チョコザップの持ち物は5つ【服装自由かつ土足OKなので手ぶらでも大丈夫】

ちょこざっぷ持ち物

あなたはチョコザップに通おうと決めたもののジムには慣れておらず、何を持って行けばいいのか不安ではありませんか?

カイ
カイ

本記事では、ジム歴10年の筆者が「チョコザップに行くときの持ち物」について解説してます。

結論として、チョコザップは服装自由かつ土足OKなジムなので扉の解錠に必要となるQRコードを表示するための「スマホ」さえあればこれといって問題ないとも言えます。

なのであまり心配せず持ち物ゼロで手ぶらでチョコザップに向かっても大丈夫。なので以下では一般的にジムに行く際の持ち物についてまとめておきます。

以下の持ち物さえ意識しておけば、はじめてのジムでも不安なく快適に安心してトレーニングでき、体型の変化も加速することに。

チョコザップの持ち物は5つ【服装自由かつ土足OKなので手ぶらでも大丈夫】

繰り返しますが、チョコザップの持ち物としてスマホだけは必要です。チョコザップアプリで以下のようにQRコードを扉にかざさないとジムに入れませんので。(帰る際は手動orQRコードで解錠可)

ちょこざっぷ持ち物

冒頭で触れたように、正直あとは手ぶらでもさほど問題ありません。チョコザップは「服装自由」「土足OK」なジムでもありますので。

以下ツイートからもわかるように、基本的にはみなさん運動する感じのウェアで利用していますが、仕事帰りに「スーツ&革靴」で筋トレされてる方もおられるぐらいです。

なのでスマホ以外だと以下の物があれば全く問題ありません↓

飲み物
⇒チョコザップにウォータークーラーなどはないので、汗をしっかりかく場合は水分があった方が安心安全。(一部の店舗ではエネルギードリンクなどの販売有)

タオル
⇒チョコザップは各マシンにウェットティッシュが備えつけてありますが、念のため持って行って損はしません。(汗をかきやすい体質ならなおさら)

着替え
⇒チョコザップにシャワーはありませんが更衣室はもちろんあります。ですから汗や動きやすさなどが気になる場合はスポーツウェアを持っていくといいでしょう。

イヤホン
⇒ジム内に音楽はかかってないので、スポティファイなどで音楽を聞きながらテンションを上げてトレーニングするのもありです。(WiFiは通ってます)

※チョコザップに鍵付きのロッカーはないので、以下のようなウェアだと財布またはカード類だけポケットに入れることができ貴重品の心配も不要に↓


⇒ナイキのウインドーブレーカー

また特にセルフエステを利用する場合はタオルは必要になります↓(もちろんエステルーム内にペーパータオルなどは準備されてますが)

ちょこざっぷ持ち物

そんなわけでスマホとタオルなど計5つの持ち物さえ意識しておけば全く問題ありません。快適にダイエットやボディメイクに励めます。

  • スマホ
  • 飲み物
  • タオル
  • 着替え
  • イヤホン

(⇒入会の詳しい手順はちょこざっぷ入会の初期費用はいくら?【今だけ入会金と事務手数料は無料】で解説してます)

以上チョコザップの持ち物は5つ【服装自由かつ土足OKなので手ぶらでも問題なし!?】でした。