筋トレ中におすすめの音楽15選【定番も聴きつつ筋肉を追い込もう】

筋トレ音楽

筋トレ中はテンション上がる音楽でも聞いて、気持ちよくトレーニングしたいけどなんかおすすめの曲とかある?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで長きに渡って筋トレしてますが、音楽を聞かずに筋トレした経験はほとんどありません。
それぐらい筋トレ中に音楽を聞くのが好きです。

そこで今回は、そんな僕が個人的に聞く曲も含め「筋トレ中にテンション爆上げなおすすめの音楽」について解説。

音楽を聞いて筋トレすることで、ストレスホルモンの分泌も抑えられ筋肥大が加速するかも!?

では詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

筋トレ中におすすめの音楽15選

結論として、筋トレ中に聞きたいテンションが上がる音楽は以下のとおり。

(筋トレ仲間などに聞いたいわゆる一般的に筋トレ中に聞かれる曲+個人的におススメの曲)

✔ONEOKROCK(The Beginning)

✔MANWITHAMISSION(Raise your flag)

✔SIM(KiLLing ME)

✔PaymoneyTomyPain(Sweetest vengeance)

✔LinkinPark(Faint)

✔P!nk(So What)

✔Sum 41(Still Waiting)

✔Nicki Minaj(MEGATRON)

✔Chris Brown(Ayo)

✔Juicy J(Shell Shocked)

✔Young Thug(Gang Up)

✔Juice WRLD(Fast)

✔Avicii(Wake Me Up)

✔Zedd(Beautiful Now)

✔Calvin Harris(This Is What You Came For)

では順にみていきます。

ONE OK ROCK(The Beginning)

静かな感じから始まりサビにかけて曲のテンポが速くなる曲で、筋トレ序盤に聞いて徐々にテンションを上げていくにはぴったりの1曲。

ジムに行く途中に聞いて徐々に集中力を高めていき、落ち着いてケガのないトレーニングを行えるように仕向けていくようなイメージ。
(⇒参考:【重要】筋トレでケガしないために僕が意識してきた4つのこと

MAN WITH A MISSION(Raise your flag)

この曲はタイトルにもあるように、あなたの頑張りを応援してくれる曲。
必死でダンベルやバーベルと向き合うあなたの気持ちを高めてくれます。

「今はまだ成果が出てなくとも諦めずに続けると必ず結果がでる」といった内容。
ゆえに効果がでるのに時間がかかる筋トレとの相性は抜群です。

テンアゲ間違いなしのリリック。

※参考:僕の体の変化について↓

【実録】筋トレによる体の変化【半年では変わらないので1年は継続】
筋トレはどれくらいの期間やると体が変化する?半年とか一年もやればそれなりに変わると思うんやけど...。という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では長年にわたって筋トレしてる運営者の写真や体重を見つつ変化の具合を解説。きっとより効果的な体づくりのヒントがあります。

SIM(KiLLing ME)

こちらの曲はもう序盤からかなり激しい感じなので、筋トレの1種目目に入る時に聞きたい1曲。

曲の勢いとともに爆発的にバーベルを押し上げていくのが吉。
激しい曲を音量をマックスにして聞くことで筋トレのキツさも吹っ飛びます。

Pay money To my Pain(Sweetest vengeance)

こちらのバンドの曲は一見すると激しい場面が多いのかと思いきや、サビは落ち着いていたりして聞きやすい曲が多いです。

なので筋トレの種目を変える時に、心を落ち着ける意味でも聞くといいかもです。

LinkinPark(Faint)

お次は10年以上も前に作られた名曲。

ラップの部分もあり「これから筋トレをする」って時にテンションを上げてくれる一曲です。

激しすぎず普段ロックなどをあまり聞かない方でも筋トレ中には聞きやすいです。

P!nk(So What)

ユーチューブで3億回も再生されているこれまた名曲。

ウォーミングアップの時に聞いて、あなたの心の中の闘志を燃やして筋トレの始まりに備えるようにしましょう。

※参考:ウォーミングアップの必要性について↓

筋トレ前にウォーミングアップは必要【3つの目的とその具体例】
筋トレする前にわざわざウォーミングアップなんてする必要あるん?なんか「筋トレ前のストレッチは逆効果」って聞いたような気もするしさおさら必要ないでしょ。なんて、まさか思ってませんよね?本記事では筋トレとウォームアップの関係性とその具体例について解説。

