クリスバムステッドはまだ25歳「彼をフィットネスに導いたきっかけとは」

クリスバムステッド

筋肉万太郎
筋肉万太郎

クリスバムステッドについて詳しく教えて。

クリスバムステッドの食事とかトレーニングはどんなん?

と思っているあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年でボディビルやフィジークの大会で優勝経験あり。

 

そんなわけで今回はクリスバムステッドの体づくりの秘訣を解説します!

 

プロの選手の取り組みを参考に少しでも体づくりを加速させていきましょう。

 

では詳しくみていきます。

 

クリスバムステッドはこんな人

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chris Bumsteadさん(@cbum)がシェアした投稿

 

名前:Chris Bumstead

身長:185.5㎝

体重:オフ102.1キロ オン93キロ

年齢:1994年生まれ(25歳)

職業:プロのボディビルダー、

 

クリスバムステッドと言えばそうです今年のミスターオリンピア2019のクラシックフィジークというカテゴリーで見事に優勝した人物

 

クラシックフィジークとはフィジークとボディビルの中間のようなカテゴリーで身長に対する体重制限がある部門。

 

なのでボディビルよりもウエストの細さなどが重要視されるカテゴリになります。

 

カイ
カイ

簡単に言うと究極の逆三角形かつ脚の太さを求める感じ。

 

その部門での世界チャンピオンがクリスバムステッド。今回はそんな彼の今までについて迫っていきたいと思います。

 

若い頃

カナダはオンタリオ州に生まれたクリスバムステッド。

 

幼いころから様々なスポーツをしていて、「一番になるためには一生懸命に練習しなければならない」ということを学んだ。

 

そうこうしているうちに彼はジムでの時間を過ごすようになる。この時の気持ちを彼は「ジムとの恋に落ちたんだ。」という風にも表現しています。

 

本格的にトレーニングしだしたクリスバムステッドは自身の体に自信を持つように。

 

そして姉の彼氏との出会いが彼を変え始める。

 

その彼氏がクリスバムステッドに「大会に出て競技者になるよう」提案したのだ。

 

カイ
カイ

プロの選手の多くが「誰かに誘われてフィットネス業界に入る」パターンですね。

 

これに関してクリスバムステッドはこう言っている。

彼は今もそしてずっと僕にとっての偉大な指導者だ。僕をコンテストに導き、その過程を通してコーチングもしてくれたし。

 

初めてのコンテストに出た後、彼はしっくりきて「僕が生きていくべき場所を見つけた」ような気持ちになったという。

 

それからというもの2016年21歳でプロカードを獲得し注目されるようになり、今年のミスターオリンピアでは優勝までしたのだ。

 

カイ
カイ

まだ25歳ということもあってこれからどうなっていくのが気になる選手の一人でもあります!

 

ではそんな彼の筋肉を作り上げたトレーニングを見ていきましょう。

 

クリスバムステッドの筋トレ

クリスバムステッドは5分割(胸、背中、肩と四頭筋、腕、ハムストリングとお尻)という感じでトレーニングしています。

 

決まったオフは必要と感じるまでとらないそう。

 

ではクリスバムステッドの具体的な筋トレメニューの一例を解説していきます!

 

背中のトレーニング

・デッドリフト

→10回、8回、8回、つぶれるまで、の4セット

 

・ベントオーバーロウ

→12回、10回、8回、8回の4セット

 

・ラットプルダウン

→12回から15回を4セット

 

・ダンベルロウ

→15回、12回、10回、10回の4セット

 

・マシンロウ

→20回を3セット

 

・バックエクステンション

→限界まで、を2セット

 

カイ
カイ

動画はデッドリフトだけですがこの時まだ21歳ですからね笑。

筋肉万太郎
筋肉万太郎

末恐ろしい汗っ。

常に一定のスピードで動作していてかつ腰が全く負けてませんね

 

腰が負けるというのはウエイトが重たすぎて腰が曲がること。重たすぎると腰が負けてまでもウエイトを挙げようとしてケガするので注意!

 

種目ごとにレップ数に変化があり様々な刺激を与えることができるので個人的には好きなメニューです。

 

胸と二頭筋のトレーニング

・インクラインダンベルプレス

→15回、15回、12回、12回、10回の5セット

 

・スミスペンチプレス

→12回、10回、8回、8回の4セット

 

・インクラインダンベルフライ

→15回、12回、12回の3セット

 

・ケーブルフライ

→12回から15回の3セット

 

スーパーセットで腕立て伏せ

→限界までを3セット

 

・バーベルカール

→15回で3セット

 

スーパーセットでリバースカール

→限界までを3セット

 

・マシンプリ―チャーカール

→10回から12回で3セット

 

スーパーセットでハンマーカール

→8回から10回の2セット

 

