【初心者必見】胸トレで腕が疲れる時に試したい今すぐ使える3つのコツ

胸トレ腕が疲れる

胸トレで腕が疲れるけどどうすれば良いんやろ?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

僕自身、今となっては胸トレで腕が疲れることはそうないですが、筋トレを初めた頃はやはり腕ばっかり辛かったですね。

そこで今回は、「胸トレで腕が疲れる原因とその改善策」について解説。

ちなみに先日、以下のツイートをしたのでそちらを元に進めていきます。

ぜひ本記事の内容を意識して、胸にきちんとした刺激を感じてみてください。

では詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

【初心者必見】胸トレで腕が疲れる時に試したい今すぐ使える3つのコツ

結論として、胸トレで腕が疲れる原因は以下のとおり。

✅手幅によっては腕が疲れる

✅バーを握り過ぎると腕が疲れる

✅腕は胸トレの補助筋である

では順に解説していきます。

胸トレは手幅によっては腕が疲れる

胸トレの種目と言えば、ベンチプレスやダンベルプレスはじめいわゆるプレス系とダンベルフライなどのフライ系があります。

これらの種目で腕がしんどくなるのは、手幅が適切でない場合があるかもしれません。

例えばベンチプレスやダンベルプレスの場合に手幅が狭いと、ウエイトに対して肘を開く力がより多く必要になります。

肘を開く、つまり肘を伸ばすのに働く筋肉は上腕三頭筋。

ということは手幅が狭いと、それだけ上腕三頭筋に負荷がかかり腕が疲れることに。

カイ
カイ

これは上腕三頭筋の定番種目であるナローベンチプレスを考えればイメージしやすいですよね。

ですからベンチプレスなどプレス系では、基本的にバーを胸に下してきた時に肘が90°になる手幅にするのが吉。

これより狭いと肘を伸ばす力がより必要ですし、逆に広くすれば可動域が狭くなり大胸筋への刺激が弱くなることがあります。

ですから、ダンベルプレスなら常にダンベルの真下に肘が位置するような意識で動作すると、腕ではなく胸に負荷がかかりやすくなります。

次にフライ系(ダンベルフライ)ですが、こちらでよく見かけるのは肘を開きすぎた状態で動作するパターン。

フライ系はプレス系と違いダンベルを弧を描くようなイメージで動作する種目がゆえ、肘をわりと開いた状態で動作しますよね?

ですが、かと言って肘を開き過ぎると今度はダンベルを支えるために、上腕二頭筋により力を入れなくてはならなくなります。

ですから肘は開くにせよ、肘の真上から少し外にダンベルが位置するイメージでOK。
角度で言うと100°ほどで問題ありません。

(プレスとフライの主な違いについて↓)

※参考:プレス系では肘と軌道を合わせるべし↓

胸や肩のプレス系のマシンでは軌道と肘を合わせると効く
胸トレや肩トレのプレス系がしっくりこんなあ、効かへんなあというあなたへの記事になります。本記事では意外と見落としがちなプレス系のたった1つのコツについて解説。ひとまずこれで効くかも!

バーを握り過ぎると腕が疲れる

バーを力強く握った状態で胸トレの動作をしてしまうと、やはり前腕も含め腕の力を優先的に使いやすくなってしまいます。

また肩周りに力が入り、胸がうまく張れず大胸筋がストレッチされにくく負荷が乗りにくいことも。

カイ
カイ

こういった場合は、手の指の方でダンベルやバーベルを握るのではなく、掌つまり手首に近い方で握りやや手に乗せるイメージで握るのがおススメです。

こうすることで無駄に前腕の力を働かせることなくスムーズに腕を動かすことができ、結果として大胸筋を動かしやすいフォームが獲得できます。

※参考:ベンチプレスの基本フォームについて↓

【保存版】ベンチプレスの効果的なフォーム作りに欠かせない3点
筋トレと言えばベンチプレス。でもベンチプレスはなんか肩とか腕ばっかりがしんどくなって、大胸筋に効いてる感覚がいまいち。なんなら最近は肩の関節に痛みすら感じる気が...。というあなたへの記事です。本記事ではベンチプレスの基本フォームを丁寧に解説。これでケガせずデカクなれます。

腕は胸トレの補助筋である

とは言うものの、胸トレにおいてプレス系では上腕三頭筋が、フライ系では上腕二頭筋がそれぞれ補助筋として働きます。

動作中に大胸筋だけが働くなんてことはあり得ません。

カイ
カイ

ですから胸トレで腕が疲れるからといって、フォームに絶対的な問題があるとは限りません。

※参考:プレス系とフライ系の順番に工夫すると腕が疲れない可能性もあります(予備疲労法)↓

胸トレメニューを組む際の5つのポイント【大胸筋を効率よく刺激可】
いつもはベンチプレスからやるけど、そろそろ同じメニューにも飽きてきたな。でも効果的な胸トレメニューってどんな感じで組めば良いんやろか?より効率よく大胸筋を刺激できるメニューというか...。なんて思ってませんか?本記事では効果的な胸トレメニューを組む時の必須ポイントとそれを踏まえたメニュー例を解説。

また、大胸筋の種目で扱う重量に腕の筋肉が追いついてない場合もあったり。

そういった意味で、仮に胸トレで腕ばかりが疲れるとしてもフォームを意識して継続していると腕の筋力が追いついてきて辛くなくなります。

なので程度にもよりますが胸トレで腕がつらたんでも、そこまで心配せずまずは継続してみてください。(ベンチプレスやダンベルプレスで三頭筋が疲れるのも自然ではある)

※参考:ベンチプレス100kg挙げるためには腕の力も重要だったり↓

【経験談】ベンチプレス100kgを目指すためにやってた3つのこと
筋トレにおける目標の1つである、ベンチプレスを100kg挙げれるようにしたいけど何をしたらいい?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレ歴10年の筆者の経験談を元に、ベンチプレス100kg挙げるのに必要なことを解説。恐れず挑戦しよう。

(補足:ダンベルプレスはベンチプレスと違いバランスを取り軌道を安定させる必要があるので、より腕に力が入り疲れやすいことも。そういった意味ではベンチプレスの方が無駄に力まず済む場合も)

【まとめ】胸トレで腕が疲れてもそこまで問題はない

上記の内容が、胸トレで腕が疲れる際に意識したいポイントになります。

カイ
カイ

とは言え、腕が疲れるのも「慣れ」かなと思ったりもします。

動きに慣れればグリップの握り具合も掴めてくるだろうし、腕の筋力も追いついてくるだろうし。

そんなわけで今、胸トレで腕が疲れて困っていてもそこまで神経質にならずに、継続していけば問題なし。

時間と共に問題なく大胸筋をきちんと刺激することができるようになります。

では、終わり😉

※参考:大胸筋の内側の発達に悩んでいる際は、以下をチェック↓

大胸筋の内側がついてこない3つの原因とその改善策【真ん中などない】
大胸筋の内側がつかないけどどうしたらいい?内側を鍛える種目は?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では大胸筋の内側の発達が遅れる原因とその解説策を解説。まずは1つずつ試してみては!

以上【初心者必見】胸トレで腕が疲れる時に試したい今すぐ使える3つのコツでした。

コメント