筋トレ民にはソイプロテインよりホエイプロテイン【両者の3つの違い】

筋トレソイプロテイン

筋トレしてプロテイン飲んでるけど、ホエイプロテインじゃなくてソイプロテインでもOK?効果はある?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

僕自身も筋トレを始めた頃は、特にプロテインの種類なんて気にもせず色々と飲んでたものです笑。
ですが実際はもちろんプロテインによってその特徴は異なるので、効果的な体づくりをしていくのであれば、できる限り意識したいポイントでもあります。

 

✔そこで今回は、「ソイプロテインはプロテインとして効果的かどうか」をテーマに解説していきます。
以下の内容を理解することで、より効果的なプロテインを手に取ることができ、筋トレ効果を引き上げることにつながるでしょう。

 

では、詳しくみていきます。

 

スポンサーリンク

筋トレ民にはソイプロテインよりホエイプロテイン【両者の3つの違い】

結論として、特にこれといった理由がないのであれば、ソイプロテインよりホエイプロテインを飲むことをおススメします。

 

その理由としては以下のとおり。

✅ソイプロテインはアミノ酸の量が劣ることが

✅ソイプロテインは吸収効率が劣ることも

✅ソイプロテインは消化吸収に時間がかかる

では順に解説していきます。

 

ソイプロテインはアミノ酸の量が劣ることが

そもそもプロテインとは基本的に、いかなる種類のものであっても「タンパク質を補うため」のサプリメントになります。

 

筋肉を増やそうと思うと、体重1キロあたり2gほどのタンパク質が必要となり、それを食事だけで補うにはコストや手間がかかるためプロテインを活用するのが適切なプロテインの使い方になります。
(⇒参考:【悲報】プロテインを飲んでも筋肉はつかない!【本質を理解しよう】

 

✔そんなタンパク質ですが、食材によってそこに含まれるアミノ酸の量やバランスが異なります。

 

あなたも一度は耳にしたことがあるであろう言葉を用いると「アミノ酸スコア」の違いなどもそれにあたります。
プロテインは基本的に、必須アミノ酸が全てバランスよく含まれるのでアミノ酸スコアはMaxの100。

 

ですが牛の乳を原料に作るホエイプロテインは動物性のタンパク質なのに対して、大豆などを原料に作るソイプロテインは植物性のタンパク質となります。

 

大豆はアミノ酸100ですのでそちらを用いたソイプロテインであれば特に問題ないですが、基本的に植物性タンパク質は動物性タンパク質に比べて、含まれる一部のアミノ酸の量が少ないのが現実。

 

アミノ酸は必須のものが9種類きちんと揃って、はじめて体内で適切に働きます。
(⇒参考:筋肉にアミノ酸が欠かせないその理由とは【BCAA/EAAってなんやねん】

 

ですから仮に必須アミノ酸の量が1種類だけ極端に少ない植物性タンパク質であれば、体内できちんと働かないことも。
(筋肉の合成を最適化できない)

 

カイ
カイ

ですからソイプロテインはその原料によっては、ホエイプロテインに比べてタンパク質がきちんと機能しない可能性があったりすることが考えられます。

 

ソイプロテインは吸収効率が劣ることも

上記のように、動物性と植物性でアミノ酸の量が異なる特徴を持つのがタンパク質ですが、その「吸収率」にも違いがあります。
✔動物性のタンパク質は97%なのに対して、植物性のタンパク質は84%といったように。

 

加えて大豆タンパク質には、タンパク質を消化吸収の際により細かい単位であるアミノ酸に分解する過程を邪魔する物質が含まれていたりも。
(トリプシンインヒビターと言う)

 

ですから言い換えると、ソイプロテインはそこに含まれるタンパク質がホエイプロテインに比べて、適切に体内で働く可能性がやや低いことが考えられます。

効率的なタンパク質の補給には不向きと言いますか。

 

なので食事で不足する分のタンパク質を補うのがプロテインの最大の役目とすると、やはりソイプロテインよりもホエイプロテインの方が効果的と言えるでしょう。

 

※参考:それゆえ豆乳や豆腐が体づくりにはあまり効果的とは言えないことも(イソフラボンの作用についても触れてます)↓

筋トレ民に豆乳がおススメではない2つの理由【飲む目的はなんですか?】
筋トレしてるなら豆乳は飲んだ方が良い?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では豆乳が筋トレに効果的かどうかを解説。イメージだけで飲んでると意外と逆効果!?

 

ソイプロテインは消化吸収に時間がかかる

基本的にプロテインは「消化吸収の早さ」がそのメリットだったりします。

 

筋トレ前後や起床時など、筋肉が最も栄養を求めているタイミングで素早くその栄養を送るといったように。
そうして筋肉の分解を防ぎ合成を促すことに。
(⇒参考:筋トレ前後に意識したい3つのこと【影響の大きいところを押さえるべし】

 

とは言え、ソイプロテインに関しては消化吸収がホエイプロテインに比べてゆっくりなのがその特徴になります。

 

カイ
カイ

具体的には5時間ほどかけて消化吸収。これでは筋トレ前後などの栄養補給には不向きと言えるでしょう。

 

✔ですが、それゆえダイエット時など腹持ちを重視し食欲を抑えることにつながることも考えれますが。

 

※参考:個人的に最近はアルプロンのプロテインが好きだったりします↓

【レビュー】アルプロンのホエイプロテインは泡立ち以外は問題なし
アルプロンのホエイプロテインってどうなの?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではプロテイン歴10年の筆者がアルプロンのホエイプロテインを正直レビュー。特にネガティブな要素なないが1つ気になった所が!?

 

【まとめ】筋トレするならホエイプロテインで問題なし

上記の内容が、筋トレしてるあなたにソイプロテインをそこまでおススメしない理由になります。

 

✔巷では「ダイエットにはソイプロテイン!」「体重を増やすにはホエイプロテイン!」などと言われたりしますが、あくまでその本質を見失ってはいけません。

 

確かに腹持ちが良いソイプロテインですが、ダイエットの根底には「摂取カロリー<消費カロリー」があるので、ソイプロテインを飲もうが食べ過ぎれば太ります。
また仮にホエイプロテインを飲もうが「摂取カロリー>消費カロリー」でなかったり筋トレの強度が低ければ、筋肉はつきにくく体重も増えにくいですし。

 

ですからその表面的なイメージに影響されるのではなく、本記事で解説したように「なぜそう言われるのか」に焦点を当てて体づくりを進めていくことが、成果を出す秘訣になります。

 

そんなわけで、特に乳糖不耐症(牛乳など乳製品に含まれる糖でお腹がゴロゴロしたりする症状)とかでない限り、ホエイプロテインを活用すればOK!
(⇒参考:【安心】美味しいプロテイン6選【筋トレ歴10年の筆者がおススメ】

 

では、終わり😉

 

※参考:筋肥大に必須なサプリを全てほりこんだプロテインも便利↓

【最強】パーフェクトパンププロテインの良し悪し【筋トレ初心者に便利】
パーフェクトパンププロテインってどうなん?というあなたへの記事になります。本記事ではパーフェクトパンププロテインを正直レビュー。割高だが筋トレ初心者なら使う価値あり!?

 

以上筋トレ民にはソイプロテインよりホエイプロテイン【両者の3つの違い】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました