【最強】オーバーヘッドプレスのフォーム【怪我なく行うための2つのポイント】

オーバーヘッドプレス

肩トレでは「オーバーヘッドプレスが最強」ってデカい人が言うてたけど、あれって通常のショルダープレスとなにが違うんやろか?あと効果的なフォームも知りたい。。

なんてあなたは思ってませんか?

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、今まで様々な種目を行ってきました。

中でもここ数年は、以下ツイートにもあるようにオーバーヘッドプレスをやり込んでいたりします↓

そこで今回は、そんな肩を中心に多くの筋肉を動員する種目であるオーバーヘッドプレスの基本フォームについて解説。

以下で解説するポイントを押さえることで、より安全かつ効果的に肩を含め上半身を刺激することが可能になります。

すると自ずと筋肥大も進みますよね。

では詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク
【参考】効くフォームとは
下記noteでは「効くフォーム」を部位別に徹底解説してます。note限定の動画やイラストも用い、丁寧に「こうだからこうすると効く(解剖学等にも基づき)」といった内容をまとめてます。いわば筋トレフォームの教科書。わけもわからずYouTuberのマネをして筋肉はついてますか?そうでないならやはり筋トレフォームを見直すことが必要です。根拠ないトレーニングではやはりケガや停滞に至り、なかなか体が変わらずモチベも下がることに。ぜひ以下noteでパンパンにパンプするフォームを習得してください。

最強の肩トレ種目オーバーヘッドプレスとショルダープレスの違い

結論として、オーバーヘッドプレスが他の肩を狙った種目より優れていると言える点は「体の使い方の改善になるかどうか」です。

オーバーヘッドプレスはコンパウンド種目で、肩の筋肉だけでなく上腕三頭筋や体幹に加えて下半身の筋肉までも動員して行う形になります。

肩のコンパウンド種目では他にダンベルショルダープレスなどがありますが、こちらの種目では基本的にベンチに座り行うため、そこまで体幹や下半身の力を必要としません。
(⇒参考:【肩メロン】ダンベルショルダープレスの3つのコツ【今日から使えるテク】

ここがオーバーヘッドプレスとダンベルショルダープレスの大きな違い。

(もちろん可動域の違いもありますが。オーバーヘッドプレスはダンベルショルダープレスより肘の位置が低いので肩の前部に強いストレッチをかけることも可能)

言い換えると、オーバーヘッドプレスでより重たいウエイトを安全に扱おうと思うと、下半身も含めて体全体の連動性をうまく保つことが必要になります。
カイ
カイ

この体の使い方がオーバーヘッドプレスだけでなく、他の筋トレ種目でも生きてくるので、早めに動作に慣れ習得しておくと筋トレ自体が一層うまくなります。

ではそんなオーバーヘッドプレスの基本フォームを、以下の3つの局面に分けてみていきましょう。

・オーバーヘッドプレスの「スタートポジション」

・オーバーヘッドプレスの「挙げ始め」

・オーバーヘッドプレスの「フィニッシュ」

では順に解説していきます。

(※参考:先に以下の動画で動きをイメージしておくと、より理解が深まります↓)

スタートポジション

オーバーヘッドプレス

①バーの高さは鎖骨の下あたりにセット
(スクワットをする時の位置で良いかと)

②バーを肩幅より少し広い程度で握る
(手の位置の真下に肘が位置する)

③手首は寝すぎず倒し過ぎず
(初めはハノ字になるように握り、手首が安定する位置にバーを保持)

④足幅は腰幅から肩幅
(つま先はやや開き、お尻に力を入れ体幹を安定させる)

⑤脇は開きすぎず閉じ過ぎす
(手の位置の真下に肘が来るようにやや締める)

⑥バーを大胸筋上部に保持
(胸を張って肩は下げる)

図左のように肘を横に張り出し過ぎて脇が開き過ぎたり、前腕がバーに対して垂直でなかったら、うまくバーを挙上できないので注意。

(補足:上記のように、オーバーヘッドプレスではスタートポジションから三角筋にストレッチがかかった状態から始まるので、通常のダンベルショルダープレスより可動域が広く取れるのがその違いの1つにもなります)

挙げ始め

オーバーヘッドプレス

①バーを顔ギリギリ頭上に一気に押し上げる
(お尻を前にやや突き出してバーの軌道を確保する)

②肘を横(後方)に開きすぎない
(人によっては肩と上腕の骨がこすれケガにつながることも。他のプレス系との差別化もかねて)

