TUTを意識した筋トレとは【筋肉の緊張時間にフォーカスしてより強い刺激を】

筋トレTUT

筋トレしてるとたまに「TUTを長く保つ」とか聞くけど、そもそも「TUT」ってなに?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

確かに頻度は多くないものの「TUT」といったフレーズは、筋肥大を語る上で必要になる場合もあります。

そこで今回は、「TUTが何で、筋肥大とどう関係するのか」について解説。

以下でTUT理論を理解し普段のトレーニングに取り入れることで、新たな刺激となりまた一歩デカクなることでしょう。

では詳しくみていきます。

スポンサーリンク

TUTを意識した筋トレとは【筋肉の緊張時間にフォーカスしてより強い刺激を】

結論として、TUTとはTimeUnderTensionの略で、言い換えると「筋肉が緊張している継続時間」。

仮に1レップに2秒かけて10レップ行ったのなら「TUT」は20秒ということになります。

そんな「TUT」が筋トレとどう関係があるのかと言うと、TUTが40秒から60秒の間の動作が筋肥大には有効とされていたりします。

多くの場合は、「TUT」が30秒ほどで筋肥大の効果を高めるにはやや筋肉の緊張時間が足りないと言われることが多いです。

この40秒から60秒というのは8レップから12レップの時の話で、いわば1レップを2秒で挙げて3秒で下すといったイメージ。

上記のやり方が「TUT」を意識したトレーニング方法になります。

そんな「TUT」がある程度の長さ(40秒から60秒)があった方が筋肥大に効果的と言える理由は以下のとおり↓

・乳酸の蓄積による細胞の膨張(パンプ)
⇒アナボリックホルモンの分泌による筋肥大

・筋肉内部へ微量の損傷を与える(筋破壊)
⇒ストレスに対する適応反応としての筋肥大

「TUT」が不十分だとこれらの反応が起こらない(起こりにくい)そうな。

そんなわけで、「TUT」を伸ばすためにドロップセットやレストポーズ、スーパーセットなどを取り入れたトレーニングが1つ筋肥大には有効と考えることもできます。

仮に肩トレで「TUT」を意識するなら以下のようなパターンに↓

肩のトレーニング(全種目8回から12回)

ダンベルサイドレイズ
→TUTを意識して4セット

ダンベルショルダープレス
→4セット

・ダンベルフロントレイズ
→4セット(毎セットレストポーズで+2レップほど)

・リアレイズ
→4セット

(こうすることで1セットあたりのボリューム「重量×回数」も高めることができ、その点でも筋肥大に効果的と考えられます⇒【最新】筋トレボリューム理論とは【適切なフォームでの重量や回数を管理】

カイ
カイ

とまあ簡単に言うと「ネガティブをゆっくり動作して、常に対象筋から負荷を抜かないように意識してトレーニングすると効果的」ってことですね。

筋トレを続けているあなたなら、今まで何回も耳にしたことだと思います。
(「ネガティブもコントロールしよう」といった感じで)

ですがここで1つ疑問に思いませんか?

じゃあ1レップ1秒で10レップ行うのと、1レップ2秒で5レップ行うのでは「TUT」は同じだけど刺激の強さも同じ?と。

いわば同じウエイトを扱うにしても、ゆっくり動作した方が「TUT」が長くなり筋肥大には効果的か?と。

これに関しては明確なデータが見つからないので何とも言えません。

ですが筋トレはゆっくり挙げるより爆発的に挙上する方が筋肉の活動が大きくなることは明らかにされています。(特にコンパウンド種目では)
(⇒参考:筋トレは高重量か低重量か【効いてる状態で最大の重量を扱うべし!】

なので常にゆっくりとした動作で続けるより、一気に挙げてゆっくり下すのが筋肥大には効果的と考えられます。
(同じ「TUT」でも挙げる動作と下す動作に緩急をつけるのが吉)

(以下ツイートにもあるように↓)

そんなわけで、普段のトレーニングで上記「TUT」を意識することで、今までより高負荷を筋肉に与え筋肥大の可能性を引き出してみてください。
(⇒参考:【保存版】効率的な筋トレを行うための6つのポイント【重要度順に解説】

では、終わり😉

以上TUTを意識した筋トレとは【筋肉の緊張時間にフォーカスしてより強い刺激を】でした。

コメント