筋トレの食事がめんどくさい【冷凍弁当のおすすめ3選をプロが厳選】

筋トレ弁当冷凍

もうめんどくさい。無理。1回1回カロリーを意識して分量を計って自炊するのは。いくら筋肉のためと言えど。(というかそもそもめんどくさくて食事管理はサボってたりもするし)

かと言ってスーパーとかコンビニの弁当は仮にヘルシーと言えタンパク質が少なかったりして、決して筋トレ民にとってはベストとは思えへんのが正直なところ。なんてあなたは思ってませんか?

カイ
カイ

こんにちはカイです!筋トレ歴は11年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。

そんなわけで、長きに渡りいわゆる「筋肉のための食事」を自炊しています。ですがもちろん時にめんどうですし、同じような食事をしているとストレスに感じることも。

筆者が筋トレを始めたころは、それでも仕方なく継続するしかありませんでした。コンビニにサラダチキンすらなかったですし。

ですが今の時代はなんでもあります。そう、我々トレーニーにとってベストな栄養バランスの宅配冷凍弁当サービスの登場。

そこで今回は、そんなトレ―ニー用とも言える宅配冷凍弁当サービスを普段から活用してる筆者が、「筋トレ民におすすめの宅配冷凍弁当」について解説。

本記事でシェアする冷凍弁当サービスを活用すると、食事管理のストレスやめんどくささは一切なく適切に栄養が補えます。

言い換えると、楽に着実に筋肥大や除脂肪を進めていくことが可能に。

筋トレ特化な宅配冷凍弁当を食べてるだけで、デカくてバキバキに近づいていくなら、こんな楽しいことはありませんよね?

「筋トレは食事が8割」なんて言われますが、食事管理がうまくいってないとやはり筋肉の成長もダイエットもドッと遅れるので要注意です。

※参考:無料メルマガ「今さら誰も教えてくれない筋トレの基本」で配信中の内容さえ押さえておけば着実に体は変わります。いつでも登録解除できるので気軽にご活用ください。(1通目はすぐに届きますが迷惑メールフォルダに分類されるかもなので確認推奨)

筋トレ冷凍弁当のおすすめ3選【食事がめんどくさいあなた必見】

結論として、いくつかの要素を総合的に考慮した結果、食事管理がめんどくさい筋トレ民におすすめの宅配冷凍弁当は以下3つ。

(個人的には以下ツイートにもあるように、中でもダイエティシャンがお気に入りです↓)

では上記の筋トレ冷凍弁当がおすすめな理由を、以下4つの評価基準から解説していきます。

  • 高タンパク質か
  • 炭水化物は適量か
  • 味はおいしいのか
  • 値段は適正か

高タンパク質かどうか

冷凍弁当ブランドは世の中にいくつもあります。

カイ
カイ

ですが我々トレ―ニーが求めているのは、もちろん栄養バランスが優れたモノですよね?

中でも一般の方と大きく異なる点は「タンパク質の量」。タンパク質は筋肉を合成する際の材料となるため、体重1キロあたり約2gの摂取は欠かせません。

ですから冷凍弁当を検討する際にまず意識したいのが高タンパクかどうか。具体的に以下の宅配弁当ブランドは明らかに高タンパクなメニューを揃えています↓

仮に体重が70キロなら日に約140gのタンパク質が必要。1日3食なら1食あたり約46gとることに。

その際に上記以外のナッシュのようなブランドだと、1食あたり20gとかそれ以下の含有量のメニューが基本になるのでやはりおすすめできません。(他サイトではおすすめされていることもありますが不適切です)

炭水化物を過度にカットしてないか

次に意識したいポイントは「炭水化物の量」。

昨今は糖質制限ダイエットブームなどもあり、「炭水化物=太る」と認識されがち。確かに炭水化物であれタンパク質であれなんであれ、一定の範囲を超えてとると体脂肪として蓄積されるのは確かです。

カイ
カイ

ですが必要量はきちんと補わないと、筋肉をつけるにもダイエットするにも逆効果なのもまた事実。

ですがヘルシーを売りにする宅配の冷凍弁当ブランドは、一般向けなのもあり低糖質を売りにしている場合が多いです。とはいえ、日常的に筋トレする我々にとって炭水化物はタンパク質と同様に重要な栄養素の1つ。

炭水化物をとることでインスリンの分泌を促し、栄養素を筋肉はじめ体内できちんと処理し筋肉の合成を活発にする意味でも。

なので低糖質が売りのナッシュはこれまた、以下おすすめの冷凍弁当に含めることはできません。

(記載の数字は糖質の量)

やはりタンパク質と炭水化物がセットとなってる冷凍弁当を選ぶのが吉。

味はしっかりしているか

栄養面を吟味したら次に考えたいのがその味。(もちろんこればっかりは一度は食べてみないとわからない面もありますが)

