プロテインは紙パックと粉ではコスパが圧倒的に異なる【市販の9種を比較】

プロテイン紙パック粉

コンビニとかで売ってる紙パックに入ってるタイプのプロテインはどれ選んだら良いんやろ?けっこう種類あるけど、筋トレ効果とかに違いは出るんやろか?てか粉の溶かすやつと一緒?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※現在の体はTwitterでチェックできます😉)

筆者も出先ではわりと、コンビニなどで売られている紙パックのプロテインドリンクを飲むことはあります。

ちなみにパックタイプでその場ですぐに飲めるプロテインのことを、「ReadyToProtein」の頭文字を取り「RTP」とも言ったり。

そこで今回は、そんな数あるパックのプロテインドリンク(RTPタイプ)を一気に比較し、どれが体づくりにとってベストなのかを解説。

以下の内容を知っておけば、あなたにとってより適切なプロテインドリンクが選べます。それゆえ、もうドリンクコーナーの前で悩まずにも済みます。

スポンサーリンク
【参考】デカクなる食事法
下記noteでは「筋肥大に特化した食事法」を徹底解説してます。栄養学や僕の10年の経験に基づき、より効果的なバルクアップ手順をまとめてます。なのでそちらを読み実践していくだけで、食事面への心配は不要に。きちんと体脂肪ではなく筋肉が増えていきます。もうサプリ等に振り回されて効果を体感しない日々とはおさらば。

プロテインは紙パックと粉ではコスパが圧倒的に異なる

前提として、コンビニで売られている紙パックのプロテインであろうが粉のプロテインを自身でシェイクして飲もうが、プロテインを飲む最大の目的は「タンパク質の補給」になります。

ですからまずRTPタイプのものであろうがなんであろうが、プロテインドリンクを飲む際はまずは「タンパク質の含有量」に注目する必要があります。

仮に「プロテインドリンク!」と表示されていても、そこに含まれるタンパク質の量が微量(10g未満とか)であればあまり飲む意味がなかったり。(コストなどを気にせず何本も飲むなら話は別ですが)

中にはタンパク質が少なく、炭水化物や脂質が無駄に多く含まれているものもあります。そういったものだと「ヘルシーにタンパク質をメインに補える」といったプロテイン本来の趣旨とは異なるので注意。

カイ
カイ

そんなわけで、プロテインはあくまで「食事で不足するタンパク質を補うためのサプリメント」と認識しておいてください。

【悲報】プロテインを飲んでも筋肉はつかない!【本質を理解しよう】で解説してるように、筋肉がつく魔法のドリンクではありません。

紙パックであれ粉タイプであれ、含まれるタンパク質の量やPFCバランスが異なるがゆえコスパに差がうまれるだけで、一方が特別に筋トレ効果を高めるなんてこともありません。

そんなコスパですが、圧倒的に「マイプロテイン」などで粉を買い自身でシェイクする方がいいです。コンビニなどに置いてるプロテインドリンクはかなり割高。

といったことを踏まえて、本記事では以下パック(一部ペットボトル)で売られているプロテインについて一気に比較していきます。

  1. マルサンアイ「ヴィーガンプロテイン
  2. ザバス「ミルクプロテイン
  3. 森永「インプロテイン
  4. ケンタイ「プロテインシェイク
  5. ハレオ「ブルードラゴン
  6. フィットネスショップ「プロテインドリンク
  7. マルサンアイ「トリプルブレンドプロテイン
  8. フーレイ「ベターシェイク
  9. DNS「PRO-X

