筋トレしてる人が鶏胸肉ばかり食べる2つの理由【低カロリーだけじゃない】

筋トレ胸肉

筋トレしてる人はなんで鶏の胸肉ばっかり食べてるん?なんか筋肉にとって良い事でもあるん?

という素朴な疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで鶏の胸肉も、かれこれ中学生の頃から意図的に食べてます。

そこで今回は、「筋トレしてる人が鶏の胸肉ばかり食べる理由」について解説。

以下でその理由を理解しておくことで、体づくりをより効果的かつ効率よく進めていくことができます。

では詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

筋トレしてる人が鶏胸肉ばかり食べる2つの理由【低カロリーだけじゃない】

結論として、筋トレしてる人が鶏の胸肉ばかり食べる主な理由は以下のとおり。

✅胸肉はヘルシーかつタンパク質が豊富

✅胸肉はコスパが良い

では順にみていきます。

胸肉はヘルシーかつタンパク質が豊富

筋トレしてる人が鶏の胸肉を食べるのは、何といっても低カロリーかつ高タンパクだから。

マッチョになりたい人やすでにマッチョな人は、筋肉はつけたくても体脂肪は過度につけたくない場合がほとんどです。

となると必然的に高カロリーな食品は控えることに。

カイ
カイ

ですが、筋トレ民はただカロリーが低いだけの食材ではとうてい満足しません。

そう、「タンパク質タンパク質」とうるさいのです。

筋肉をつけていくには筋トレするだけでは不十分で、普段の食事にも気を使うことでその効果は最大限に活かすことができます。
(⇒参考:【保存版】筋トレは食事に効果を大きく左右される【重要度別5ステップ】

その食事の中でも一般の筋トレしてない方と大きく異なる点は、タンパク質の摂取量。

タンパク質は筋肉を作る上で材料になるので、もちろん欠かせない栄養素。

そんなタンパク質が筋トレしてない方の倍ほど必要になります。

(筋肉を大きくしたい場合は体重1キロあたり2gほど必要)

となると、肉魚や卵プロテインといった食品を多く摂らないといけないことに。
(⇒参考:【安心】全くまずくないプロテイン7選【筋トレ歴10年の筆者がおススメ】

ですが牛肉のカルビなら脂身が多かったり、卵も黄身の部分は高脂質なので、そういったものでタンパク質を補おうとすると余分にカロリーを摂取しやすくなります。

そこで鶏胸肉の出番。

そんな胸肉の成分は以下のとおり。

・エネルギー
→108kcal

・タンパク質
→22g

・脂質
→1.5g

・炭水化物
→0g

(100gあたり、皮なし)

といったように筋トレ民が喜ぶタンパク質は豊富なのに、脂質と炭水化物がほぼゼロととにかくヘルシーです。

(ちなみに皮ありやと脂質が11gほどになり190kcalほどに)

カイ
カイ

いわば筋肉のためにタンパク質だけを補いたい人には持って来いの食材。

(補足:「胸肉を1日に何グラム食べれば筋肉がつく」という話ではなく、あなたの1日のタンパク質の必要量に合わせてそれを胸肉やプロテインや卵などで補うというのがその本質)

また、胸肉は高タンパク質なだけでなく筋トレ民に嬉しい次の2つの成分も豊富。

・イミダゾールペプチド

→疲労回復の効果と抗酸化作用あり。

抗酸化作用は簡単に言うと、体の不調の原因となるどこかしらの炎症を抑えるようなイメージ。

・ビタミンB6

→ビタミンは炭水化物、タンパク質、脂質いわゆる三大栄養素の消化吸収をサポートする役割。

中でもビタミンB6は炭水化物や脂質の代謝に大きく関わるので、体の中でうまくエネルギーを生み出しやすくなる。
(⇒参考:【必須】筋トレしてるのにまだマルチビタミンミネラルとってないの?

そんなわけで、筋トレして筋肉をつけていくなら普段から欠かせない食品ではあります。

胸肉はコスパが良い

先ほど書いたように、筋トレ民はタンパク質を多く補う必要があります。

カイ
カイ

ですがそのタンパク質を牛肉や魚ばかりで補っているとどうでしょう?

