単身赴任で自炊や料理ができないあなたへ【ワタミの冷凍弁当で快適な夜ごはんを】

単身赴任自炊できない

あなたは日々の自炊を手間に感じてませんか?(仕事から帰宅し「なんで自分でわざわざ料理を作らないといけないんだ」と言わんばかりに。)

野菜を炒めたりラーメンを茹でたりはするものの食材を余らせ無駄にし、結局は食費がかさんでいる気がしてませんか?

そんな不満を解消してくれるのが【ワタミの宅食ダイレクト】

カイ
カイ

本記事では、今までワタミの冷凍宅食を含め様々な冷凍弁当を食べてきた筆者が、そのメリットデメリットを解説してます。

これからは帰宅と同時にサッと温かい定番の味の食事をして、その分より長く濃くリラックスでき、翌日の仕事も積極的に取り組めるような日常を送りませんか?

もう正しく痩せませんか?
もうやめにしませんか?ダイエットがうまくいかずガッカリするのも、流行りの効果のないダイエット方法に振り回されるのも。あなたが痩せないのは単に「基本の原理」に従ってダイエットしてないから。なのでそんな基本ルールを理解し習慣化すれば100%痩せます。ですがそこを押さえない限り今後も痩せないのもまた事実。そこで短期的にパーソナルジムを活用しそんな痩せ習慣を身につければ、もう今後の人生で体型に困ることはありません。

単身赴任で自炊できないあなたへ【ワタミの冷凍弁当で快適な夜ごはんを】

結論として、ワタミの宅食ダイレクトの特徴は以下2つ↓

  • 管理栄養士が設計
  • コンビニ弁当より安い

順に解説していきます。

管理栄養士が設計

できる限り自炊をしたくない単身赴任を含め一人暮らしなあなたの夜ごはんは、決まって以下のパターンではないでしょうか?

・コンビニ弁当で晩酌

・スーパーのお惣菜で晩酌

・同僚と仕事後に居酒屋で一杯

(他には、なんとなく体を気づかい野菜サラダなんかを追加してみたり。)

ですがそういったいわゆるハイカロリーやアルコールの多い食生活を継続していると、待っているのはもちろんお腹まわりの体脂肪の蓄積です。

いわゆるビール腹やメタボに生活習慣病などにも関連してくるやつ。

カイ
カイ

ですから今後の人生もいつまでも健康的にハキハキと生活していくためにも、今日からでも食生活に気を使って損をすることは絶対にありません。(これからも家族を養っていくためにも。)

とはいえ、自炊でヘルシーな料理なんて作れないですよね?

そこで「ワタミの宅食ダイレクト」の出番です。ワタミの冷凍宅食は管理栄養士が設計し、以下のようなカロリーに仕上がってます↓

・3種のお惣菜セット
⇒250kcal前後/食塩相当量2g以下

・5種のお惣菜セット
⇒350kcal前後/食塩相当量3g以下

ちなみにセブンイレブンの唐揚げ弁当は880kcalで食塩相当量は3.6g。

ですから普段のコンビニ弁当をワタミの冷凍宅食に変えると、それはそれはヘルシーなのが容易にイメージできますよね?

もちろん上記はおかずのみの数値ですが、仮に白米セット(+150kcal)を選択しても前者は約400kcal、後者は500kcalとやはりヘルシーなメニューに。

もちろん1日2日カロリーや塩分などを気にしても、特に体型に変化は訪れません。ですが10日20日と継続していくと、それはそれは見た目の変化に貢献してきます。

あなたが体を気づかってないうちに、知らず知らずのうちにたまったお腹の体脂肪からもわかるように。

コンビニ弁当より安い

仕事帰りにコンビニによって、唐揚げ弁当とロングの缶ビールやハイボールなどを持ってレジに行くと800円ほど。

弁当の代わりにお惣菜をいくつか組み合わせると、それ以上になることも少なくないはずです。

対して「ワタミの宅食ダイレクト(お試し割)」なら以下のとおり↓

・3種のお惣菜10食セット
⇒3900円+送料

・5種のお惣菜10食セット
⇒4900円+送料

単身赴任自炊できない

カイ
カイ

そう、送料込みでもなんと1食470円から注文することができます。

ご飯とインスタント味噌汁ぐらいは自身で仕込んでおけば、それらを含めても500円ちょっとで完全な定食ができあがります。

(夜ご飯がワンコインで済むなんて食費の節約にすらなりますよね?)

