筋トレができない日は知識を蓄えればOK【休息日は必要です】

筋トレできない日

筋トレは休むと効果が半減するから、できるかぎり毎日ジムに行かなあかん。

やけど最近は仕事が忙しくてあんまり筋トレできてない。

もうどうしたら良いんや?筋トレできへん日は。

筋肉が落ちていく。不安…。

といった状況におちいってませんか?

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

僕も筋トレを始めて数年間はそのような不安を抱えていました。

そこで今回は、「筋トレできない日に取り組みたいことや、筋トレできない日の不安との付き合い方」について解説。

本記事を読むと、あまり気負わずに筋トレを継続できるようになるかと思います。

では詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

筋トレができない日は知識を蓄えればOK【休息日は必要です】

結論として、「筋トレできない日は疲労を取る日」と考えるのが吉。

筋トレを始めるとどうしても「筋トレは休むと後退する」「筋トレできないと筋肉が落ちる」などネガティブなイメージを持つようになります。

これは誰しも通る道かと。

ですが筋トレを数日ほど休んだからといって、筋肉が落ちるなんてことはそうあり得ません。

(仮に7週間ばかり筋トレをしなくても3週間ほど今までどおり筋トレをしていくと低下していた筋力などは元通りになったなんて研究もあったり。それ以降はそのまま成長の過程を辿ることに)

そんなわけで長期間に渡って筋トレができない日が続くとさすがに筋量や筋力は落ちるものの、取り戻すのに休んでた期間と同等の時間はかからないということ。

(⇒参考:マッスルメモリーが存在すると言える3つの理由【筋トレは無駄にならない】

カイ
カイ

ですが本記事を読んでいるあなたは、何も長期間の話ではなく数日ほど筋トレができない日が続く場合を想定しているかと思います。

となるとなおさら筋肉が落ちる心配は不要。

むしろ日頃の筋トレでの疲労が取れて、次回の筋トレでより力を発揮しやすい状態になることさえ考えられます。

筋肉が成長する要因には「漸進性の原則」「過負荷の原理」などがあります。
(⇒参考:筋トレの基本法則3原理5原則は知ってる?【筋肥大に欠かせない】

簡単に言うと、筋肉をつけるには前回のトレーニングより少しでも負荷を強くしていく必要があるということ。

そこで仮に疲労がたまった状態で、その原則を無視して筋トレしてるとどうでしょう?

前回より負荷の強いトレーニングは行えますか?

扱う重量や回数が伸びてますか?

そんなわけで筋トレはもちろん負荷をかけないと成果は出ないのですが、負荷をかけるためには筋肉の疲労をとることも必要なのです。

筋トレをすることが目的なら毎日のように筋トレすれば良いですが、筋肉を大きくすることが目的なら筋トレを休むこともそこに欠かせない要因の1つであることを理解しておくのが吉。

(以下ツイートにもあるように↓)

ですから筋トレできない日は、むしろ疲労回復の日と思いポジティブに捉えておけばOK。

※参考:疲労回復のコツは以下の記事で解説してます↓

筋トレ翌日のダルさを回復させる3つの方法【脳と筋肉の疲労をともに改善】
筋トレしてるとなんか疲れが取れへんように感じるけど、疲労回復に良い方法とかある?食べ物とかサプリとか...。という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋肉の疲労回復のために普段から意識したいことを解説。これでもうだるさに悩みません。
カイ
カイ

とは言うものの、それでも筋トレできない日は不安ですよね笑?

そこで筋トレできない日にやっておくのがおススメなことは、ズバリ「筋トレの知識を蓄える」です。

筋トレできない日は知識をつけるべし【頭の筋トレ】

上記のように筋トレできない日は、むしろ次回のより良いトレーニングのための準備と思えばOK。

(マジで定期的なオフは継続的な筋肥大には必要)

とは言うものの、まだ不安がぬぐえない場合もあるかと。

そんな時にやることは「体づくりの知識の蓄積」です。

筋トレにしても食事管理にしても、意外と自身の思い込みや固定概念で取り組みがち。
(⇒参考:【警告】自己流の筋トレがNGな2つの理由【適切な方向に努力しよう】

筋トレは他のスポーツと違い、なぜかコーチなどをつけず1人でやっていくのが基本とされていますよね。

ですが筋トレにだって、もちろん正しい手順や効果が出やすいやり方は存在します。

その例にフォームを意識せず行えば、ケガしたりなかなか体が変わらなかったり。

そんなわけで筋トレできない日こそ、頭の筋トレとして筋トレ本などを読み効果的なやり方や適切なフォームを学ぶのが吉。

といったように筋トレできない日があると何かと不安に感じることがありますが、

むしろオフを取らず刺激の強いトレーニングができてないかもしれない方が実はマイナスが大きかったりします。

ですから筋トレできない日はしっかり筋肉を休めると共に、知識を蓄え次回のトレーニングに活かしていく流れを意識するのが効果的。

(以下ツイートにもあるように↓)

※参考:筋トレ本をタダ読みする方法↓

【無料】kindleunlimitedで良質な筋トレ知識をつければデカクなる
デカクなりたい。筋肉ホシイ。そのためには、適切な筋トレ知識をつけないといけないことも最近になって気づき始めた。でもだからといって、有名トレーナーの1回9000円のパーソナルトレーニングはちと高い。神様、できる限りお金をかけずに筋トレについて学ぶ方法はないのですか...。なんて思ってませんか?

【まとめ】筋トレは筋トレだけが成果につながるわけではない

上記の内容が、筋トレできない日の不安の除き方とその日に取り組みたいことになります。

筋トレで筋肉をつけるとなると、どうしてもトレーニングを行うこと自体に力を入れがちに。

確かにトレーニングは筋肥大のスイッチを押すために不可欠な要素ですが、あくまでその要素の1つです。

仮に筋肥大のスイッチをオンにしても、タンパク質が不足したり質の低い睡眠をしていてはその効果を最大限に生かしきれません。
(⇒参考:睡眠が筋トレに与える2つの影響を甘く見るな【質を高める4つの方法】

カイ
カイ

そういった意味でも、トレーニングができない日は栄養摂取をより適切に行ったり睡眠の質にこだわってみるのが吉。

そうすることで、結果として筋トレのパフォーマンスは上がり筋肥大も加速します。

では、終わり😉

以上筋トレができない日は知識を蓄えればOK【休息日は必要です】でした。

【特典あり】無料メルマガ配信中
無料メルマガでは、筋トレ歴3.4年に満たない方が早めに知っておきたい「筋肥大の基礎」を、ブログ記事とはやや異なる視点からも配信しています。昨今はYouTube等で多くの筋トレ情報に簡単にアクセスできますが、ゆえに基礎への理解や実践がおろそかになり身体が変わらないことも。そこで必要となるのが当メルマガです。
効果
スポンサーリンク
↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
FITNESS-FREAK