飲むだけで痩せるは嘘【ダイエットサプリの効果を台無しにする要因】

飲むだけで痩せる嘘

「飲むだけで痩せる!」 みたいなダイエットサプリをよく見かけるけど、あれって絶対ウソやと思う。

でもそのダイエットサプリの口コミとか見たら「3キロ痩せました」とか書いてあったりもする。

実際ダイエットサプリの効果ってどうなんやろ。。

なんてあなたは思ってませんか?

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、毎年5キロから10キロはダイエットしています。

過去には以下の記事でレビューしてます「ファスティング」をしたことも↓

【体験談】優光泉のファスティング1週間やって2キロ落ちたやり方
インスタとか見てるとダイエットや健康のためにファスティングやってる人がけっこういる。中でもファスティングと言えば「優光泉」が有名らしいけど、実際ダイエット効果はどうなんやろ?あとやり方とか飲み方とかも気になる...と、優光泉のファスティングを試そうか迷っているあなたへの記事になります。

そこで今回は、そんな僕の経験も踏まえて「飲むだけで痩せると言われるダイエットサプリの効果」について解説。

以下の内容を理解しておくことで、今後あなたがダイエットする上でより適切な方法を選択でき、ダイエット成功の確率はグッと上がります。

では、詳しくみていきましょう。

飲むだけで痩せるは基本的にありえない【ダイエットサプリとは】

結論として、「ダイエットサプリを飲めば痩せれる」といった安易な姿勢でダイエットサプリを利用すると、ほぼ確実にその効果は体感できないのが現実です。

そもそも飲むだけで痩せるとされるダイエットサプリは以下2パターンに分類可↓

①食事の吸収をブロックするもの
⇒糖質や脂質の吸収を妨げ、血糖値を下げたりする成分がメイン

②体脂肪の燃焼をサポートするもの
⇒体脂肪をエネルギーとして使われやすくする成分がメイン

なので仮にダイエットサプリを試すのであれば、普段から筋トレなどをして食事管理にも興味関心がある場合は後者のタイプ。

対して特に体づくりに関する知識や経験がない場合は前者のタイプを活用する方が、適切かとは思います。

(食事制限のみでダイエットするため)

ではそれらダイエットサプリにはどういった成分が含まれているのかをみていきます。

ダイエットサプリに含まれる主な成分

まずは食事の吸収を妨げる系のダイエットサプリ(カロリミットなど)に含まれる成分について。


Amazonでチェック!

⇒キトサンは蟹などの甲殻類の殻に含まれるキチンといった成分を加工することで得られる動物性の食物繊維になります。

そんなキトサンは食事に含まれる脂質と一緒になり体外に排出する作用があったり。

他には腸内環境を整え、代謝を正常に保つ効果も期待できたりします。

⇒ギムネマには糖質の消化吸収を遅らせ血糖値を下げる作用が期待できます。

我々の体は糖質をとると、それを体内で処理する際にインスリンを分泌。

とは言え、インスリンは少なからず体脂肪の蓄積をも促す働きがあるので、過剰には分泌させたくないホルモンになります。

ですから血糖値を下げることで、インスリンの過度な分泌を抑えることは1つダイエットに有効と考えられます。

カイ
カイ

これら2つの成分に加えてカロリミットでは、食後の血糖値の上昇を抑える効果が期待できる「桑の葉エキス」なども含有。

では次に、体脂肪の燃焼をサポートする系(ファイナルバーンなど)に基本的に含まれる成分について。

楽天で値段をチェック!

