スクワットがキングオブエクササイズと言われる3つの理由

筋トレスクワット

筋トレと言うと、スクワットスクワットと耳にするような気がするけど、スクワットってなんでそんなに効果的って言われるん?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

確かにスクワットは古くから「キングオブエクササイズ」と言われるほど、筋トレの定番種目とされていて、もちろんそこにはいくつかの理由があります。

そこで今回は、「筋トレするならスクワットを積極的に取り入れるべき理由」について解説。

以下の内容を理解しスクワットを行うことで、よりあなたの理想の体へと近づくことが可能に。

では、詳しくみていきましょう。

【参考】無料メルマガ配信中【今は特典あり】
【参考】無料メルマガ配信中【今は特典あり】
無料メルマガでは、筋トレ歴3.4年に満たない方が早めに知っておきたい「筋肥大の基礎」を、ブログ記事とはやや異なる視点からも配信しています。昨今はYouTube等で多くの筋トレ情報に簡単にアクセスできますが、ゆえに基礎への理解や実践がおろそかになり身体が変わらないことも。そこで必要となるのが当メルマガです。

スクワットの3つの筋トレ効果【キングオブエクササイズと言われる理由】

結論として、スクワットが筋トレ界において「キングオブエクササイズ」と言われる主な理由は以下のとおり。

・スクワットは多くの筋肉を動員する

・スクワットは消費カロリーが大きい

・スクワットが他の筋トレ動作に活かされる

では順に解説していきます。

スクワットは多くの筋肉を動員する

スクワットと言えば、すでにご存じのとおりバーベルやダンベルを担ぎしゃがんで立ち上がってを繰り返していく種目になります。

ですから脚の前側にある大腿四頭筋や裏側にあるハムストリングスやお尻といった筋肉がメインに働くことに。

ですがそれだけではありません。

バーベルなどを担ぐと体幹を安定させるために、腹筋や脊柱起立筋といった筋肉にまでその刺激がおよびます。

といったように1つの動作にも関わらず、かなり多くの筋肉を動員することになるのがスクワット。

カイ
カイ

それゆえ体全体を大きくしたい場合などに、ひとまずスクワットに取り組むことで基礎筋力をつける意味でも効果的とされるのです。

通常の筋トレ種目では、ベンチプレス等でも主に下半身か上半身のどちらかのみに強い負荷がかかります。

ですがスクワットの場合は、下半身はもちろん上半身の力をつけることにも貢献。

そういった意味で、やはりスクワットは「キングオブエクササイズ」と言うことができます。

スクワットは消費カロリーが大きい(腹筋を割るにも効果的?)

上記のように、1回の動作でかなり多くの筋肉を動員するのがスクワット。

ですから言い換えると、それだけ多くのエネルギーが必要になります。

もっと言うと、消費カロリーが他の筋トレ種目に比べて大きくなることが考えらえます。

通常、我々の体は以下ツイートのように、「摂取カロリーと消費カロリーのバランス」によってその形が変化↓

ですからスクワットを積極的に取り入れることで消費カロリーが増えると、今までより痩せやすく太りにくい体に近づくと言うこともできます。

(とは言え、食べ過ぎればもちろん太るので注意)

ですから仮に夏に向けてダイエットなどをするのであれば、腕なんかを鍛えるよりスクワットをガンガン行う方が、効率的とも言えます。

そんなわけで、「腹筋を割るには腹筋のトレーニングよりスクワット」なんて言われることも。

スクワットが他の筋トレ動作に活かされる

(※まずは以下の動画でスクワットの動きをイメージしておくのが吉↓)

