筋トレ民がよく餅を食べる3つの理由【白米より優れている点とは】

筋トレ餅

筋トレ界隈で餅を食べてる人がわりと多いけど、餅って筋肉に良いん?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

僕自身も一般の方に比べれば餅を食べることが多いですかね。

そこで今回は、「なぜ筋トレ勢が餅を食べるのか」について解説。

以下で解説する餅のメリットをうまく活用して、より筋肥大を促していきましょう。

では詳しくみていきます。

スポンサーリンク

筋トレ民がよく餅を食べる3つの理由【白米より優れている点とは】

結論として、餅が筋トレ(体づくり)と相性が良いとされる要因は以下のとおり。

✅消化吸収が早い

✅カロリー密度が高い

✅手軽にエネルギーを補える

では順に解説していきます。

餅は消化吸収が早い

普段、耳にする「炭水化物」というのは、以下の糖が食品によって異なるバランスで含まれたものをさします。

・グルコース
(ブドウ糖、でんぷん)

・フルクトース
(果糖)

・スクロース
(砂糖の主成分、グルコース+フルクトース)

・食物繊維

(⇒参考:筋トレ民におススメな糖質の補い方【太らず効率的にエネルギーを補給】

また、我々が普段から口にするパンや米やじゃがいもなどには、でんぷんが多く含まれています。

そんなでんぷんですが、「アミロース」と「アミロペクチン」という2種類の成分に分けることが可能。

どちらもブドウ糖の塊ですが、アミロースは小さい塊でアミロペクチンは大きい塊とイメージしておけばOKです。

そしてアミロースとアミロペクチンの配合が食品によって異なります。

白米はアミロースが約2割で、アミロペクチンが約8割。これに対して、餅はアミロペクチンが10割。

(これがあの粘りの原因でもあります)

そんなアミロペクチンはアミロースに比べて消化吸収が早いのが特徴。

カイ
カイ

ですから、餅は白米などの炭水化物に比べてより短時間でエネルギーを生み出すことが可能です。

これが筋トレ勢が餅を食べる要因だったりします。

筋トレ前後の体が最もエネルギーを求めてるタイミングで、速やかに消化吸収の早い炭水化物を摂取することが、筋トレのパフォーマンスアップや筋肉の回復に欠かせないので。

(⇒参考:筋トレ前後に意識したい3つのこと【影響の大きいところを押さえるべし】

餅はカロリー密度が高い

餅は100gあたり235kcalで炭水化物が50g含まれるのに対して、白米(炊き立て)は100gあたり168kcalで炭水化物は37gとなってます。

ですから同じ量を食べたとして、餅の方が白米に比べてより多くの炭水化物をとることができます。

なので食が細くてどうしても少量で満腹になる場合は、

白米ではなく餅にすると満腹感は変わらずで、より多くの炭水化物を摂取でき、筋肥大(バルクアップや増量)のきっかけになることも。
(⇒参考:ガリガリからマッチョになるために必要な5つのこと【食事が最優先】

とは言え、逆にダイエット中であれば白米の方が適してはいますね。

カロリー密度の低いものの方が量を食べれて満足感もありますし。
(⇒参考:ダイエットに良い食べ物のたった1つの特徴【結論:カロリー密度に注目】

(以下ツイートにもあるように↓)

餅で手軽にエネルギーを補える

カイ
カイ

サトウの切り餅だと1個あたりちょうど50gで炭水化物が約25g補えるので、カロリー計算が手軽にできるのが嬉しいところ。(1個あたり118kcal)


Amazonでチェック!

筋トレ前後に、白米をわざわざ計って炊いたりよそったりするのは面倒ですし。

餅だと水を入れてチンすれば1分ほどで食べれる状態になるので楽です。

これに関してはバナナもそうで、1本あたり約20gの炭水化物のみが補えます。
(⇒参考:【便利】筋トレ前はバナナで決まり!【筋肉に嬉しい3つの効果】

とは言え、

餅はバナナと違い高GI食品なので、血糖値をあげやすくその際にインスリンの分泌も活発になります。
(⇒参考:GI値とは血糖値の上がり具合を数値化したもの【とは言えGL値にも注目!?】

ですから筋トレ後のインスリンの感受性が高く、体脂肪の合成よりも筋肉の合成に働きかけやすいタイミングにも使える食品。

なので筋トレ後のプロテインと共に、餅を食べることでタンパク質の取り込みを良くするのもありです。

※参考:何個の餅を食べれば良いかは1日に必要なあなたの摂取カロリーによる↓

【基本】筋肉弁当を作る際に意識したい3つのこと【質/量/組み合わせ】
筋トレはじめたから筋肉のためにこれからは弁当を持参しようと思うけど、どんな感じで作ればいいん?という疑問をも持つあなたへの記事になります。本記事では筋肉弁当を作る際に意識することを解説。記事内で解説してるポイントを押さえると確実に筋肉はつきます!

【まとめ】餅を食べるなら筋トレ前後

上記の内容が、筋トレ勢が餅を食べる主な理由になります。

そんなわけで、餅は他の炭水化物に比べて消化吸収が早く、筋トレ前後の速やかなエネルギー補給が必要な際にはかなり便利なものとなってます。

(筋トレ2時間前の食事で餅とプロテインなどを補っておくと、筋トレ中の筋肉の分解やエネルギー切れを防げるでしょう)

餅を食べてモチベーションを上げて(←は?)、より質の高い筋トレをしてみては。

では最後に本記事のおさらいをしておくと、以下のとおり。

・餅は消化吸収が早い

・カロリー密度が高く増量(バルクアップ)にも使える

・1個あたり約25gの炭水化物

そんなわけで、終わり😉

※参考:餅で増量(バルクアップ)するのもアリ↓

【網羅】筋トレで言う増量期とは【必要性から注意点までビルダーが解説】
筋トレして筋肉つけるにはなんか「増量した方が良い」みたいなこと聞いたことあるけど実際どうなんやろ?てかそもそも筋トレで言う増量期ってなんや?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では増量期を設ける目的から期間などまで解説。うまく増量期を取り入れることで筋肉はグッと成長します。

※参考:完全栄養の主食も便利↓

ベースブレッドで筋トレ飯をより快適に【完全栄養の主食で自炊いらず】
筋肉つけたいけど、ダイエットしたいけど自炊はめんどい...というあなたへの記事になります。本記事では完全栄養の主食であるベースブレッドについてレビュー。未だかつてこんなにも栄養素をぶち込んでかつ風味も良いパンはあったでしょうか?

以上筋トレ民がよく餅を食べる3つの理由【白米より優れている点とは】でした。

コメント