合トレの3つのメリットと4つのデメリット【高強度な筋トレを意識】

合トレ

筋トレ界では合トレなるものが流行ってるけど、実際のとこあれはなにをするんや?

できれば合トレした方が良いんかな…。

なんて思ってませんか?

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、今まで合トレする機会も多かったのは言うまでもありません。

そこで今回は、そんな僕の経験も踏まえつつ「合トレの良し悪し」について解説。

本記事で解説するポイントを押さえておくと、次回のあなたの合トレはより効果的なものになります。

では詳しくみていきましょう。

【参考】効くフォームとは
下記noteでは「効くフォーム」を部位別に徹底解説してます。note限定の動画やイラストも用い、丁寧に「こうだからこうすると効く(解剖学等にも基づき)」といった内容をまとめてます。いわば筋トレフォームの教科書。わけもわからずYouTuberのマネをして筋肉はついてますか?そうでないならやはり筋トレフォームを見直すことが必要です。根拠ないトレーニングではやはりケガや停滞に至り、なかなか体が変わらずモチベも下がることに。ぜひ以下noteでパンパンにパンプするフォームを習得してください。

合トレの意味は合同トレーニング

そもそも合トレは「合同トレーニングの略」で、誰かと一緒にトレーニングすること。

(読み方は「ゴウトレ」&最近はエニタイムフィットネスでもよく見かけるあれ。)

同じ種目やメニューを、交代で進めていくような筋トレのやり方になります。

ですがこの合トレはここ3年前ぐらいから耳にし出すようになったもので、ほんの5年ほど前には「合トレ」なんて言葉は全く耳にしなかったほど。

カイ
カイ

僕も誰かとトレーニングすることはあっても、それに「合トレ」なんて名前をつけたことも思いついたこともなかったです。

ここ数年の間にフィットネス系のSNSやYoutubeの発展が「合トレ文化」を作っていったように思います。

海外でトレーニングしてる方たちは割とパートナーとかと一緒にトレーニングしてたりしますが、日本では「筋トレ=1人でするもの」というイメージが強いのもあるかと。

そういった海外のスタイルをフィットネス系のYoutuberが取り入れ発信していくことで、「合トレ」が通常のスタイルとして日本でも広まっていったのでしょう。

最近だとTwitterとかでも「#合トレ募集」とよく見かけるようになりましたよね?

そんな合トレですが良い面もそうでない面もあります。

合トレのメリットデメリット

合トレのメリットは以下のとおり。

①やる気が上がる

⇒やはり誰かとトレーニングするとなると「負けてられない」「相手が頑張ってるから自分も頑張ろう」と何かと良い刺激をもらい気合いの入ったトレーニングが可能に。

すると普段より強度の高いトレーニングができ、筋肥大に効果的と考えられます。

②補助し合える

⇒デカクなるためにはやはり刺激の強いトレーニングは欠かせません。

そこで合トレだと「あとちょっと力があれば挙がるのに」という重量を補助してもらうことができるので、より強い刺激の獲得につながります。

※参考:フォースドレップの良し悪しについて↓

フォースドレップは補助者の加減によって筋トレ効果が左右される
フォースドレップってなに?やった方が筋肉デカクなる?本記事ではフォースドレップの良し悪しを解説。本質を理解してないと逆効果かも!?
③指摘し合える

⇒筋トレで成果を出すにはなんといってもそのフォームが大事になってきます。

そんなフォームに関して、自身が効果的と思っているフォームと合トレ相手が効果的と思っているフォームが違うことがあります。

そういった時にお互いの意見を合わせることで、より良い効果的なフォームができ上がることもあったり。

カイ
カイ

では次に合トレのデメリットについて。

①合トレ相手に左右される

⇒良い意味でも悪い意味でも相手に影響されるのが合トレ。相手が手を抜けばこちらも気合いが入りませんよね。

ですからお互い筋トレに対する積極的な姿勢が必要になります。

②補助に頼りがち

⇒相手の補助がうまければ先ほど触れたメリットのように問題ありません。

ですが慣れてないなら補助が過剰すぎて、本来の力が発揮できずむしろ刺激の弱いトレーニングになったり。

(以下ツイートにもあるように↓)

③無理しがち

⇒合トレでも普段と同じ種目で無理するなら問題ないですが、相手の種目に合わせてあまりフォームが定まってない種目でやり過ぎるとケガにつながることもあったり。

④ボリュームが多くなりがち

⇒「合トレだから」と張り切り過ぎて何種目もやりがちに。

普段からそうだと良いですがそうでないならやり過ぎて筋肉痛がひどくその後のトレーニングに影響する場合もあります。

※参考:筋トレは限界までやるべきかいなかについて↓

筋トレは限界まで追い込むと効果的か【注意したい3つのこと】
筋トレは限界までやる方が筋肉つく気がするけど、実際のところどうなんやろ。最近は「筋トレは限界までやるな!」みたいな話もよく目にするし。もう、どこまで筋トレするのが効率的なんや...。なんて頭を抱えてませんか?本記事では筋トレで限界を意識する方が効果的なのかどうかについて解説。

【まとめ】合トレはあくまでお互いの筋肥大をさらに促すためのもの

といったように合トレの良さはお互いを高めることなのに、場合によってはお互いで手を抜きがちになったりもします。

そういった意味で、普段から合トレをするのではなく、たまに合トレをすることで「フォームを確認し合ったり」「補助し合って刺激を強める」のがベターな取り組み方かと。

(まあ信頼のおける相手なら、一定の期間とか長きに渡って合トレしても良いとは思いますが)

また合トレであっても普段のトレーニングであっても、どちらも目標に向かっての取り組みなのでフルパワーで挑むと効果的と考えられます。。

(以下ツイートにもあるように↓)

というのが合トレのメリットデメリットとより良い活用の仕方になります。

そんなわけで、合トレがあなたにとっても相手にとってもプラスになるように取り組んでいきましょう。

(ちなみに僕も予定が合えば合トレもしたい派なので、僕との合トレを希望の方はTwitterからでも気軽に連絡ください)

では、終わり😉

以上合トレの3つのメリットと4つのデメリット【高強度な筋トレを意識】でした。

効果
スポンサーリンク
↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
スポンサーリンク
FITNESS-FREAK