カイ
カイ

個人的には、スクワットを適切なフォームで行うことが他種目を適切なフォームで行うことにつながる点が最も優れたポイントかと思います。

そもそも適切なスクワットをするにあたり、押さえておきたいポイントは以下のとおり。

①「バーの軌道」は常に土踏まずのライン上

バーの軌道を常に垂直かつ土踏まず上に保つことで、負荷が適切に下半身にかかることになります。

仮にバーの軌道が前後しているのであれば、それはつま先やかかとに重心が移動していることになり、負荷が脚全体にかかっていない可能性があります。

(負荷が膝周りやお尻周りのどちらかに集中していたり)

これでは効率的に挙上できず、扱える重量も下がり刺激の弱いスクワットになることも考えられます。

(黄色ラインがバーの軌道。このような状態でバーを担ぐとその重みで自然と脚の前後に均等に重心を取ることが可能に↓)

筋トレスクワット

②体を「足裏全体」で支える

しゃがんだり立ち上がったりする際に、つま先に体重が多くかかって前のめりになったり、逆にかかとにばかり体重がかかり反り上がるような感じで動作すると、これまた効率的な動作とは呼べません。

加えて、膝や腰に局所的に負荷がかかりケガにつながる恐れもあります。

ですから足裏全体で体を支えるよう意識。

③ヒップヒンジを意識

スクワットでしゃがむにつれ腰が丸まるパターンがよく見受けられます。

言い換えると、適切に股関節を動かすことができず、ヒップヒンジが機能していない状態。

ヒップヒンジとは蝶番を意味し、脊柱を真っすぐに保ったまま股関節を中心とした動きのことを言います。

(上半身と下半身を近づけたり遠ざけたり)

ですからヒップヒンジがうまく使えないと腰のケガにつながるだけでなく、脚全体の筋肉をうまく刺激することができません。

カイ
カイ

適切な基本のスクワットフォームを身につけようと思うと、上記のようなことがひとまず必要になります。

またそれらを自然と行えるようになるには、それはそれは練習が必要ですし時間もかかることに。

ですがスクワットで上記のような動作がうまくできてくると、他の筋トレ種目でも活用することが可能に。

例えば、背中の種目であるベントオーバーロウなどで、ヒップヒンジをうまく活用できハムストリングスで体重を支えることができるがゆえ、背中の筋肉をきちんと刺激できたり。

体幹を安定させる感覚を掴むことで、腕トレなど立った状態で行う種目でより安定して動作できたり。

といったように、スクワットを練習することで筋トレ自体がうまくなると考えられます。

※参考:通常のスクワットの練習としてゴブレットスクワットが効果的↓

ゴブレットスクワットが効果的と言える2つの理由【体の使い方を学べる】
ゴブレットスクワット?ってどうやるん?効果的な筋トレ?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では、ゴブレットスクワットで意識したいポイントをサクッと解説。ゴブレットスクワットは重心の保ち方や適切な股関節の動かし方など多くが学べるのでかなり優れた種目です!

【まとめ】キングオブエクササイズなスクワットで全身をデカクしよう

上記の内容が、「筋トレと言えばスクワット」とされる主な理由になります。

何も単に他の筋トレ種目に比べて高重量を扱いやすいから「キングオブエクササイズ」と言われているわけではありません。

カイ
カイ

他の筋トレ種目に対して、より多くのメリットがあるからキングなのです。

そんなわけで、本記事をきっかけにスクワットに積極的に取り組み、より効率良く効果的に筋トレを進めていってください。

どうせ筋トレするなら、成果につながりやすい方法を選択する方が良いかと。

また仮に膝に不安などがある場合は、以下ニースリーブなんかも使うと安心です↓


Amazonでチェック!

では、終わり😉

※参考:カーフの筋トレも忘れずに↓

カーフの筋トレで意識したい3つのコツ【2種類の動きが必要】
カーフの筋トレで効果的なやり方はどんなん?てかカーフてそもそも太くなるもん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではカーフの構造に適したトレーニング方法を解説。ひとまずこれらを知っておけばカーフも大きくすることができます。

以上「スクワットがキングオブエクササイズと言われる3つの理由」でした。