Sum 41(Still Waiting)

この曲は今から10年も前に作られたもの。

スッキリした声のボーカルがテンポの速いリズムに合わせて歌うので、テンション上がること間違いなし。

ではお次はヒップホップ。
(ちなみに僕は筋トレ中にヒップホップばかり聞きます)

Nicki Minaj(MEGATRON)

これはかなり最近の曲になります。
ニッキーミナージュは女性のラッパーで最も有名。

ヒット曲が多いのでずっと聞いてても飽きがきません。
また有名なアーティストとのコラボも多いのでいろいろと検索してみては。

Chris Brown(Ayo)

2015年にヒットした曲。
クリスブラウンの代表作とも言えるものになります。

ヒップホップが好きなら欠かせない一曲。

Juicy J(Shell Shocked)

こちらはとある映画の挿入歌でも使われたヒット曲。

ヒップホップ界の有名どころがコラボして歌っているのでゴージャスな感じになってます。

Young Thug(Gang Up)

こちらの曲も映画で使われたもの。
これまた有名どころのコラボした曲となってます。

ヒップホップにおける最近の流行りの曲調のさきがけみたいな感じです。

Juice WRLD(Fast)

こちらのアーティストは僕が個人的に好きなだけです笑。

ヒップホップは曲に激しさがないので、筋トレ中に聞いてテンションが上がるかは人によりますが。

僕も昔は筋トレ中にロックを聞いていたのですが、あまりにガンガンしすぎて耳が疲れるんです笑。

では最後にEDMをみていきましょう。

Avicii(Wake Me Up)

これは一時期どこに行っても流れてたほどの名曲ですね。
EMDが流行り出したきっかけと言わんばかりに。

同じぐらい流行った曲にThe Nightもあります。

EDMを聞くなら欠かせないアーティストなのではないでしょうか?

Zedd(Beautiful Now)

こちらはCMでも使われていた1曲。

サビは誰しも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
思わず体を揺らしたくなる曲ですね。

Calvin Harris(This Is What You Came For)

ユーチューブで23億回も再生された曲。

ガンガンくる感じの曲ではないので、ウォーミングアップ中やジムまでの道中で聞いて徐々にテンションを上げていきましょう。

(補足:筋トレ中に音楽を聞くことで、筋肉を分解する作用のあるホルモンであるコルチゾールの分泌が抑えられることも。加えて幸福感などにつながるセロトニンの分泌が促進されることもあったり。ゆえにその点では筋トレ中に音楽を聞くことでより筋肥大には優位に働くと考えられます)

【まとめ】音楽をうまく活用し楽しくかつハードな筋トレを

上記の内容が、筋トレ中に聞きたいおすすめの音楽になります。

上記の曲からそれぞれのアーティストの他の曲を聞いて、あなただけの筋トレプレイリストを作っておけば、筋トレしたくなくてもやる気が出てきてより筋トレが楽しくなることも。

また、筋トレ中に音楽を聞くならワイヤレスイヤホンが必須。

イヤホンがダンベルやらマシンに引っかかって、何度も「アウチッ」ってなった経験があるのではないでしょうか?

「あの時の一瞬のイラッ」でテンションを下げないためにも、ワイヤレスイヤホンを持っておくと快適に筋トレできます。


Amazonでチェック!

さらに、ジムにwifiがあってユーチューブなどで音楽が再生できるなら問題ないのですが、そうでないなら「amazon music Unlimited」が便利。

曲をダウンロードした状態で利用でき、スマホ容量の心配をしなくて良いので。

もうあの月末の通信制限にも困りません。

最近だと「Spotify」もかなり便利ですが、仮にあなたがアマゾンプライム会員なら「Spotify」より月額200円ほどお得になります。

そんなわけで、

効果のあるかどうかわからないサプリメントを飲むより、快適に音楽を聞き、よりハードなトレーニングをする方がグッと筋肥大への影響は大きいかも。
⇒amazonmusicUnlimitedをチェック!

(とは言え、アマゾンプライム会員でないなら「amazon music Unlimited」も「Spotify」も同じ値段なので共に使ってみて使いやすい方でOK)

では、終わり😉

以上筋トレ中におすすめの音楽15選【定番も聴きつつ筋肉を追い込もう】でした。

コメント