【月4万】筋トレしてると食事にお金がかかる?【結論:意外と安い】

筋トレ食事お金かかる

筋トレするには食事面でけっこうお金かかると思うけど、実際のところどうなん?あんまり食費をかけずに筋肉をつけたいんやが…。

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、何年もいわゆる筋肉のための食事をしてます。

確かに僕も筋トレをはじめたころは、

ボディビルダーやマッチョな人は日に何度も食事をしてたりプロテインはじめ筋トレサプリをたくさん飲んでるイメージから、食事面にお金がかかってる印象があったりしました。

そこで今回は、

実際のところ「筋トレを始めると食費がかさむのかどうか」について解説。

実は、思ってるより安い!?

では詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

【月4万】筋トレしてると食事にお金がかかる?

結論として、筋肉をつけるための食事は月3.5万円ほどあれば可能です。

(もちろんこれで「お金がかかる」と思われたらそれまでの話ですが)

とは言え、

筋トレをせず毎週の飲み会などにも参加していれば、月に3万円では足りないのが現実ではないでしょうか?

カイ
カイ

そういった意味で、「筋トレを始めたからお金がかかる」なんてことはないかと。

そういった方は、そもそも筋トレしてなくてもそれなりに食事にお金を費やしてるように思います。

むしろ筋肉のための食事を自炊すれば、食費は以前よりも抑えられる場合もあります。

ではなぜ筋肉をつけるための食費は1ヶ月あたり約3.5万円になるのか?

以下は僕が(1年を通して)実際に1ヶ月間で食べているものになります。

(増量でも減量でもない現在の体を維持するためのメンテナンスカロリーといった量⇒メンテナンスカロリーの求め方と活用法【体づくりにおける重要な基準】

・白米13.5キロ
⇒4725円

・鶏肉6キロ
⇒3600円(100g60円)

・サバ缶60個
⇒15000円(1個250円)

・卵30パック
⇒6000円(1パック200円)

・プロテイン30回
⇒3000円ほど

(参考:【決定】筋トレ民にマストな業務スーパーで買っておきたい筋肉食材12選

これで合計32325円。

もちろんその他にも調味料などを購入しますが、それでも4万円もあれば問題なく過ごせます。

1日あたりだと以下のとおり。

・白米900gほど(炊き立て)
⇒約1600kcal

・鶏肉200g
⇒260kcal

・サバ缶2個
⇒380kcal

・卵10個(黄身は3個)
⇒350kcal

・プロテイン30g
⇒150kcal

合計2740kcal。(約1000円

筋肉をつけるためには、

「摂取カロリー>消費カロリー」の状態を作る必要がありますが、たいていの方は上記の摂取カロリーや栄養バランス以下の数値になるかと思います。

というのも、タンパク質や炭水化物の量に関しては、筋肉の量や普段の生活でも変わってくるので上記の数値を大幅に超えることはおそらくないはずです。

となると、さらに食費は抑えられます。

※参考:具体的な摂取カロリーの設定法は以下の記事をどうぞ。

【太らない】リーンバルクの3つの良し悪し【筋肥大に過度な食事はNG】
筋トレしてたら「リーンバルク」とか「クリーンな食事」とか耳にするけど、あれってどういう意味?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではリーンバルクの良し悪しを解説。筋トレ初心者であればそこまでリーンにする必要なし!?
そんなわけで、仮にボディビルダーであっても筋トレをして筋肉をつけるための食事をすること自体そこまで費用はかさみません。

とは言え、なんでか筋トレを通して食費がかさんでる気がすることもあったり。

そこで次に、体づくりのための食費を抑えるために意識することを解説。

筋肥大のための食費を抑えるコツ【バルクアップも減量も自炊に限る】

結論として、筋肉のための食事の費用を抑えるポイントは以下のとおり。

✅基本的に筋肉飯を自炊する

✅タンパク質の種類を工夫してお金を節約

✅コンビニでの購入は控える

では順に解説していきます。

基本的に筋肉飯を自炊する

カイ
カイ

食費を抑えるには、何と言っても自炊。

当たり前ですが、店に入りチキンステーキを注文すれば自分で家で焼くより高くつきます。

確かに外食する方が楽ではありますが、それに伴ってお金はかかります。

それに外食すると自身が必要な量のタンパク質が補えないことも。

その結果、他のメニューを追加することになったり。
(⇒参考:【基礎】筋トレするならタンパク質が多く必要なわけ【筋肥大に直結】

(さらに言うと調理の際に多くの油が使われ、摂取カロリーが過多になることも)

