ボディビルとフィジークの違い【両カテゴリ経験者が解説】

ボディビルフィジーク

筋肉万太郎
筋肉万太郎

ボディビルとフィジークの違いはどんなん?

ボディビルは筋肉がデカくてフィジークは小さい?

といった疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどでボディビルやフィジークの大会での優勝経験あり。

 

両方のカテゴリーでの大会経験者なのでかなりリアルな情報がお届けできます!

 

この記事を読むとボディビルとフィジークの違いがわかり、よりそれらのスポーツを楽しむことができますよ。

 

またこれを機に大会に出場してみませんか?

 

では詳しく見ていきましょう。

 

ボディビルとフィジークの違い【両カテゴリ経験者が解説】

結論として最も大きい違いは「目指すべき理想の体の違い」です。

 

てなわけでそれぞれの目指すべき体は以下のとおり。

 

✔ボディビル

→圧倒的な筋肉のサイズ。全身の筋肉が隙間なく発達した状態。極限まで落とされた体脂肪。

ボディビルポーズ

 

✔フィジーク

→圧倒的な逆三角形の体。ウエストは極限まで細く。極限まで落とされた体脂肪。

フィジーク

 

といったような違いがあるのですが忘れてはならないことが1つあります。

 

それはフィジークの延長線上にボディビルがあるということ!

 

なのでボディビルでもそらーウエストは細いにこしたことはありませんし、どちらも体脂肪は極限まで落とすことが必要になります。

 

いわばボディビルほど全身の筋肉を発達させてないのがフィジークです。現にフィジークでは下半身の筋肉はサーフパンツで見えませんので。

 

写真を見比べればイメージはできると思いますが、

 

いまいちわからない場合のために次にボディビルとフィジークの審査基準をもとに違いを解説していきます。

 

審査基準の違いは以下の内容があります。

✔着用パンツの違い

✔ポージングの違い

✔ステージングの違い

✔評価される体の違い

では順に解説していきます。

 

着用パンツの違い

もうこれは一目でわかりますよね。ボディビルではボディビルパンツといって普段あなたが履くパンツより小さいものを着用します。

 

これ見た目以上にめちゃめちゃ小さいですからね。

 

カイ
カイ

始めて履いた時にあまりの小ささにまじでびっくりしたのを今でも覚えてます笑。

 

ここまで小さいパンツを着用するのはいわば全身の筋肉を見て評価するため。

 

これに対してフィジークはサーフパンツ、いわゆる海パンを着用します。なので評価するのは基本的には上半身の筋肉のみ。

 

(✔コンテストを考えてるならチェック⇒「【初出場】フィジークのサーフパンツを選ぶ際のポイントは2つ」)

 

ポージングの違い

 

こちらもかなり大きな違いになります。

 

簡単に言うと以下のとおり。

✔ボディビル→全身の筋肉に力をこめてガチガチなイメージ

✔フィジーク→主に腹筋と背中に力を入れて力んだイメージは出さない

 

ボディビルでは筋骨隆々な感じを表現するのに対して、フィジークでは部分的に力を入れてカッコいいモデルのような筋肉を表現。

 

またボディビルでは8つの決められたポーズを順にとりながら比較するのに対して、フィジークではたった2ポーズしかありません。

 

ここからもわかるようにボディビルは全身の筋肉を細かく見られるけど、フィジークではどちらかと言うとパッと見の体の輪郭を重視するものになります。

 

ボディビルのポーズは全部で8つ【現役の競技者がコツまで解説】 
ボディビルのポーズについて詳しく知りたいなあ。ボディビルのポーズの名前は?コツは?というあなたへの記事になります。本記事ではボディビル大会での優勝経験のあるサイト運営者がポージングのコツを解説。大会などを考えているなら必読。

 

ステージングの違い

ボディビルではみんなダラダラ歩いてきて横一列に並び比較されるのに対して、

 

フィジークではステージに入るところから見られており、歩き方、ポーズとポーズの流れ、立ち振る舞いまで見られています。

 

カッコいい所作を求められるのがフィジーク。

 

評価される体の違い

これは冒頭でも少し触れた内容になります。

 

ボディビルは上記のようにお尻の筋肉までも評価基準に入っているので脚も含めて全て見られます。

 

もちろんウエストは細い方が良いですがまずはなんといっても筋肉のサイズを見ます。

 

小さければその時点で良い評価はされません汗っ。

 

同じぐらいに体脂肪の低さも見られます。これまた体脂肪が多ければ評価されません。これに関してはフィジークも同じ。

 

ですがフィジークでは脚の筋肉は評価の対象ではありません。

 

その代わりにより逆三角形の美しい体が必要。広い肩幅と細いウエストが必須になります!

 

簡単に言うとフィジークは「海でカッコいい人はどんなん?」といったイメージを持つと良いかもです。

 

とまあボディビルとフィジークの違いはこういったもの。

 

最後に今後どちらかの大会に出ることを考えている場合のアドバイスをサクッと書いておきます。

 

フィジークに出る時の心構え【ボディビルダーと大差なし】

結論を言うとフィジークの大会への出場を考えている場合でもボディビルダーのような気持ちを持ってトレーニングをしましょう!

 

というのもフィジークに出るからといって脚のトレーニングをしなければいざサーフパンツを履いた時にブカブカでカッコ悪い!

 

上記のようにフィジークはカッコよさが求められる競技。

 

脚の筋肉は実際には見えませんがステージでの見栄えとして下半身がしっかりしていないと良い印象を与えることができません。

 

カイ
カイ

というわけでボディビルの大会に出るぐらいの勢いを持って体を作っていってちょうど良い!

 

ではぜひ大会で会いましょう笑。

 

(✔フィジークを目指すなら「フィジーク選手を目指すために必要なこと「大会優勝者が教える秘訣」」をチェック)

 

(✔ボディビルダーを目指すなら「ボディビルの始め方!「特に資格とかはなく今すぐスタート可能」」を参考にどうぞ)

 

(✔コンテストについて知りたい場合は「筋肉系コンテストの主な団体とそのカテゴリー【大会を目指しませんか?】」を参考にどうぞ)

 

以上ボディビルとフィジークの違い【両カテゴリ経験者が解説】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました