当サイトはプロモーションを含みます

ベースブレッドは太る?痩せない原因を定期購入者が解説

著者情報
カイ

筋トレ歴10年で、ボディビルやフィジークのコンテストでの優勝経験あり。ゆえに正しい筋トレ方法やダイエット方法を熟知。当サイトではそんな筆者が、適切な筋トレ方法やダイエット方法を解説してます。専門性を持ってすべての記事を執筆しています。

↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓

ベースブレッド太る

  • ベースブレッドはダイエット向き?
  • ベースブレッドは健康管理に効果的ってホンマ?
  • ベースブレッドは太るとも聞いたけど実際どう?

こんにちはカイです!

ボディメイク歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。

4年ほど前からベースブレッドも活用しつつ、ダイエット含め体づくりを行っています。

今回は、そんなベースブレッド通な筆者の経験も踏まえて、
「ベースブレッドのダイエットに適した食べ方」を解説。

以下で、ベースブレッドの痩せる食べ方を理解しておくと、今までよりダイエットや自炊が楽になることは間違いありません。

もう楽に楽しく食事管理しませんか?

カイ
カイ

筆者がそうだったように「ダイエット中でもパン食べれるんかい」とテンションは上げつつも、体重は落としていきませんか?

※関連:ベースブレッドの安い買い方は下記で解説してます↓

スポンサーリンク

ベースブレッドは太る?痩せない原因を定期購入者が解説

ベースブレッド太る

結論、*完全栄養の主食と呼ばれダイエットに便利なベースブレッドですが、
食べ方を間違えると太る可能性もなくはないです。

(*1食2袋で、栄養素等表示基準値に基づき、過剰摂取が懸念される脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウ ムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。)

具体的に、次のパターンだと太ることも考えられます。

  • お菓子の代わりを勘違い
  • 単に食べ過ぎ
  • アレンジ問題

お菓子の代わりを勘違い

前提として、ダイエットで体脂肪を減らすには摂取カロリーに対して消費カロリーを大きくすることが必要です。

仮に1日1500kcal摂取するなら、1600.1700kcalと消費しなければなりません。

カイ
カイ

そこでベースブレッドをうまく活用し、日々の摂取カロリーを抑えることがダイエットに適した本来の使い方。

そこを勘違いしてお菓子の代わりにベースブレッドを食べ、
お菓子を食べるときより摂取カロリーが増えてしまっては意味がありません。

太る可能性につながります。

お菓子の代わりにベースブレッドを食べて効果が発揮されるのは、あくまで「摂取カロリーが抑えられたとき」。

なのでお菓子を控える代わりと言え、
ベースブレッドを過度に食べると太ることもあるので注意。

(とまあベースブレッドは腹持ちもよく満足感があるので、お菓子のようにパクパクとは食べにくいですが。)

単に食べすぎ

間食で高カロリー高糖質なコンビニスイーツのようなお菓子を食べる代わりに、ベースブレッドを食べると摂取カロリーは減ります。

ですが仮にベースブレッドを日に1.2袋は食べるけど、お菓子も揚げ物も今までと同じようにそれなりに食べてるとどうでしょう?

その結果1日に2500kcalの摂取などになれば、男女ともにダイエットはうまくいかずむしろ太る要因にすらなります。

ですが単にベースブレッド以外の食事が過度なだけですよね?