各プロテインの成分などは以下のとおり。

エネルギータンパク質炭水化物脂質値段
「ザバス」ミルクプロテイン102kcal15g10.6g0g117円
「森永」インプロテイン115kcal15.5g9.7g1.8g162円
「マルサンアイ」ビーガンプロテイン141kcal13.5g5.7g7.1g118円
「マルサンアイ」トリプルブレンドプロテイン152kcal21g6.1g4.8g214円
「フーレイ」ベターシェイク200kcal27g14g4g239円
「DNS」PRO-X175kcal30g15.3g0.4g304円
「ケンタイ」プロテインシェイク152kcal20g12.2g2.6g320円
「ハレオ」ブルードラゴン120kcal20g3.4g3g320円
「フィットネスショップ」プロテインドリンク200kcal40g10g0g428円

表からわかるように、タンパク質を補うためのプロテインということを考えるとフィットネスショップの「プロテインドリンク」が間違いないと言えば間違いないです。

カイ
カイ

なんたって1本あたり40gものタンパク質が含まれていますので。(味は特にマズくもなく普通ですが、なぜかややとろみがあります)

ですがフィットネスショップは都市部にしか店舗を構えていないので、やや出先で入手するのは難しかったりも。

なのでどこでも手に入るという点で考えると、やはり「ザバスのミルクプロテイン」が無難ではありますかね。低カロリー&低価格ですし。


⇒ザバスミルクプロテイン

仮に15gのタンパク質では足りないなら、コスパも優れているため2本3本と飲めば良いだけですし。

もちろん近くにゼビオやスポーツデポなどのスポーツ量販店がある場合は、そちらに「DNS」や「ケンタイ」のプロテインドリンクが置いてあることもありますが。

そんなわけで、紙パックタイプのプロテインを飲むときは、そもそもあなたが普段の食事でどれくらいのタンパク質をとれていて必要量に対して「どれくらい不足しているか」を知っておくことが1つ重要になります。

仮に普段から肉や魚で必要量のタンパク質を補えているのであれば、わざわざプロテインを飲まなくても筋肉はきちんと発達します。

そんなパックタイプのプロテインですが、ほとんどが「乳タンパク質」が原料となってます。いわゆる一般的なホエイプロテインを取り出す前段階のイメージ。

カイ
カイ

ですから、ホエイプロテインに比べ消化吸収にやや時間がかかるのがその特徴になります。

なので仮に筋トレ前後など体に素早くタンパク質を送りたいときは、あらかじめ「マイプロテイン」などで粉のホエイプロテインを購入し自身でシェイクしたものの方が効果的と考えられます。

(⇒マイプロテインってどうなの?なぜ人気なの?【結論、味による】

またそんな粉を持ち歩く場合は以下ファネルもあれば、コンビニで水さえ買えばいつでもどこでもコスパ良しなホエイプロテインを補給可↓


⇒プロテインファネル

まとめ:コンビニで紙パックのプロテインを選ぶならザバスでOK

上記の内容が、外出時などにパックタイプのプロテインを選ぶ際に意識したいこと&その主な選択肢になります。筋トレ初心者の頃は確かにプロテインの量や種類などに神経質になりがち。

ですがそれよりも「なぜプロテインが必要なのか?」に焦点を当てることが筋肥大を加速させるのは間違いありません。
カイ
カイ

そういったことを考えると、自然とあなたにとって適切な食事や摂取カロリーを考えることになり、結果として筋肉をつけるにも体脂肪を落とすにも効果的なアプローチ方法が見えてきます。

そんなわけで、コンビニでプロテインを飲む必要があるのであればひとまずザバスのミルクプロテインを手にとっておけば問題ありません。

ですがあくまでコンビニの中の話で、何度も言うようにパックよりマイプロテインで粉で3キロとか買う方が圧倒的にコスパは優れてます。

※参考:複数の筋トレサプリが1つになった最強プロテインについて↓

【最強】パーフェクトパンププロテインの成分や効果を徹底レビュー
「これだけ飲んどけば筋肥大的にはOK」みたいな成分のプロテインがあればええのにななんて思ってませんか?そんなあなたに必要なのが「パーフェクトパンププロテイン」。

以上プロテインは紙パックと粉ではコスパが圧倒的に異なる【市販の9種を比較】でした。