筋トレで生じる左右差を改善するために今すぐ意識したい3つのポイント

筋トレ左右差

筋トレしてると左右差が出てきた気がするけどどうすれば改善できる?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

僕自身も筋トレを始めた頃は筋肉の左右差を気にしていたのですが、いろいろと試すにつれ昔ほどの差はなくなっていったので今では特に気にしていません。

 

✔そこで今回は筋トレしてると感じる左右差が気になる場合に、意識して取り組むのがおススメなポイントを解説!

 

本記事の内容を意識すると、きっと左右差は改善されていきます。

 

では詳しくみていきましょう。

 

筋トレで生じる左右差を改善するために今すぐ意識したい3つのポイント

結論として、筋トレで起こる左右差を改善するために意識したいポイントは以下のとおり。

✅弱い方に合わせる

✅ストレッチなどのケアを取り入れる

✅普段の姿勢を意識する

では順に解説していきます。

 

弱い方に合わせる

カイ
カイ

こちらは扱う重量やレップ数に左右差がある場合。

 

✔サイドレイズやダンベルプレス、インクラインダンベルカールなど左右が独立した形で行う種目では、重量や回数が劣る方の数値に他方も合わせて動作する方が左右差の改善には効果的。

 

というのも仮に弱い方に合わせず、弱い方が強い方に追いついてくるのを待っていたとします。

 

すると強い方は黙ってても強くなっていくので、弱い方の重量や回数が伸びようが一向に差が縮まらないことに。

 

ですから弱い方の数値に合わせ左右差が無くなってきたら、また扱う重量や回数の設定を上げればオッケー。

 

✔また、ブルガリアンスクワットやワンハンドダンベルロウなど片方ずつ行う種目では、弱い方から動作を初めるのが左右差の改善には適しています。

 

片方ずつ行う種目では、どうしても後にやる方は息が上がった状態や少なからず疲労がある状態で行うことになります。

 

なのにも関わらず弱い方を後に行うと、そもそも力を発揮しにくいのにさらに力が出しずらくなり左右差が広がることに汗っ。

 

ですから体がフレッシュでパフォーマンスを発揮しやすい時に弱い方を刺激するのが吉。

 

ストレッチなどのケアを取り入れる

カイ
カイ

こちらは左右の効きの違いの話。

 

個人的にはこれがかなり左右差の解消に効果がありました。

 

普段から筋トレをしていると、少なからず体の使い方からの癖で一部の筋肉が硬くなり動かしづらくなったりします。
(人間の体はそもそも左右対称にはできていないのでなおさら。内臓の位置だって胃は左に寄ってたり、膵臓など片方にしかない臓器もあったりしますし。利き手の方が力を出しやすかったり。)

 

その状態で筋トレを行えば左の広背筋は効く(収縮感やストレッチ感がある)のに、右の広背筋はいまいちそれらを感じないなどといったことになります。

 

となると左右の筋肉で刺激の差から筋肉のサイズ差につながる場合も。

 

そうならないように日頃からストレッチを取り入れ左右の筋肉で可動域が変わったりしないようにすることが必要です。

 

個人的には、大円筋(肩甲骨から上腕に向かってついてる、脇のすぐ下の部分で押すとおそらく痛いかと)や大殿筋や中殿筋(お尻の横や上の部分)はまずほぐしておくのがおススメ!

 

これで肩甲骨周りや骨盤周りがスムーズに動き、効きの改善にもつながると思います。

 

ゴルフボールを床に置いてその上に大円筋周りを押しつけゴロゴロしたり、ストレッチポールにお尻を乗せ体重をかけたりしてほぐせばオッケー。

 

✔参考:上記の手間を省きたい場合はマッサージガンもあり。

電動でガンガンと振動を与えてくれるのでほぐしたい筋肉に沿って当てるだけでオッケー。スマホを見ながらでも可能。こういったちょっとしたケアで筋トレの効きが良くなり左右差の改善にもつながり、結果として体の変化にもつながるので早めに取り入れたいケアの1つではあります。
⇒マッサージガンをチェック!

 

普段の姿勢を意識する

多くの方はイスに座る際に脚を組んだり、立っている際もどちらかに体重を乗せてたりします。
最近だとスマホの見過ぎで猫背になったり汗っ。

 

こういったいわば通常からズレた姿勢を取り続けていると、一方の筋肉が働きにくくなったりします。

 

例えば、背中の筋肉が弱いと胸の筋肉に引っ張られ、余計に猫背になりやすかったり、片方のお尻の筋肉が弱いとイスに座る際など、体のバランスを取るためにそちらの脚を上に組んだり。

 

こういったことが積み重なることで体が傾き、その状態で筋トレすることで効きの左右差を引き起こすことも考えられます。

 

ですから普段の姿勢でも、できる限りどちらかに過度に体重を乗せた姿勢をキープするようにはしないのが吉。

 

また一部の筋肉だけを鍛えるなどして、体の表裏で筋力の差があまり出ないようにすることも必要かと思います。

 

といったように多少の左右差は仕方ないにせよ、ほっておくとどんどん左右差が生まれるだけなので、上記のような何かしらのケアをすることが必要です。

 

カイ
カイ

筋トレはトレーニングを頑張るのはもちろんですが、頑張れる状態を作ることにも意識を向けるのがおススメ!

 

そうすることで無駄なことで悩んだり意識を消耗することがなくなり、結果としてより快適に体づくりを進めていくことが可能になります。

 

ぜひケアも怠らないようにしてください。

 

では今日はここで😉

 

以上筋トレで生じる左右差を改善するために今すぐ意識したい3つのポイントでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました