋トレマシン以外の設備は以下のとおり↓

トイレあり
シャワーなし
オープンロッカーあり
更衣室あり
洗面台あり
セフルエステ/セルフ脱毛あり/あり
駐車場/駐輪場なし

こちらも標準的な設備で特に不便なく利用できます。

ちょこざっぷ浦和

ちょこざっぷ浦和

そんなチョコザップ浦和へのアクセスは、京浜東北線「浦和駅」西口から徒歩7分!

  • 電話:0120945648
  • 〒330-0062
  • 埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目4−12Crobis浦和2F

チョコザップ公式はこちら⇒

以上チョコザップ浦和の様子【ジム内を元会員が解説】でした。

チョコザップ

【下部ボタンからシェア大歓迎】今後の記事執筆の参考にもなりますので、記事を読んだ感想をTwitterはじめSNSでシェアしてくださると嬉しいです!

↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
FITNESS-FREAK