筋トレの基本法則3原理5原則は知ってる?【筋肥大に欠かせない】

筋トレ法則

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで長きに渡り筋トレしてるわけですが、今まで様々な筋トレ方法を「とある法則」に従いつつ試してきました。

そうです、基本的には筋肉が成長するにあたりある程度の法則つまりルールが存在。

なのでその法則にのっとって筋トレを進めていけば、おおむね間違いはありません。
逆にその「とある法則」を大きく無視していると、なかなか筋肉は成長しないことにも。

そこで今回は、そんなとある法則である「筋トレ3原理5原則」といったものについて解説していきます。

筋トレ初心者はひとまず上級者も実践するその原理原則に従ってトレーニングすることで、より効率的な筋トレが可能になります。

では詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

筋トレの基本法則3原理5原則は知ってる?【筋肥大に欠かせない】

結論として、筋トレで成果を出すための法則は大きく3つ。そしてその3つを押さえた上でもう少し細かく見ていくと5つのルールが存在します。

まずは大きい法則からチェック。

筋トレにおける基本の法則は以下の3つ。

✅過負荷の原理

✅特異性の原理

✅可逆性の原理

では順にみていきます。

過負荷の原理

これはよく「オーバーロードの原理」なんて言われたりしますが、「普段の生活で味わうようなことのない負荷をかけないと筋肉は成長しない」といった意味合いの原理になります。

筋トレは自重トレーニングにしてもウエイトトレーニングにせよ、何かしらの負荷をかけると思うのでそこまで意識することもないと言えばそうかもですが。

とは言え、筋トレに慣れてきた際に思い出したい法則です。

というのも、最近の筋トレに恐怖や興奮を感じてますか?

筋トレがマンネリ化しあまりに弱い負荷だと、筋トレ効果を最大限に活かしきれないかもです。

(以下ツイートにもあるように↓)

※参考:扱う重量が伸びない時に試したいこと↓

筋トレで重量が上がらない5つの原因とその解決策【一つずつ見直せばOK】
筋肉をつけるには前回より扱う重量や回数を増やす必要があるらしいけど、なかなか伸びない。ベンチプレスにしてもダンベルカールにしても、思ったように重量が伸びない時はどうすれば良いんや...。なんならいつも通りの力が出ない時すらある。なんて状況におちいってませんか?

特異性の原理

筋肉が成長するには様々なパターンがあります。

例えば、サイズを大きくするのかパワーをつけたいのか、はたまた持久力をつけたいのか。

筋トレはやり方によってその効果は変化します。

これが「特異性の原理」。

ですから筋肉のサイズをつけたいのに、持久力アップに向いている超高回数の筋トレとかをしていてはあまり効率が良いとは言えないことになります。

(以下ツイートにもあるように、筋肉をつけたいのにマラソンのようなトレーニングをしていてはNG↓)

そんなわけで、それぞれの目的にあった筋トレをしましょう。

※参考:なかなか筋肉がつかない原因について↓

あなたに筋肉がつかない理由はこの3つ【筋肉が肥大する要因を意識すべし】
普段から筋トレしてるのになかなか筋肉つかないんやけど。そういう体質とか、それともプロテインの回数とかにでも原因があるんかな...。なんて思ってませんか?本記事では筋肉がつかない理由と対策を解説。筋肉がつかない原因を知ればあとはその解決策を試せば問題なくデカクなれます。

可逆性の原理

筋トレを始めて継続し筋肉がついてきたとします。

ですがその筋トレを長期間やめてしまうと、筋肉は少なからず落ち以前の体に戻っていくことに。
(⇒参考:マッスルメモリーが存在すると言える3つの理由【筋トレは無駄にならない】

これが「可逆性の原理」。

ですから一時的にハードな筋トレに取り組むより、まずは継続しやすいルーティンを優先するのが吉。

(⇒参考:【初心者用】筋トレを週2回する時の3つの効果的なルーティン例

とは言え、だからってかなり手を抜いた筋トレをしていては、今度は「過負荷の原理」を無視することになりこれまた筋肉の成長は遠ざかることになるので注意。

といった3つの法則が、筋トレで成果を出していくためにひとまず押さえておきたい法則になります。

ですが基本的には、自然と実行できているものではないかとも思います。

なのでいまいち筋肉の成長を感じない時にでも、改めて見直すと良いポイントとも言えますかね。

では次にやや具体的な筋トレの法則をチェック。

筋トレ効果を高める法則【知っておきたい5原則】

先ほどの3つの原理は、筋トレを大きくとらえた時のもの。

今度はやや具体的に筋肉を成長させるために、意識して取り組むとより効果的と言えるルールについて。

そんな原則は以下の5つ。

✅意識性の原則

✅漸進性の原則

✅反復性の原則

✅全面性の原則

✅個別性の原則

では順にサクッと解説していきます。

意識性の原則

これは筋トレを始めると何かと耳にする内容になります。

「~を意識して」といったように。

「背中を意識しながら引っ張る」とか一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

(まあ「意識してどうにかなるなら困らへんわ!」って話ではありますが⇒【保存版】背中トレが効かない時の4つの打開策【これでバチバチに効く】

言ってしまえば、今やってる種目が「何のため」「どういった意図でやってるか」などを意識するだけでも筋トレの効果が変わってくるといった意味の原則になります。

上腕二頭筋の種目なら「二頭筋を使っていると頭でイメージ」する方が効果的ということ。

※参考:「効かせる」とも関係してきます↓

【効かせるとは】筋トレにおける効きへの意識と重量への意識の割合の違い
筋トレしてるとよく耳にする「効かせる」ってなんなんやろ。なんか特殊な技術なんかな?どうすれば筋肉に効かすことができるん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では効いてる状態や効かせてる状態についてそれぞれ言語化。そのトレーニングは効いてますか?