それでいてすでに触れたようにヘルシーな。

コンビニ弁当ももちろんおいしいですがやはり日本人。米おかず味噌汁の定食スタイルが食べたくないですか?

それも帰宅後レンジで数分チンするだけで、一切の手間がかからないにも関わらずアツアツでジューシーな。

(以下ツイートにもあるように、やはり優秀なワタミの宅食ダイレクト↓)

補足:仮に本記事を機にダイエットに取り組んでみる場合は、サラリーマンがダイエットするには【忙しい社会人でも取り組める食事管理】も参考に、「ワタミの宅食ダイレクト」をあてに白米は控えビール1本を組み合わせるのもありです。

単身赴任の自炊の強い味方であるワタミの宅食ダイレクトの味

そんな単身赴任や一人暮らしの強い味方である【ワタミの宅食ダイレクト】ですが、やはりその味が気になりますよね?

僕が以前に食べた以下メニューはどれも問題なくおいしいと感じるものでした↓

(白身フライのタルタル)

単身赴任自炊できない

(カレイの甘酢あんかけ)

単身赴任自炊できない

(サワラの野菜あんかけ)

単身赴任自炊できない

(回鍋肉風)

単身赴任自炊できない

(鶏の唐揚げ)

単身赴任自炊できない

(サワラのバター醤油ソース)

単身赴任自炊できない

(チキンハンバーグおろしポン酢)

単身赴任自炊できない

(洋食ハンバーグ)

単身赴任自炊

もちろんびっくりするほどのうまさはないですが、こう、どこか親しみのある味と言いますか。

カイ
カイ

定番のおかずゆえ、近所の個人でやられてる居酒屋で出てくるような味付けのイメージ。

安心感あるいわゆるお袋の味と言えば大げさかもですが、そういった温かみを感じる風味です。

例えば冷凍宅配のド定番「ナッシュ」とかだと、60種のメニューがありますが、わりと国外の料理を取り入れてたりして、味にばらつきがあったりします。

めちゃうまとわりとまずいの両方が含まれてる感じで。
(⇒ナッシュのまずいメニューはこれ!24種たべた率直な感想

その点ワタミの冷凍弁当は変におしゃれなメニューがなく、誰もが一度は食べたことがあるであろうメニューのみなので安心して食べれます。

以下ツイートにもあるように、やはり安定なのがワタミの宅食ダイレクト↓

ワタミの宅食ダイレクトなら単身赴任でも温かみある食事が自炊なしで可

上記が自炊のデメリットをすべて解消し、より快適なライフスタイルを送ることを可能にしてくれるワタミの宅食ダイレクトの特徴になります。

ナッシュ(nosh)は安い?1ヶ月で値段はいくらかかる?で解説してるように、自炊が無理勢の定番はナッシュだったりしますが、実はワタミの方が総合的に見てコスパは良いとも。

(もちろんタンパク質の量などが気になる場合はナッシュの場合もありますが。)

なにせ安定かつ安心の味ですのでワタミの宅食ダイレクトは。

そんなわけで、さっそく1食あたりが最安値なお試し割の10食セットを食べてみるのが吉。もちろん変に継続の縛りなどもないので、微妙と感じたら他社を利用するだけです。

以上単身赴任で自炊や料理ができないあなたへ【ワタミの冷凍弁当で快適な夜ごはんを】でした。