毎日の食費がかなりかさむことに。
(もちろん人にはよりますが)

それにタンパク質は毎日、同量を補う必要があるのでなおさら。

ですが胸肉はスーパーにもよりますがたいていは100gあたり60円ほどです。

これに比べて牛肉は100gあたり198円ほど。
(⇒参考:【決定】筋トレ民にマストな業務スーパーで買っておきたい筋肉食材12選

胸肉と牛肉でタンパク質の含有量は大差ないのに、値段は3倍以上なのです。

そういった面からも筋トレ民にとっては胸肉が人気。

もちろん牛肉には牛肉の良さ(栄養素)があるので、できればどちらも食べる方が良いとは思いますが。
(⇒参考:【保存版】筋トレ民は何肉を食べるのが効果的か【3つのポイントを意識】

とは言え、筋トレ民は好きで胸肉を食べるというより、タンパク質を補うために食べる方が多いので、やはりコスパ重視になります。

といったような理由から、筋トレしてる人の多くが鶏の胸肉を食べてます。

では最後に、

とは言えパサパサな胸肉を食べたくないという場合の対処法をサクッと解説。

胸肉を食べたくないならモモ肉でもOK

上記のように、筋トレ民には良い事ばかりの胸肉ですが、パサパサしててあまり好きでない方も少なくないのが事実。

カイ
カイ

そんな時は胸肉にこだわらず、鶏のモモ肉でこれまた皮を除けば問題ありません。

鶏モモでも皮を除けば脂質が4gほどになって、100gあたり116kcalと胸肉とさほど変わらないので。

鶏モモ肉ならパサつきはないので食べやすいかと。

(以下ツイートにもあるように↓)

まあ個人的には、胸肉に慣れ過ぎてモモ肉を食べると返って脂っこいと感じることも。

牛肉とか豚肉の脂は美味しいんですけど、鶏肉はなんかサッパリ食べたいんですよね。

そんな胸肉の美味しい食べ方としては、やはり鶏ハムですかね。

鶏ハムに関してはいろんなパターンがありますが、基本的には以下の手順で作れば問題なし。

①胸肉の皮をとり塩を全体になじませる(冷蔵庫で半日おくのがベター)

②塩をさっと洗い流しラップで隙間ないようにくるむ(キャンディの包み紙の要領)

③沸騰した鍋に入れる

④1分ほどしたら火を止め蓋をして放置

⑤そのまま数時間したらでき上がり

これでパサついた感じは一切ない胸肉ができ上がります。

冷蔵庫で2、3日は持つので作り置きしておくと便利。

とは言え、上記の温度調節がめんどうな場合は、以下のボニークを使えば問題なし。

マジで胸肉とは思えない肉に仕上がります。


Amazonで値段をチェック

BONIQを使えばお肉の『タンパク質が固まらない温度帯』で調理出来るので、自宅で誰でも簡単にレストランクオリティのお肉が調理出来ます。たった3ステップで安価な赤身のブロック肉やパサつきがちな鳥むね肉ですら、あなたの想像する【理想の肉】へと調理可能な新感覚の画期的調理器具。
(引用元:https://www.amazon.co.jp)

実際に僕もボニークを使うこともありますが、全く胸肉とは思えないレベルで「しっとり」します。

【まとめ】鶏胸肉は筋肉を作る上で欠かせない食材

上記の内容が、胸肉を筋トレ民がよく食べる理由になります。

胸肉ほどヘルシーかつ安価かつ高タンパク質な食品はそうありません。

そんなわけで、

胸肉を普段のあなたの食事に取り入れることで、より筋肥大に適した栄養補給が可能に。

筋肉をつけるには筋トレを頑張るのももちろん大事ですが、それと同じぐらい食事管理による影響も大きいです。

ですから、筋トレしてるのに筋肉がつかない場合は、食事面を見直してみるのもあり。

(以下ツイートのように胸肉とブロッコリーを合わせてTHE筋肉飯を始めてみては↓)

(⇒参考:筋トレ勢がブロッコリーを食べる理由【体づくりに嬉しい5つの栄養素】

※参考:筋肉飯を作る際のポイントもチェック↓

【基本】筋肉弁当を作る際に意識したい3つのこと【質/量/組み合わせ】
筋トレはじめたから筋肉のためにこれからは弁当を持参しようと思うけど、どんな感じで作ればいいん?という疑問をも持つあなたへの記事になります。本記事では筋肉弁当を作る際に意識することを解説。記事内で解説してるポイントを押さえると確実に筋肉はつきます!

では、終わり😉

以上筋トレしてる人が鶏胸肉ばかり食べる2つの理由【低カロリーだけじゃない】でした。

コメント