漸進性の原則

筋肉を成長させるには「徐々に筋トレの負荷を増やしていかないといけない」という意味の原則。

これが筋トレの醍醐味でもありますよね?

以前は持てなかったものが持てるようになるといった具合に。

カイ
カイ

最近はなんだかピンポイントで筋肉を狙う(効かせる)種目ばかりが重要視されて、「重量を伸ばす」ことが置き去りにされているようにも感じます。

ですが筋肉は基本的にはこういった「漸進性の原則」に基づいて成長するので、今後もずっと胸に刻んでおきたいルールの1つと思われます。

※参考:「5×5」で徐々に負荷を高めるのもあり↓

筋トレプログラムの「5×5」とは?【筋力を伸ばしたいあなたにピッタリ】
もう筋トレすること自体には慣れて、最近はBIG3とかの重量を伸ばすことに力を入れてるけどなかなか思ったようにいかへんのよなあ。それに10回3セットにも飽きてきたし。なんて状況におちいってませんか?本記事ではそんなあなたにピッタリの「5×5」の行い方を解説。「5×5」は筋力アップに優れたプログラム!?

反復性の原則

当たり前ですが、筋トレは繰り返し継続しないと成長しません。

これが「反復性の原則」。

1回ジムに行ったからって、正直なんにも筋肉には変化はありません。
(⇒参考:【実録】筋トレによる体の変化【半年では変わらないので1年は継続】

ですが何度も何度も来る日も来る日もジムに行き、筋トレすることで筋肉は成長していきます。

ですから反復性の原則にのっとって粘り強く筋トレを継続していきましょう。

※参考:モチベーションが上がらない時は以下の記事をどうぞ↓

筋トレのモチベーションを上げる7つの方法【これで鉄を握りたくなる】
筋トレってモチベーションある時はもちろん楽しいけど、なんかふとした時に下がってそこからダラダラと筋トレせん日が続いたりするんよな。そんな時になんか筋トレのモチベーション上げる方法とかない?というあなたへの記事になります。これで鉄を握りたくて仕方なくなります。

全面性の原則

こちらは筋肉は一部だけ鍛えるより、全体的に鍛えてやる方がその効果は大きくなるといった意味の原則。

例えば「胸を大きくしたい」からと言って、胸ばかり鍛えて背中を鍛えてなかったら筋肉のバランスが悪くなるだけでなく、関節が正常な位置に落ち着かずケガにつながることもあります。

腹筋と背筋の筋力バランスが悪く腰が痛くなるようなことも。

他には肩のフロントばかり重視してリアを軽視すると肩関節のケガにつながったり。
(⇒参考:肩トレでのフロント狙いの種目はやや控えめに【普段のツイートの補足】

そういった意味で、一部の筋肉だけでなく全身の筋肉をバランスよく鍛える方が結果として一部の筋肉にもプラスに働くということを覚えておく必要があります。

上腕三頭筋が強くなれば、胸のプレス系の種目でも扱う重量が増えて胸の強化にもつながるといったように。
(⇒参考:【経験談】ベンチプレスで100kg挙げるためにやってた3つのこと

そんなわけで、まずは全身を鍛えるのが吉。

個別性の原則

人間の体は人によってそれぞれ異なるので、同じ筋トレをしても筋肉の成長に差が出ることがあります。

これが「個別性の原則」。

ですからYoutuberがやってたからとそればかりマネしていても、なかなか成果が出ないことも普通にあり得ます。

なので色々と試しつつあなたに合う筋トレを探していくことが必要。

※参考:基本的な筋トレ量について↓

筋トレはどれくらいの量が効果的か【3点を意識して決定】
筋トレの効果的な量(セット数やレップ数)がわからへんわあ。どれくらい筋トレすれば良いんや?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では効果的な筋トレの量の決め方について解説。ただセット数など量を増やせば良いわけでもない!?

【まとめ】情報が多い時代だからこそ、まずは筋トレ3原理5原則を大事に

上記の内容が、筋トレの基本の法則である3原理5原則になります。

超簡単に本記事の内容をまとめると以下ツイートのとおり↓

今の時代は筋トレに関する様々な情報が溢れていますが、ひとまず上記の法則を基本に取り組んでいくのが無難です。

カイ
カイ

変にいろいろなやり方に手を出すよりまずは基本が大事。

上記の法則に従って筋トレしていく中で、効果がいまいちだと感じた際に手を加えていけば問題ありません。

では、終わり😉

※参考:3原理5原則を押さえた上で、筋トレフォームにも意識を向けていくとあなたの筋肥大はグッと進みます↓

まだ筋トレフォームの重要性を知らないの?【今すぐ改善すべき2つの理由】
筋トレでは単に重たいウエイトを扱えば筋肉がつくと思ってた。でも聞くところによると、なんか「フォームも大事」らしいけどそれってホンマ?筋トレフォームってそんなに意識した方が良いもんなんやろか...。などと思ってませんか?本記事では筋トレフォームの重要性を解説。フォームを改善することであなたが思ってるより筋肥大は進みます。

以上筋トレの基本法則3原理5原則は知ってる?【筋肥大に欠かせない】でした。

コメント