筋トレ後のクールダウンの必要性【返って筋肉の回復を遅らせることあり】

スポンサーリンク

筋トレクールダウン

筋トレ後はクールダウンした方が良いって聞いたけどなにそれ?効果あるん?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

✔そこで今回は、筋トレしてると耳にするクールダウンの流れとその実際の効果について解説!

 

この記事を読んで、クールダウンについて理解しておくことで、今後より効率的に体づくりを進めていけるかと思います。

 

では詳しくみていきましょう。

 

筋トレ後のクールダウンの必要性【返って筋肉の回復を遅らせることあり】

結論として、筋トレ後のクールダウンにはそこまで体づくりにとって好ましい効果は期待できないのが現実。

 

そもそもクールダウンとは、筋トレ後に行う軽い運動で具体的には以下のようなやり方があります。

✔活動的クールダウン
⇒有酸素運動など

✔受動的クールダウン
⇒ストレッチ、マッサージ

 

そんなクールダウンを筋トレ含め運動した後に取り入れ、軽くウォーキングしたりストレッチしたりすることによって疲労や筋肉痛が軽減するとされてきました。

(特に活動的クールダウンの方が、受動的クールダウンに比べてその効果は高いと。)

 

カイ
カイ

なんですが、最近はそういった効果に対してやや否定的な意見が多かったりします。

 

繰り返しになりますが、筋トレ後のクールダウンの最大の目的は、筋トレによる疲労の軽減。

 

疲労と言うと、乳酸をイメージされるかと思います。
活動的クールダウンによって乳酸を取り除くことができ、結果として次の日の疲労が軽減されるといった流れが従来の考え方です。

 

ですが最近では、以下のようなことが明らかにされています。

✕乳酸=疲労物質

○乳酸が発生する際にできる「水素イオン」=疲労を引き起こす

 

水素イオンの量が増えてくると、体内が酸性に傾き疲労を感じるようになるというのが定説になりつつあります。

 

ですから活動的クールダウンによって「乳酸」を取り除くことはできるのですが、それが疲労の軽減には直結しないということ。

 

他には、心肺機能の回復や心理的ストレスの改善などに関しても、活動的クールダウンと受動的クールダウンでは大きな差は明らかにされていません。

 

カイ
カイ

そんなわけで、疲労の軽減などを目的とした筋トレ後のクールダウンにはわざわざ時間を割く必要はなさそうですね。

 

【まとめ】筋トレ後は速やかなエネルギー補給の方が大事

といったように、筋トレ後の活動的クールダウンにこれといった疲労回復の効果は見込めないのが実際のところです。

 

むしろ筋トレ後、つまり体の中のエネルギーが枯渇した状態で、有酸素運動などの活動的クールダウンをすることで起こる弊害も考えられます。

 

✔そう、筋グリコーゲン蓄積への悪影響。

 

筋グリコーゲンは簡単に言うと、筋肉に蓄えられたエネルギー(炭水化物)で、人間が活動する際のエネルギーとして使われます。
もちろん筋トレする際のエネルギー源のほとんどもこの筋グリコーゲン。

 

ですから筋トレ後には、速やかに炭水化物を補うことでエネルギーを補給し疲労した筋肉を回復に向かわせることが必要です。
(筋トレ後のプロテインに炭水化物を組み合わせることで、効率良く筋肉に取り込まれる)

 

にも関わらず、クールダウンといって有酸素運動をしていると、筋グリコーゲンが蓄えられにくいことに汗っ。

 

カイ
カイ

そういった意味で、筋トレ後にクールダウンでさらに運動を続けることはおススメできないと共に、返って筋肉の回復を遅らせることも考えられます。

 

とは言え、ストレッチなどの受動的クールダウンであれば、筋グリコーゲン蓄積への悪影響はないとされていたり。
(むしろグリコーゲン合成量が増えるなんて話もあったり)

 

ですから、筋トレ後にどうしてもクールダウンをしないと気が済まないとかであれば、炭水化物を組み合わせたプロテインを飲みつつストレッチなどの受動的クールダウンを取り入れるのが良いかと思います。

(どうしても有酸素運動がしたい場合は、20分ほどにとどめて早めの栄養補給を優先するのがベター。)

 

こうすることで筋肉へのエネルギー補給を適切に行うことができ、筋肉の回復にも貢献。

 

では終わります😉

 

※参考:筋トレ前のウォーミングアップは欠かさないのが吉↓

筋トレにウォーミングアップは必須【3つの目的/具体例あり】
筋トレする際にウォーミングアップは必要?必要なら何するん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレにおけるウォーミングアップの目的とその具体例を解説。怪我無く効果的な筋トレをするならウォーミングアップは必須!

 

以上筋トレ後のクールダウンの必要性【返って筋肉の回復を遅らせることあり】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました