【経験談】脚トレがきつい時に意識したい3つのこと【無心になろう】

脚トレきつい

脚トレがきつくて仕方ないけどどうしたら良い?(前日から憂鬱になることもある)脚トレを他の部位と同じように行えるようになりたいんやけど。

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、脚トレももう何百回としてきました。

また脚のトレーニングが終わるたびに、達成感とまた1週間後に来る脚トレへの憂鬱さの両方を感じてたら気がつくと10年ほど経過。

そこで今回は、「そんなきつい脚トレをどういう風に捉えるとより積極的に取り組めるか」について解説。

(あくまで僕の経験論ですが)

本記事で解説するポイントを意識すると、より過度なストレスなく脚トレができるようになるかもです。

では詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

脚トレのつらさを緩和するための3つのポイント

結論として、脚トレがきついと感じる場合に意識するポイントは以下のとおり。

✅柔軟なルーティンを組む

✅とにかくレップ数を意識する

✅テンションを切らさない

では順に解説していきます。

柔軟なルーティンを組んで脚トレのつらさを軽減

初めに言っておくと、脚トレは辛くきついものです。

(というか、つらいと感じるほど追い込めてる時点ですごいことかと)

というのも脚の筋肉は全身の筋肉の約70%を占めるので、1レップするだけでも腕などと違い多くのエネルギーが必要に。

また大きな筋肉がゆえに、扱う重量だって重いので動作するにはそれだけ大変なものです。

だからこそ少しでも快適な(無駄に消耗しない)脚トレを行うために、まず意識したいのはルーティンの組み方。

例えば、

脚トレを週の後半に行うのであれば、それまでの他の部位でのトレーニングの疲労がたまった状態で取り組むことになります。

カイ
カイ

そもそもきつい部位のトレーニングなのに、疲れがあってはさらにきつく感じ、「スキップレッグデイ」したくなるのは当然です。

ですからひとまず脚トレを週の前半に持ってきて、体がフレッシュな状態で取り組むのが吉。

また脚トレの前日や前々日に背中のトレーニングを持ってきているなら、これまた脚トレがきつく感じる要因になっているかもです。

というのも、背中トレではデッドリフト等を行うともちろん脊柱起立筋に負荷がかかります。

そうして腰周りに疲労がある状態で脊柱起立筋をも活用するスクワットなどの種目を行うと、パフォーマンスが発揮しづらくよりきつく感じる原因に。

加えて股関節周りの動きが悪く、腰が張り、効果的な脚トレができないことも。

ですから無駄な所に意識して消耗しないために、脚トレは体に疲労がない状態で取り組めるルーティンを組むのが良いかと思います。

※参考:時間があるなら脚トレを2回に分けるのもあり↓

【比較】脚トレを大腿四頭筋とハムストリングスに分ける際の良し悪し
上半身をいくつにも分割してトレーニングするように、脚トレも大腿四頭筋とハムストリングスで分けて行おうと思うけど効果的なんかな?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では脚トレを表裏で分ける際のメリットデメリットを解説。それらを考慮して脚トレすることでより良い脚が爆誕。

脚トレではとにかくレップ数を意識してきつさを緩和

カイ
カイ

これは僕自身がボディビルを始めた頃に、トレーナーの方に言われた言葉になります。

当時はなぜかその方に脚トレのサポートをしてもらうことが多く、それはそれはアホみたいにきつい内容でした。

(その方が近づいてくると憂鬱になることも笑)

その際に動作がきつくなってきて僕がワンテンポ止めようとすると、よく言われた言葉が「動かすだけ!」。

その時はきつ過ぎて「なに言ってんねん怒」と思ってましたが、でも実際はそうなのかなと思うことも。

というのも脚トレがきついのは確かなのですが、「きついと思うから余計にきついと感じる」部分はあると思うんです。

そういった意味で、動作中はとにかく動かすことに意識を向けて、無駄なことを考えないのも1つの手ではありますかね。

ですが、

動かすことばかりに意識がいくとフォームが疎かになり脚への刺激が弱くなることもあるので、あくまで効いてる状態をキープした話ではあります。

その状態で、あとは無心で目標のレップ数まで動かし続ける「だけ」。

脚トレはテンションを切らさずつらさを意識しない

こちらのテンションは筋肉への負荷の話ではなく、自身の気持ちの話。

脚トレに限らず筋トレは「淡々」とメニューをこなしていくことが大事かと思います。

集中力を切らさないというか。

そんなわけで、種目の移動をする間などに無駄なことを考えないようにするのも効果的と思われます。

カイ
カイ

脚トレなんてキツイがゆえ、なおさら一度やる気の糸が切れるともう戻りません。

この集中モード(ゾーンなどと言ったりしますが)に入るために、僕はいつも音楽を爆音で聞いて、何も考えず後は目標の回数まで動かすことだけを意識してたりします。

他には、

どうしても気分が乗らない時はプレワークアウトをガンガン使用するのもあり。


楽天でチェック!

その結果として、以下ツイートのようなスタイルも個人的にはおススメ↓

【まとめ】脚トレは考えるときつくなるので悟りを開こう

上記の内容が、脚トレがきつい時に意識したいポイントになります。

そんなわけで脚トレ自体が楽になることはありませんが、ちょっとした意識の違いで無駄に疲労せず、結果としてより効果的なトレーニングができるようにはなるかと。

となると、もちろん今までよりも体も変化してくるのでそうなると「きついけど頑張ろう」と思えますよね。

そんなわけで「無心」で「淡々と」脚トレするのが良いかと思います。

では、終わり😉

※参考:スクワットのフォーム改善にはゴブレットスクワット↓

ゴブレットスクワットで得られる2つの効果【体の使い方を学べる】
ゴブレットスクワット?ってどうやるん?効果的な筋トレ?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では、ゴブレットスクワットで意識したいポイントをサクッと解説。ゴブレットスクワットは重心の保ち方や適切な股関節の動かし方など多くが学べるのでかなり優れた種目です!

以上【経験談】脚トレがきつい時に意識したい3つのこと【無心になろう】でした。

コメント