置き換えダイエットは効果ない?【痩せるための注意点は3つ】

置き換えダイエット効果

今までダイエットしてきたけど、どれもしっくりこず途中で挫折。でも置き換えダイエットなら簡単そうやし自分でもできそう。そんなわけで、置き換えダイエットの効果とかコツが知りたい。。

なんてあなたは思ってませんか?

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

ゆえに毎年5キロから10キロほどダイエットをしています。

なので様々なダイエット理論についてももちろん熟知。

そこで今回は、「置き換えダイエットの良し悪し」について解説。

以下の内容を押さえておくことで、置き換えダイエット含めダイエットの本質が理解でき、より効果的に痩せることが可能になります。

置き換えと言えど何も考えず置き換えていては、特に痩せないかも!?

では詳しくみていきましょう。

置き換えダイエットとは

結論として、置き換えダイエットとはその名のとおり、普段の食事を1食から2食ほどプロテインやスムージーなどに変えるダイエット方法のことを言います。

そうすることにより摂取カロリーが抑えられ、結果として体脂肪が燃焼されるといったように。

ですから適切に行うともちろんダイエット効果はあります。

具体的には以下のようなイメージ↓

(女性の場合)

*普段の食事

・朝⇒500kcal

・昼⇒600kcal

・夜⇒700kcal

(計1800kcal)

*置き換えダイエット時

・朝⇒500kcal

・昼⇒600kcal

・夜⇒置き換えドリンクで200kcal

(計1300kcal)

体を正常に機能させ維持するためだけに必要なエネルギーである「基礎代謝量」は、男性なら1500kcal女性なら1200kcalほどになります。

(身長や筋肉量や年齢などでも数値はやや前後)

ですからいわば通勤でのウォーキングや軽い運動を日常的に取り入れているのであれば、1日の消費カロリーは男性なら1800kcal女性なら1500kcalほどに。

なのでそれらの数値よりも少し低い摂取カロリーにすると、ダイエットは進むことが考えられます。

ダイエットの基本は日々「摂取カロリー<消費カロリー」の状態を積み上げていくことなので。

ここで先ほどの例を考えてみましょう。

普段の食事なら1800kcalなのに対して、置き換えダイエットだと1300kcal。

女性の場合1500kcalほどの摂取でダイエットすることが可能ですが、前者だと300kcalオーバー、つまり体脂肪が蓄積されていくことになります。

対して後者だと200kcalの不足、言い換えるとその不足分のエネルギーを体脂肪を燃焼することで生み出すことに。

カイ
カイ

そういった意味で、1食をプロテインなどに置き換えることで摂取カロリーを抑えればダイエットが進む可能性は大いにあります。

加えて普段の食事だと、どうしても炭水化物や脂質が中心となりタンパク質が不足しがちに。

(パスタ+スープ+デザートのセットなど)

タンパク質は筋肉や肌など体の20%を構成する重要な栄養素なので、これでは筋肉が落ち代謝も下がり痩せにくい体に。

そういった際に、プロテインへの置き換えだと不足しがちなタンパク質が補えるのでその点は評価できるポイントです。

なので手軽にダイエットに取り組めるといった意味では、置き換えダイエットも効果が期待できる場合もあります。

ですが、いくつかの注意点を押さえないと逆効果なことも。

置き換えダイエットを効果的に行い成功させるためのコツ

適切な置き換えダイエットを行う上での注意点は以下のとおり。

・置き換える回数は1回が吉

・カロリーを意識しないと効果がないかも

・期間を決めて置き換えダイエットを実施する

では順に解説していきます。

置き換える回数は1回(1食)が安心

置き換えダイエットは別に「置き換えれば置き換えるほど痩せる」なんてものではありません。

先ほどの例で仮に朝と夜の2回をプロテインなどに置き換えると、1日の摂取カロリーは200kcal+600kcal+200kcalで1000kcal。

女性なら1500kcalほどでダイエットが進むことが予想できるので1000kcalなら、先ほどのトータル1300kcalよりも早いスピードでダイエットが進むことも考えられます。