よく「ベースブレッドに含まれる糖質が原因で太る」と言われますが、糖質だから太るわけでは全くありません。

単に摂取カロリーが過多なだけです。

なので摂取カロリーを意識すると問題なく痩せると思われます。

アレンジしすぎ

ベースブレッドはアレンジが流行ってる食品でもあります。

ですがインフルエンサーやアレンジする方の多くが、「あんこや生クリームにチョコソース」など糖質や脂質を多く含む食材を使っているのもまた事実。

となるとそのアレンジを真似し摂取カロリーが増えると、せっかく糖質も低く低カロリーなベースブレッドの良さが失われむしろ太る要因とさえなり得ます。

先ほど触れたように、ダイエットの根底はカロリー収支をマイナスにすること。

ですから、生クリームはじめハイカロリーなものをアレンジに加え過ぎれば、もちろんダイエットには逆効果。

ベースブレッドに置き換えてカロリーが増えれば意味がありません。

カイ
カイ

ですがこれまたベースブレッドの問題ではなく、その食べ方に問題があります。

正しい食べ方をすると、ベースブレッドがダイエットに便利なのは確かです。

\1億袋も売れてる人気っぷり/

ベースブレッド公式をみる⇒

ベースブレッドで太らないためには置き換えダイエット

ベースブレッド太る

食事管理するのに便利なベースブレッド。

カイ
カイ

個人的にはお菓子を食べて変にスイッチが入り、食べ過ぎてしまうのを防ぐ意味でも活用してます。ダイエット中はもちろん普段からも。

そんなベースブレッドですが、ダイエット目的で活用する場合は置き換えダイエットが基本です。

以下ツイートにもあるように↓

そうしてベースブレッドをうまく活用しつつ、1日の摂取カロリーを男性2000kcal前後、女性1500kcal前後にすると、ダイエットは成功すると考えられます。

以下のようなイメージで(女性がダイエットする場合)。

「今までの食事↓」

  • 朝⇒500kcal
  • 昼⇒600kcal
  • 夜⇒800kcal
  • 合計⇒1900kcal

「これからの食事↓」

またベースブレッド公式では1日2袋が基本とされていますが、あなたのベースブレッド以外の食事のカロリーを考慮してください。

無理に2袋を食べ続けるのではなく、ベースブレッドを取り入れ摂取カロリーを抑えることがダイエット成功には必要ですので。

加えて、仮にベースブレッドだけ食べる生活をしても痩せると考えられます。男性なら1日8袋、女性なら5袋を目安にすると。

この量なら、摂取カロリーを消費カロリー以下にしやすくダイエットに有効です。

ベースブレッドで太るは誤解で痩せるのに便利:まとめ

栄養満点で食物繊維が豊富なのもあり腹持ちもよく、
それでいてうまい&良心価格なベースブレッド。

やはりダイエット中であっても食事を楽しむことは必須です。

カイ
カイ

ストレスをためながら食事をしていては、ダイエットの継続それ自体が困難になることがほとんどですので。

そんなわけで、おいしいのに栄養豊富かつヘルシーなベースブレッドで、より体にも心にも優しい食事を心がけてみては。

そうして少しでも楽に楽しくダイエットやボディメイクし、着実に体型を変えていくのが吉。

「ベースブレッドとコーヒーでカフェ気分を楽しんでいたら、痩せてスタイルが良くなった」ら、こんな楽しいことありませんよね?

今は初回に限り20%オフ&継続の縛りもなく手軽に1回だけ試せるみたいなので、さっそくベースブレッド公式サイトで詳細をチェック。

(公式でも言われてるように、公式での購入が最安値です↓)

\1億袋も売れてるパン!?/

ベースブレッド公式をみる⇒

ベースブレッドのよくある質問

・原材料はなんですか?

プレーンだと小麦全粒粉、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉、もち米、発酵種、液卵、ライ麦全粒粉、小麦胚芽、米ぬか、バター、食用こめ油、チアシード、パン酵母、米酢、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母/酒精、調味料。

・糖質の量は?

プレーン20.7g、チョコレート25.9g、メープル27.1g、シナモン26.1g、カレー24.7g、食パン22.2g。といったように1食あたりの適正範囲(いわゆるロカボ)ゆえ、ダイエット中でも気軽に食べれます。

・添加物は入ってますか?

ベースブレッドは合成保存料や合成着色料など、余計な添加物は使わず作られています。

・賞味期限はどのくらい?

ベースブレッドの賞味期限は、注文日から約1ヶ月前後になります。合成保存料を使わず、水分や酸素のコントロールを行うゆえ、常温でも長期保存が可能だそう。

・継続コースは途中で変更できる?

次回お届け予定日の5日前までにマイページから変更できます。もちろん味や個数の変更もそちらでできます。

以上「ベースブレッドは太る?痩せない原因を定期購入者が解説」でした。

ダイエット

【下部ボタンからシェア大歓迎】今後の記事執筆の参考にもなりますので、記事を読んだ感想をTwitterはじめSNSでシェアしてくださると嬉しいです!

↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
FITNESS-FREAK