これでは食費がかかって仕方ありません。

また逆に「費用がかさむ」からとタンパク質などが少ないメニューを選択すれば、今度は筋肉の成長にとってマイナスに。

バルクアップがうまくいきません。

そんなわけで、自身に必要な量の食事を最も安くとれるのが自炊。

やはり筋肉をつけたいなら自炊するのが吉。
(⇒参考:筋トレするなら自炊した方が良い2つの理由【口にしたものが身になる】

※参考:筋肉飯の自炊の仕方は、以下の記事で解説してます。

【基本】筋肉弁当を作る際に意識したい3つのこと【質/量/組み合わせ】
筋トレはじめたから筋肉のためにこれからは弁当を持参しようと思うけど、どんな感じで作ればいいん?という疑問をも持つあなたへの記事になります。本記事では筋肉弁当を作る際に意識することを解説。記事内で解説してるポイントを押さえると確実に筋肉はつきます!

タンパク質の種類を工夫してお金を節約

体づくりを進めていくには炭水化物、タンパク質、脂質とバランスよく摂取する必要があります。

炭水化物は安価で大量に手に入りますが、タンパク質はそうでもなかったり。

毎日のように牛肉などを食べているともちろん食費がかさみます。

ですから、基本的には鶏の胸肉が最も安い肉類になりますね。
(⇒参考:筋トレしてる人が鶏胸肉ばかり食べる2つの理由【低カロリーだけじゃない】

とまあそんな時に、うまくプロテインを活用するのがプロテインの適切な使い方。

タンパク質は補わないといけないけど、費用がかさむ際に便利なサプリメント。

30gほどのタンパク質をとるのにブランドによっては100円もしないことも。

そんなわけで、食事とプロテインをうまく組み合わせてタンパク質を補うことで食費は抑えられます。

(余談ですが、最も安いバルクアップ飯は「プロテイン+白米」かと)

※参考:うまいプロテインは以下でまとめてます↓

【安心】全くまずくないプロテイン7選【筋トレ歴10年の筆者がおススメ】
筋トレにも慣れてきたしそろそろプロテインも試してみようかな。 でもプロテインってなんかまずいイメージあるし、飲むのが苦になるのは嫌やなあ。とは言え筋肉は少しでもつけたい...。なんかまずくないむしろうまいプロテインとかあるんかな?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではボディビルダーな筆者が決してまずくないむしろうまいプロテインについてまとめてます。

コンビニでの筋トレ飯の購入は控える

最近は、コンビニでも筋トレ勢が喜ぶ食品は数多く扱ってます。

とは言え、サラダチキンにしてもオニギリ1つ買うにしても定価かつ自炊よりはかなり割高に。

ですから、オニギリだけは家で米を炊いて持参するなどして節約するのもありかと。

カイ
カイ

また、ジムの前にモンスターなどのエナジードリンクを購入してませんか?

こちらに関しても頻繁に飲むのであれば、

プレワークアウトサプリを購入して水に溶かす方が成分も充実してるしコスパも優れています。
(⇒参考:【爆発的】プレワークアウトとは【筋トレ前に4つの成分を補給する目的】

加えて以下ベースブレッドを持参すれば、栄養面とコスパの両方を重視することもできたり↓

ベースブレッドで筋トレ飯をより快適に【完全栄養の主食で自炊いらず】
筋肉つけたいけど、ダイエットしたいけど自炊はめんどい...というあなたへの記事になります。本記事では完全栄養の主食であるベースブレッドについてレビュー。未だかつてこんなにも栄養素をぶち込んでかつ風味も良いパンはあったでしょうか?

【まとめ】外食をしなければ筋トレすれど食費はそこまでかからない

上記の内容が、筋トレする際の食費がかかるかどうかについての目安になります。

そんなわけで基本的には筋トレが原因で食費がかさむというのは、単に体づくりと関係ないものを手にしているからかと。

それに筋肥大に適した食事をした上で嗜好品を食べるようにすれば、その量は減り今までよりも食費を抑えることも可能になります。

ですから、筋肥大のための食費が気になるなら、ひとまず上記のような食事を意識することから始めてみるのが吉。

※参考:筋肉のための食事法は以下の記事をどうぞ。

【保存版】筋トレは食事に効果を大きく左右される【重要度別5ステップ】
「筋トレ効果を高めるには食事が大事」って聞くけど、実際どういう感じの食事が良い?やっぱりプロテインとか飲んでささみとか食べるべき?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレにおける食事の優先順位を解説。まずはここだけ押さえとけば問題なし!

では、終わり😉

以上【月4万】筋トレしてると食事にお金がかかる?【結論:意外と安い】でした。

コメント