ですがそれもつかの間、人間の体は環境に適応する能力が高いので、少ない摂取カロリーならその少ない摂取カロリーで体内でやりくりしようとします。
カイ
カイ

つまり代謝を下げ、省エネモードで機能しようとします。

いわゆる停滞期。

これでは仮に1000kcalの摂取カロリーでもダイエットが進まなくなることもあり得ます。

加えて代謝が下がりリバウンドのリスクが上昇する原因にも。

ですから「摂取カロリーを少なくすればするだけ効果的」なんてことはないことを覚えておいてください。

置き換えるなら1回だけにするのが無難です。

(以下の方のように↓)

カロリーを意識しないと効果がないかも

置き換えダイエットは食事をプロテインなどに置き換えるだけなので、気軽に取り組めるのは確か。

ですがいくら置き換えようがダイエットが進まない場合もあります。

例えば普段から以下のような食事をしていたとします。

・朝⇒800kcal

・昼⇒800kcal

・夜⇒800kcal

こういった食事から夜だけをプロテインなどに置き換えたら800kcalから200kcalに。

となると1日の摂取カロリーは800kcal+800kcal+200kcalで1800kcal。

ですが先ほどから触れてるように、女性の場合1500kcalほどがダイエットが進むかどうかの1つの目安になります。

カイ
カイ

なので1800kcalではおそらくカロリーオーバーとなり、ダイエットは進まないことが予想できます。

そういった意味で、「置き換えたから絶対に痩せる」なんてことはないと理解しておく必要があります。

また、そのためにはあなたが普段から口にしている食事に含まれるカロリーを知っておくことも必要。
(⇒参考:ダイエットノートの書き方とその目的【あなたに合った痩せる方法を確立】

ですから置き換えダイエットをするのであれば、その前にまず上記のような簡単な計算を行って、置き換えた場合に1日の摂取カロリーが男性なら1800kcal女性なら1500kcalほどになるかを確認するようにしてください。

(とは言え、なにも考えず夜ご飯をプロテインに置き換えるだけでも摂取カロリーは大幅に減らせるので、今までのように太ることは防げます)

※参考:低カロリー高栄養素かつ美味しいダイエット弁当「ダイエティシャン」について↓

【レビュー】ダイエティシャン(Dietician)の口コミは本当か検証してみた
ダイエットやボディメイク成功に食事管理は欠かせない。でも自炊はめんどうかつ味気ないものを食べ続けるのはストレス。そんなあなたこそダイエティシャンを活用するのが吉。本記事ではダイエティシャンの口コミが本当か、実食しつつレポートしてみました。

期間を決めて実施すると効果あり

ダイエットは基本的に人間の生理的な反応に逆らう行為。

ですから長期的に続ければ続けるほど、代謝が下がるリスクは出てきます。

(筋肉が落ちる可能性も上がってくる)

加えて食欲も強く出てくることも。

そうなると待ってるのは、食欲に耐えることができず暴飲暴食などに走ってリバウンドするパターンです。

そうなってしまっては、せっかくダイエットしても元通りかそれ以上にひどい体型になってしまいます。

カイ
カイ

ですから置き換えダイエットに限らずダイエットは期間を決めて行い、それ以外の時期は「維持期」や「やや増えても仕方ない時期」などに分けて、取り組んでいくのが吉。

以下のようなイメージで↓

(女性の場合)

・4月から7月(1500kcalほど)
⇒ダイエット時

・7月から12月(1500kcalから1800kcalほど)
⇒維持期

・12月から4月(2000kcal以上の日も良しとする)
⇒やや緩い時期

こういった感じで期間を分け、ダイエットというか食事調整をライフスタイルに取り入れることで長期的により良い体を維持または改善することができます。

補足:特に40代あたりから筋肉の減少もあり代謝は落ちやすいです。

ですから年中ダイエットなんてことをしていてはどんどん不健康な体に。

そうならないためにダイエットはそこそこに筋トレを日常的に取り入れる方が、効率的かつ安全にスタイルを改善できます↓

おばさんが痩せるには【50代の本気ダイエット成功に必須な2つのこと】
私ももう50代のいわゆるおばさん世代。とは言え、人生はまだ続くしここらでダイエットに挑戦して痩せてみたい!今までの自分とはおさらばして。なんて思ってませんか?本記事ではおばさん世代の方が痩せる際に意識したいダイエットのルールについて解説。こうすれば健康的に痩せます。 

そんな置き換えダイエットですが、何と置き換えるのが効果的なのか?