カイ
カイ

インクラインダンベルプレスはクリスバムステッドお気に入りの種目だけあってかなり丁寧な動きですね。

 

ネガティブでは若干ゆっくり動作して負荷を感じてます

 

ボトムでの切り返しでも反動を使わずとにかくキツイフォームでやってます。

 

他の動画ではベンチプレスをしているのですが、

 

足で地面をつま先方向にけるような感じでフォームを組んでいて、下半身からしっかりと力を上半身に伝えられていたりとトレーニングのうまさが感じられます。

 

ハムストリングのトレーニング

・ライイングレッグカール

→15回の4セット

 

・スティフレッグデットリフト

→15回から20回の4セット

 

・スタンディングレッグカール

→15回を2セット

 

・リバースハックスクワット

→15回から20回の4セット

 

・グルートキックバック

→12回から15回の3セット

 

お尻のマシンは日本だとほとんど置いてない所が多いです。

 

カイ
カイ

ハムストリングに関してはスティフレッグデットリフトなどのストレッチを高回数でやるのは個人的にはそこまでおすすめしません。

 

というのもハムストリングでのストレッチ種目は股関節を動かすことになり、

 

高回数でやると先に腰の方が疲れてハムストリングが追い込めないことがあるから。

 

筋トレメニューのマンネリ化を防ぐためなら良いですがいつも高回数でやるのはそこまで勧めません。

 

肩と三頭筋のトレーニング

・サイドレイズ

→15回を3セット

 

・ダンベルショルダープレス

→12回を3セット

 

・バーべルフロントレイズ

→12回を3セット

 

・シングルアールケーブルリアレイズ

→20回、15回、12回、12回の4セット

 

・アップライトロウ

→15回、12回、12回の3セット

 

・ロープフェイスプル

→15回、12回、12回の3セット

 

・マシンサイドレイズ

→15回を3セット

 

・ベンチディップス

→12回から15回を4セット

 

・スカルクラッシャー

→12回から15回を4セット

 

・リバースグリップスカルクラッシャー

→8回から10回を4セット

 

・シングルアールケーブルキックバック

→12回、10回、8回の3セット

 

クリスバムステッドは他の部位でのトレーニングでもそうなのですが、

 

トレーニング中に体が全くブレずに対象筋に負荷がのったままなのが見てとれます。

 

カイ
カイ

それでいて高重量を扱えているのでハンパないです。これがあの体を作る秘訣なのでしょう。

 

四頭筋のトレーニング

・レッグエクステンション

→15回を3セット

 

・スクワット

→8回を2セット(ヘビー)、10回から12回を6セット(軽め)

 

・レッグプレス

→40回、30回、20回、10回の4セット

 

・ランジ

→6回から8回の4セット

 

脚に関しては四頭筋とハムストリングで分けていることがあるため、そこまで種目数は多くはない。

 

ですが高回数からヘビーなものまで幅広い刺激を得ることができるメニューとなってます。

 

スクワットでも動作を途中で止めることなく動かし続けていて、とにかくハードかつ仕事量の多いトレーニング。

 

カイ
カイ

ここまで全身の筋トレメニューを見てきましたが、クリスバムステッドはプロの選手の中でもかなり丁寧なトレーニングをしているという印象。

 

ただウエイトを挙げているだけでなく、一番キツイ負荷がかかった所を逃さないように挙げているというニュアンス。

 

ウエイトは振り回せば誰でもそれなりに重たいものを持てますからね。そこを勘違いしないように。

 

筋肉をデカクするにはあくまで狙った筋肉に最大の刺激を与えること!

 

では最後にクリスバムステッドの食事メニューをみていきます。

 

クリスバムステッドの食事メニュー

クリスバムステッドいわく

小さな変化が出るまで1日6食(固形物は)で同じものを食べ続けるよ。そうすることで体が必要なものがわかってくるんだ。

その後で目標達成のために食事に小さな変化を加えていくよ。

コンテスト前には普段と違うものを食べないのがポイント!だってその食品が自分の体に合うかわからないからね。

 

そんな彼の食事例がこちら。

・食事1:卵白345g、全卵2個、オートミール230g

・食事2:チキン226g、ジャスミンライス230g、野菜

・食事3:白身魚226g、じゃがいも200g、野菜

・食事4:白身魚200g、ジャスミンライス460g

・食事5:プロテイン

・食事6:チキン226g、じゃがいも170g、ブロッコリー、アスパラガス

・食事7:卵白約500g、全卵3個、野菜

 

とまあ安定のプロの選手の食事ですね。

 

炭水化物、タンパク質、良質な脂質(黄身)に野菜といったまさに高栄養素な食事メニュー。

 

ハンパない体を作るにはやはり食事管理は欠かせないので少しでも参考にしていきましょう!

 

以上クリスバムステッドはまだ25歳「彼をフィットネスに導いたきっかけとは」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました