【4万】筋トレ用の食事はお金がかかる?【結論:意外と安い】

筋トレ食事お金かかる

筋トレするには食事面でけっこうお金かかると思うけど、実際のところどうなん?あんまり食費をかけずに筋肉をつけたいんやが。。

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、何年もいわゆる筋肉のための食事をしてます。

確かに筆者も筋トレをはじめたころは、ボディビルダーやマッチョな人は日に何度も食事をしてたりプロテインはじめ筋トレサプリをたくさん飲んでるイメージから、食事面にお金がかかってる印象がありました。

今回は、そんな筆者が実際のところ「筋トレを始めると食費がかさむのかどうか」について解説。筋トレ民の食費は実は思ってるより安い!?

スポンサーリンク
【参考】デカクなる食事法
下記noteでは「筋肥大に特化した食事法」を徹底解説してます。栄養学や僕の10年の経験に基づき、より効果的なバルクアップ手順をまとめてます。なのでそちらを読み実践していくだけで、食事面への心配は不要に。きちんと体脂肪ではなく筋肉が増えていきます。もうサプリ等に振り回されて効果を体感しない日々とはおさらば。

【月4万】筋トレしてると食事にお金がかかる?

結論として、筋肉をつけるための食事は月3.5万円ほどあれば可能です。(もちろんこれで「お金がかかる」と思われたらそれまでの話ですが)

とはいえ、筋トレをせず毎週の飲み会などにも参加していれば、月に3万円では足りないのが現実ではないでしょうか?

カイ
カイ

そういった意味で、「筋トレを始めたからお金がかかる」なんてことはないかと。

そういった方は、そもそも筋トレしてなくてもそれなりに食事にお金を費やしてるように思います。

むしろ筋肉のための食事を自炊すれば、食費は以前よりも抑えられる場合もあります。

ではなぜ筋肉をつけるための食費は1ヶ月あたり約3.5万円になるのか?

以下は筆者が(1年を通して)実際に1ヶ月間で食べているものになります。(増量でも減量でもない現在の体を維持するためのメンテナンスカロリーといった量)

  • 白米13.5キロ⇒4725円
  • 鶏肉6キロ⇒3600円(100g60円)
  • サバ缶60個⇒15000円(1個250円)
  • 卵30パック⇒6000円(1パック200円)
  • ホエイプロテイン30回⇒3000円ほど

これで合計32325円。もちろんその他にも調味料などを購入しますが、それでも4万円もあれば問題なく過ごせます。1日あたりだと以下のとおり。

  • 白米900gほど⇒約1600kcal
  • 鶏肉200g⇒260kcal
  • サバ缶2個⇒380kcal
  • 卵10個(黄身は3個)⇒350kcal
  • プロテイン30g⇒150kcal

合計2740kcal。(約1000円

そもそも筋肉をつけるためには「摂取カロリー>消費カロリー」の状態を作る必要があります。ですがたいていの場合、上記の摂取カロリーや栄養バランス以下の数値になるかと思います。

というのも、タンパク質や炭水化物の量に関しては、筋肉の量や普段の生活でも変わってくるので上記の数値を大幅に超えることはおそらくないはずです。となると、さらに食費は抑えられます。

そんなわけで、仮にボディビルダーであっても筋トレをして筋肉をつけるための食事をすること自体そこまで費用はかさみません。

とはいえ、なんでか筋トレを通して食費がかさんでる気がすることもあったり。そこで次に、体づくりのための食費を抑えるために意識することを解説。

筋肥大のための食費を抑えるコツ【増量も減量も自炊】

結論として、筋肉のための食事の費用を抑えるポイントは以下のとおり。

  • 基本的に筋肉飯を自炊する
  • タンパク質の種類を工夫してお金を節約
  • コンビニでの購入は控える

では順に解説していきます。

基本的に筋肉飯を自炊する

カイ
カイ

食費を抑えるには、何と言っても自炊。

当たり前ですが、店に入りチキンステーキを注文すれば自分で家で焼くより高くつきます。確かに外食する方が楽ではありますが、それに伴ってお金はかかります。

それに外食すると自身が必要な量のタンパク質が補えないことも。その結果、他のメニューを追加することになったり。(さらに言うと調理の際に多くの油が使われ、摂取カロリーが過多になることも)

これでは食費がかかって仕方ありません。また逆に「費用がかさむ」からとタンパク質などが少ないメニューを選択すれば、今度は筋肉の成長にとってマイナスに。バルクアップがうまくいきません。

そんなわけで、自身に必要な量の食事を最も安くとれるのが自炊。筋肉飯を自炊する際のポイントも参考に筋肉をつけたいなら自炊するのが吉。

タンパク質の種類を工夫してお金を節約

体づくりを進めていくには炭水化物、タンパク質、脂質とバランスよく摂取する必要があります。

炭水化物は安価で大量に手に入りますが、タンパク質はそうでもなかったり。毎日のように牛肉を食べているともちろん食費がかさみます。

なのでなぜマッチョはブロッコリーと胸肉ばかり食べるの?で解説してるように、マッチョは鶏の胸肉を食べるのが基本に。とまあそんな時にプロテインをうまく活用するのがプロテインの適切な使い方でもあります。

タンパク質は補わないといけないけど、費用がかさむ際に便利なサプリメント。実際30gほどのタンパク質をとるのにマイプロテインなら数十円ほどです。

サラダチキンから30gのタンパク質を補うには300円ほどはかかるので、プロテインを活用すれば食費はかなり抑えられます。

そんなわけで食事とプロテインをうまく組み合わせてタンパク質を補うのが吉。

(以下ツイートにもあるように、最も安いバルクアップ飯は「プロテイン+白米」かと笑↓)

コンビニでの筋トレ飯の購入は控える

最近は、コンビニでも筋トレ勢が喜ぶ食品は数多く扱ってます。

とはいえ、サラダチキンにしてもオニギリ1つ買うにしても定価かつ自炊よりはかなり割高に。ですから、オニギリだけは家で米を炊いて持参するなどして節約するのもあり。

カイ
カイ

また、ジムの前にモンスターなどのエナジードリンクを購入してませんか?

こちらに関しても頻繁に飲むのであれば、マイプロで以下のようなプレワークアウトサプリを購入して水に溶かす方が成分も充実しているしコスパも優れています。


⇒プレワークアウトサプリ

まとめ:筋肉のための食事は外食を控えると食費は抑えられる

上記の内容が、筋トレする際の食費がかかるかどうかについての目安になります。そんなわけで基本的には筋トレが原因で食費がかさむというのは、単に体づくりと関係ないものを手にしているからかと。

それに筋肥大に適した食事をした上で嗜好品を食べるようにすれば、その量は減り今までよりも食費を抑えることも可能になります。

ですから、筋肥大のための食費が気になるなら、ひとまず上記のような食事を意識することから始めてみるのが吉。

以上【4万】筋トレ用の食事はお金がかかる?【結論:意外と安い】でした。