置き換えダイエットはプロテインが効果あり(スープは効果ない?)

置き換えダイエットの良し悪しがわかったところで、最後に「では何と置き換えるのが効果的なのか」についてサクッとまとめておきます。

置き換えダイエットと言うと、「DHCのプロテインダイエット」をイメージするかもですがやはりプロテインなどへの置き換えが基本。

具体的には以下のとおり↓

・【自作スムージー】
⇒自身の好きな食材を入れれるがゆえ、以下の置き換えアイテムに比べカロリーが多くなる可能性も。

【ソイプロテイン】

 ⇒ホエイプロテインより消化吸収が緩やかゆえ、空腹感の緩和に使えるので特に夜ご飯の置き換えには便利。これで「空腹で寝れない」とはおさらば。

【マルチプロテイン】

テレビでも話題の女性に特化したプロテイン。ソイプロテインとホエイプロテインをミックスしたものでそれぞれの良さが相まって体づくりには単体のものより効果的。

【完全栄養の主食ベースブレッド】

⇒タンパク質はじめとことん栄養素を詰め込みかつ美味しい1000万食を超えて売れに売れてる最強のダイエットパン。

カイ
カイ

ここで注意したいのは「置き換えスープ」などといった栄養が過度に少ないものを試してしまうこと。

そういったタンパク質を含め栄養素が少ないものだと、ただでさえ栄養が不足しがちなダイエット中にはNG。

筋肉の減少や代謝の悪化を招くことになるので。

ですから上記プロテインやベースブレッドなどタンパク質やビタミンミネラルを多く含むものと置き換えるのが効果的です。

※参考:ベースブレッドの徹底レビュー↓

ベースブレッドで太るは嘘【痩せる食べ方をダイエットのプロが解説】
「ベースブレッドがダイエットに効果的て耳にしたけど、その反面ベースブレッドは太るなんて噂も聞くけど実際どうなんやろ?」という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では完全栄養の主食であるベースブレッドのダイエット効果について徹底解説。

【まとめ】置き換えダイエットは適切に行うと効果大な結果を生みます

上記の内容が、置き換えダイエットの適切なやり方になります。

置き換えダイエットと言うと、置き換えるだけがゆえに手軽に取り組めるダイエット方法。

ですがそれゆえ過度に摂取カロリーが少なくなり代謝が低下したり、逆に置き換え以外の食事で食べ過ぎていれば、置き換えダイエットをしてもダイエットは進まなかったり。

ですから仮にあなたが置き換えダイエットをするのであれば、まずは普段の食事の摂取カロリーを知り、置き換えた場合を想定してダイエットが進むかどうかを予想してみてください。

そうして2週間から1ヶ月ほど継続し体型や体重の変化を客観視していくのが吉。

ではさっそく以下プロテイン等で置き換えダイエットを始め体型を変えて、ファッションやグルメをより楽しめるライフスタイルを獲得しましょう↓

【ソイプロテイン】
⇒消化吸収が緩やかで腹持ちが良いので置き換えやすい

【マルチプロテイン】
⇒動物性と植物性の両方のタンパク質が含まれるため体づくりには最適

【完全栄養の主食ベースブレッド】
⇒1000万食を超えて売れに売れてるダイエットパン

では、終わり😉

※参考:自炊も筋トレもしたくないけど痩せたいなら以下の記事をチェック↓

ダイエットがめんどくさいズボラなあなたでも快適に痩せる方法
昔から飽き性な私。運動はめんどくさいし自炊もだるい。そんなズボラな生活がたたって気づけばまじでダイエットしないとヤバいと思う体重に。とは言え私。ダイエットはめんどくさいし「今日は食べちゃえ」を繰り返していたら、本当の本当の本当に体重が増えたのでさすがにダイエットを決意といった状況のあなたへの記事になります。

以上置き換えダイエットは効果ない?【痩せるための注意点は3つ】でした。