単にヘルシー宅配弁当で選ぶと、その勝手なイメージから低塩分で薄味なんて場合も。

もちろん塩分も過剰摂取は様々な疾患に関係してきますが、日常的に汗を流す筋トレ民はわざわざ意識して塩分を控える必要は基本的にありません。

それにせっかく食事管理が楽になるのに、味が微妙で継続しにくかったら本末転倒。そんな味に関して個人的には、以下2社は特においしいと感じますね。

  • ダイエティシャン
    ⇒一流レストランでも使われてるマシンで調理するゆえ、冷凍と言え風味豊かな味わいに
  • 筋肉食堂デリ
    ⇒26万人が利用する筋肉食堂のデリバリースタイルなのもあり間違いない味付け

通常の弁当のクオリティと比べても、全く引けを取らないと言いますか。

むしろ高品質な調理器具を使ってたり、プロの料理人が製造してるのもあり、ヘルシー系の中でではなく市販の弁当よりうまいと感じることも多々ありますね。

そんなわけで、筆者も食事を自炊するのがめんどくさいときは好んで食べてます↓

以下ツイートからもやはり両ブランドのおいしさは間違いなし↓

できる限り低価格か

最後に値段。やはり食事管理は長期的に必要ゆえ、できる限り低価格の冷凍弁当を選ぶ方がいいでしょう。(もちろん食事にかけれるコストは人それぞれですが)

そんなヘルシー系の冷凍弁当の値段ですが、以下からもわかるように平均すると1食800円ほどはします。

(ナッシュの方が低価格ですが、栄養バランスが優れてないので安いと言えやはりおすすめはできません)

とはいえ、いずれのブランドも注文数やプランによって1食あたりの値段は下がるので、公式サイトを要チェック。

そんなわけで個人的には、1日3食なら全てを冷凍弁当に頼るというより、忙しくて自炊がめんどうなときや、ついスイーツなど余分なものの誘惑に負けそうな時などに活用すると良いと思います。

冷凍庫に栄養バッチリな弁当があると、「あれでも食べれば良いか」と暴飲暴食を防ぐこともできると言いますか。

おすすめの筋トレ冷凍弁当でめんどくささとはおさらば:まとめ

上記の内容が、筋トレ民におすすめの冷凍弁当とそう言える理由になります。

体づくりをしていると「ストイック=正解」と思いがちですが、そんなことはありません。仮に1年中チキンとブロッコリーばかり食べていても、体が変わらなければ意味がありません。

カイ
カイ

今、本記事を読んでいるあなたは、少なからず筋肉をつけ体脂肪を落とし体型を変えることが筋トレや食事管理をがんばる主な目的のはず。

なので別にストイックでなくとも、宅配冷凍弁当サービスも活用しつつ少しでも食事管理をボディメイク仕様にしていく方が正解だと理解できますよね?

そんなわけで、さっそく以下おすすめの冷凍弁当のいずれかをサクッと試し、できる限り楽をしつつ効率的に理想の体型を獲得していくのが吉↓

  1. ダイエティシャン
    ⇒800万食も売れてる&プロのフィジーク選手も活用してる安心のブランド
  2. 筋肉食堂デリ
    ⇒6店舗も展開中な筋肉食堂が手掛けるため、栄養バランスはもちろん味も大満足
  3. マッスルデリ
    ⇒老舗ボディメイク弁当ブランドだが、やや値段が高いのがネック

筋トレ冷凍弁当のよくある質問

・温め方は?

基本的に冷凍のまま角を少しめくり、600Wで5分ほどチンすればOKです。(個人的には、解凍してからチンするパターンの方がおいしいと感じるときもあったり)

・継続の縛りは?

「ダイエティシャン」と「筋肉食堂デリ」に関しては、継続の縛りがなく1回のみの注文ができます。ですが「マッスルデリ」は複数回の継続が規定。その点やはり前者ブランドの方がおすすめですね。

・冷凍弁当だけ食べてたら体は変わる?

すでに解説したように、筋トレ用の冷凍弁当はもちろんカロリー栄養バランスともに最適。なのでラーメンとチャーハンといった、タンパク質が不足したり高カロリーな食事に比べ、圧倒的に筋肥大やダイエットに貢献してくれます。

以上筋トレの食事がめんどくさい【冷凍弁当のおすすめ3選をプロが厳選】でした。

この記事を書いた人
カイ

筋トレ歴10年で、ボディビルやフィジークのコンテストでの優勝経験あり。ゆえに正しい筋トレ方法やダイエット方法を熟知。当サイトではそんな筆者が、適切な筋トレ方法やダイエット方法を解説してます。専門性を持ってすべての記事を執筆しています。(Twitterも覗いてみてください)

↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
【下部ボタンからシェア大歓迎】

当サイトは「リンクフリー」です。当サイトURLや記事URLをシェアする際の許可は必要ありません。今後よりおもしろい記事を執筆する参考にもなりますので、記事を読んだ感想をTwitterはじめSNSでシェアしてくださると嬉しいです!

食事
↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
FITNESS-FREAK