⇒我々の体脂肪はそのままの形で燃焼されるのではなく、体内でエネルギーとして使える形まで処理され使われてはじめて燃焼つまり減ることになります。

そんな体脂肪が遊離脂肪酸とグリセリンといった体内で処理できる形になるのをサポートするのがカフェイン。

⇒先ほどカフェインで体脂肪を2つの物質に分けました。

その分けられた物質をエネルギーとして活用するための工場(ミトコンドリア)に運ぶ作用がLカルニチン。

ですからカフェインと組み合わせることで、より効率よく体脂肪を燃焼することが可能に。

⇒茶カテキンは最近の研究では、肝臓や筋肉での脂質の代謝を促進することが確認されています。

言い換えると、先ほどの体脂肪の分解と燃焼の両方をサポートするようなイメージ。

ですからカフェインやLカルニチンに加えて体脂肪の燃焼には効果的と考えられます。

主にこのような成分が含まれているのがダイエットサプリ。

カイ
カイ

とまあここまで読むと、ダイエットサプリは何かしらダイエットに効果的と感じるかと思います。そう、何かしら…。

「飲むだけで痩せるは嘘」という結果に至る原因

上記のようにダイエットサプリ自体には、

・血糖値の上昇を抑えたり

・脂質や糖質の吸収を抑えたり

・体脂肪の燃焼をサポートしたり

する成分が入っているのは事実です。

カイ
カイ

ですがダイエットにおいて、最も影響が大きい部分はカロリー収支。

言い換えると、摂取カロリーと消費カロリーのバランス。

仮にいくらダイエットサプリを飲もうが、摂取カロリーの方が消費カロリーを上回っていると、体は余ったエネルギーを体脂肪として蓄積するようにできています。

これは不変の真理。

ですから「パーソナルトレーニングはもったいない?【必要性と効果を徹底解説】」でも解説してるように、ダイエットは筋トレと食事制限をセットで行うのが最も効果的と言えます。

消費カロリーを上げ摂取カロリーを下げる意味で。

加えていくら砂糖など血糖値を急激に上げる食品を食べようが、1日を「摂取カロリー<消費カロリー」で終えているなら体脂肪は減りますダイエットは進みます。

ですからダイエットサプリで血糖値を下げたりすること自体は体脂肪の燃焼に効果的と考えることはできますが、その効果を大きく上回る影響力を持つのが「カロリー収支」ということは覚えていおいてください。

以下ツイートにもあるように、まずは摂取カロリーを調整することがダイエットには欠かせません↓

なので以下の記事でもレビューしてます「ナッシュ」や「ダイエティシャン」など、ヘルシー宅配弁当を活用して摂取カロリーをコントロールする方が何倍もダイエットには効果的です↓

筋トレ民にナッシュ(nosh)は微妙!?【ダイエットに使う際の注意点】
趣味は筋トレで、筋肉をつけるには栄養管理が大事なそうやけど、自炊が厳しいから「ナッシュ」ってヘルシー宅配弁当でも使おうかと思うけどアリ?筋トレ効果的にどう?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではナッシュが筋肉的に有効かどうかを口コミなども交えて解説。
ダイエティシャン(Dietician)の口コミが本当か買って検証
ダイエットやボディメイク成功に食事管理は欠かせない。でも自炊はめんどうかつ味気ないものを食べ続けるのはストレス。そんなあなたこそダイエティシャンを活用するのが吉。本記事ではダイエティシャンの口コミが本当か、実食しつつレポートしてみました。

【まとめ】ダイエットサプリを飲むだけでは痩せないのが現実

上記の内容が、一般的な捉え方ではダイエットサプリに効果は期待できないと言える理由になります。

確かに、ダイエットサプリには本記事で解説したようなダイエット効果があります。

カイ
カイ

ですがダイエットの本質を理解しておかないと、それらの効果が生かされないだけでなく、いくらダイエットサプリを試そうがむしろ太る可能性さえあります。

(普段の食事で「摂取カロリー>消費カロリー」ならダイエットサプリを飲んでも意味がないと考える方が妥当)

ですから基本的にダイエットサプリはすでにダイエットが順調に進んでいる場合に、そのスピードをさらに上げたい時に活用するのが吉。

決してダイエットできない場合に使う、必殺技のようなものではないということだけは認識しておいてください。

僕自身もダイエットがうまくいってない時に、わらにもすがる思いでダイエットサプリを取り入れましたがやはりダイエットは特に加速しませんでした。。

やはりダイエットがうまくいかない原因はサプリなんかにはなく、普段のカロリー収支や栄養バランスにあるということです。

ですから以下の記事でレビューしてます完全栄養の主食「ベースブレッド」なんかも活用しつつ、まずは摂取カロリーを約1500kcal以下(男性なら約2000kcal)に抑えることが必要に。

ベースブレッドで太るは嘘【痩せる食べ方をダイエットのプロが解説】
「ベースブレッドがダイエットに効果的て耳にしたけど、その反面ベースブレッドは太るなんて噂も聞くけど実際どうなんやろ?」という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では完全栄養の主食であるベースブレッドのダイエット効果について徹底解説。

では、終わり😉

以上飲むだけで痩せるは嘘【ダイエットサプリの効果を台無しにする要因】でした。