フォースドレップは補助者の加減によって筋トレ効果が左右される

フォースドレップ

フォースドレップってなに?やった方が筋肉デカクなる?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

僕自身ボディビルを始めて数年は、ジムのトレーナーやオーナーがなぜかフォースドレップに積極的だったのでよくやってましたね。(というかやらされてました笑)

そこで今回は、そんな僕の経験も踏まえて「フォースドレップ法の良し悪し」について解説。本記事を読んで適切なフォースドレップ法を行い、筋肥大のきっかけの1つにしてみては。

スポンサーリンク

※参考:無料メルマガ「今さら誰も教えてくれない筋トレの基本」で配信中の内容さえ押さえておけば着実に体は変わります。いつでも登録解除できるので気軽にご活用ください。(1通目はすぐに届きますが迷惑メールフォルダに分類されるかもなので確認推奨)

フォースドレップは補助者の加減によってその効果は左右される

結論として、フォースドレップ法は「Forced Rep」で、いわば「強制的に、無理に行うレップ」といったニュアンスのトレーニング方法になります。

具体的には、自力では動作できない状態になると、補助者の力を借りてさらに強引に動作を続けるといった形。

筋トレでは通常セットを重ねるごとに疲労がたまり、1セット目と同じ重量で同じ回数を続けることが困難になってきます。

ですがそこで重量や回数を減らしてしまうと、動員される筋肉の数が減ったりして狙った筋肉への刺激が減ってしまうことに。これではもちろん筋肥大にとってはマイナスです。

そこで3セット目などにフォースドレップを取り入れることで、反復できる回数を少しでも増やしボリュームを確保し筋肉への刺激を高めていくと。

(海外の筋トレ勢がよくやってる補助し合うような形。)

そんなフォースドレップ法のメリットは以下のとおり。

  1. 筋トレボリュームを稼げる
  2. 精神的限界の引き上げに貢献
  3. 限界まで刺激できる可能性がある

挙がらない状態からさらに追い込むので単純にキツイ。それゆえ限界を感じるラインの引き上げにつながり普段のトレーニングに生きてくることも。

また筋肥大には強いストレスが必要ゆえ、筋トレは限界まで追い込むべきかいなか【避けたい3つのパターン】でもあるようにときに限界まで動作することも有効です。その際にフォースドレップだとより限界に近い状態まで動作できたり。

といったように筋肥大を目的にトレーニングしているのであれば、フォースドレップ法を取り入れることが効果的と言える面はあります。

カイ
カイ

ですが、仮にフォースドレップを行うのであれば「補助者の熟練度」にその効果を左右されることを忘れてはいけません。

フォースドレップ法の注意点

繰り返しになりますが、フォースドレップ法は「補助者の熟練度」に大きく影響を受けるテクニックになります。

仮に100キロ9回が限界だとして、フォースドレップであと1回プラスするとしましょうその際に補助者の経験値が低いと補助を大きくしやすかったり。

トレーニングしてる本人は、100キロ9回と100キロ0.3回ほど挙げる力は残ってるかもしれません。(0.3回はもちろん1回に満たないのでウエイトを挙げることは不可能。)ここで0.9回分ほどの補助をすればどうでしょう?

カイ
カイ

本人は「あと0.7回分」の補助だけあればあと1回は挙げることができるのに、これでは余分なサポートとなり限界まで動作したことにはなりません。

少しややこしいかもですが、要するに挙がるかどうかのギリギリの補助でないと、返って本人が最大限に力を発揮できずに終わることがあるということ。

僕自身むかーし通ってたジムで会員さんに補助されることも多々ありましたが、その方が加減をわかってないが故に、僕は力を出し切れずにそのセットを終えてしまうこともありました。

加えて変に補助されると、テンポが乱れケガにつながる可能性もなくはないです。

最近はよく合トレで補助し合っているのを見かけますが、あくまでギリギリの補助でないとフォースドレップ法の効果は活かしきれないと考えられます。

また補助者の力が強いがゆえにそれに頼ってしまっても本松転倒。(筋トレはキツイので少しでも楽をしたくなるもの&もはや補助者の筋トレになってたり。)

カイ
カイ

そういった意味で、個人的にはフォースドレップよりレストポーズ法の効果的と思ったりもします。

フォースドレップはもちろん1人では行えないので、レストポーズ法で限界が来たら10秒ほどのレストを挟みつつ動作を繰り返してボリュームを稼ぐ方が手軽と言いますか。

もちろんフォームへの意識を怠るとケガすることもあるので、そこは注意しつつ。

筋トレのフォースドレップ法は意味のある使い方をしよう

上記の内容が、フォースドレップの概要とその本質になります。

カイ
カイ

そんなわけで、個人的にはフォースドレップ法はそこまでおススメはしないですかね。(お互いに加減を熟知しているならアリだが)

筋トレで限界に挑戦していくのは、やはり自分自身の問題というか。人がどうであれ、力を出し切るのもサボるのも自分自身の決断ですし。

それに補助者がよほど経験が豊富でないと、その効果を活かせない場合が多かったりもするので。そんなわけで、最後は気持ちでトレーニングするのが基本かとは思います。

以上「フォースドレップは補助者の加減によって筋トレ効果が左右される」でした。

この記事を書いた人
カイ

筋トレ歴10年で、ボディビルやフィジークのコンテストでの優勝経験あり。ゆえに正しい筋トレ方法やダイエット方法を熟知。当サイトではそんな筆者が、適切な筋トレ方法やダイエット方法を解説してます。専門性を持ってすべての記事を執筆しています。(Twitterも覗いてみてください)

↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
【下部ボタンからシェア大歓迎】

当サイトは「リンクフリー」です。当サイトURLや記事URLをシェアする際の許可は必要ありません。今後よりおもしろい記事を執筆する参考にもなりますので、記事を読んだ感想をTwitterはじめSNSでシェアしてくださると嬉しいです!

効果
↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
スポンサーリンク
FITNESS-FREAK