フィニッシュポジション

オーバーヘッドプレス

①肘を伸ばしきる
(肩の筋肉を収縮しきる)

②肩を挙げきる
(シュラッグのイメージ)

③頭を前方に押し込む形
(これできちんとバーを押しきれる)

④押しきったらそのまま肘を下しスタートポジションに戻す
(これを繰り返す)

⑤肩に違和感があるのであれば、バーを胸まで下さず可動域をやや狭くするのもあり

といった流れがオーバーヘッドプレスの基本フォームになります。

まとめると以下ツイートのようなイメージに↓

では次に、オーバーヘッドプレスでよくあるケガのリスクが上がってしまう動作について解説。

オーバーヘッドプレスを効果的に行うための注意点

結論として、オーバーヘッドプレスをする際は以下のことに注意するのが良き。

・オーバーヘッドプレスで腰は反らない

・オーバーヘッドプレスは肩だけで動作しようとしない

順にサクッとみていきます。

腰は反らない

ベンチプレスなどでもそうですが、「胸を張る=お腹を突き出し腰を反る」ようなイメージを持ってる場合があるかもしれません。

もちろん胸椎(胸の中心にある骨)が硬いのが原因の場合もありますが、胸を張るとは基本的に「体幹部はそのままでみぞおちを上に突き上げる」のが適切です。

カイ
カイ

言い換えると、肩甲骨を下内側に寄せるイメージ。

この胸の張り方を意識しておかないと、胸を張ろうとすると必然的に腰も反らざるを得なくなり、腰に過度な負担がかかりケガにつながります。

以下、左図が胸椎を高く保ち骨盤も過度に傾いてないパターン。

これに比べて右図は、胸を張ろうとして骨盤が過度に前傾しいわゆる反り腰になってるパターン。

オーバーヘッドプレス

こういったケガにつながる姿勢にならないために、腹圧をきちんとかけ体幹部を固定しておくことも大事。

また、そもそも広背筋などが硬いとバンザイの際に腕を真上に挙げることができず、それを補う形で腰を反るパターンもあったり。

この際は、胸椎と同様にストレッチポールなどを使い筋肉の柔軟性を高めておくことが必要。

(腹圧がうまくかけれないと腰を反る原因にもなるので、その際はトレーニングベルトを活用し腹圧をかける感覚を養うことも有効↓)


Amazonでチェック!

肩だけで動作しようとしない

冒頭でもお伝えしたように、オーバーヘッドプレスは肩をメインに上腕三頭筋や僧帽筋、はたまた姿勢を保つための広背筋、体幹を固めるための腹筋や下半身など多くの筋肉を動員します。

ですから特に「肩に効かす」などは意識せず、前半で解説した基本フォームを自然に行っていくのが良いかと。

変に肩を意識すると、肩甲骨と上腕がうまく連動して動かず、肩の関節に負担がかかりケガにつながることもあります。

ですから、オーバーヘッドプレスは肩の種目として取り入れるのはもちろん良いのですが、あくまで肩に違和感を持たないように、全身の筋肉や骨の使い方を向上させるようなイメージで行うのが吉。

(以下ツイートにもあるように、コンパウンド種目では過度にピンポイントで狙おうとすることは意識しなくてもOK↓)

といったことを意識した上で繰り返し動作を練習し、上半身の筋力アップや筋肥大を狙っていけばOK。

【まとめ】オーバーヘッドプレスで重量を伸ばせば肩はデカクなる

上記の内容が、オーバーヘッドプレスに期待できる効果とその基本フォームになります。

最近はYouTubeなどを見てもサイドレイズなどアイソレート種目が主流とされていたり。
(⇒参考:【完全版】サイドレイズの7つのコツ【もう僧帽筋が辛くならない】

ですが、筋肥大には様々な刺激が必要です。

なので仮にサイドレイズなどで肩に成長を感じない場合は、オーバーヘッドプレスできちんと重量を伸ばしていくことを優先するのもありかと思います。

(以下ツイートのような理由からも↓)

では、終わり😉

以上【最強】オーバーヘッドプレスのフォーム【怪我なく行うための2つのポイント】でした。

メロン肩が欲しいなら
肩トレは僧帽筋ばかりキツクなって不完全燃焼。YouTubeで見る種目をやれどいまいちデカクなってる気がしない。そんなあなたに必要なのはやみくもに重量を伸ばすことではなく、確かな肩トレフォームです。本noteではそんなメロン肩を作るためのフォームを徹底解説してます。パンプしすぎて頭がかけなくなるので注意。
肩トレ
スポンサーリンク
↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
FITNESS-FREAK