筋トレしてる人がブロッコリーを食べる理由【体に嬉しい5つの栄養素】

筋トレブロッコリー

筋肉万太郎
筋肉万太郎

筋肉トレしてる人はよくブロッコリーを食べてるけどなんで?

ブロッコリーに筋トレ効果でもあるん?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどでコンテストでの優勝経験あり。
※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉

 

ブロッコリーも6年前ぐらいからけっこう食べてます。

 

カイ
カイ

まあ僕の場合は単に「野菜の中でも食べやすいと感じるから食べてる」面もありますが笑。

 

そこで今回は筋トレしてる人がなぜブロッコリーを食べるのかについて解説!

 

✔ブロッコリーには体づくりに嬉しい成分が多く含まれます。なのでブロッコリーを食べればデカクなるかも!?

 

では詳しくみていきましょう。

 

筋トレしてる人がブロッコリーを食べる理由【体に嬉しい5つの栄養素】

結論から言っておくとブロッコリーは栄養が豊富なうえに脂肪燃焼に直接的に働きかける作用もあったりします!

 

いわばかなりパワーフード。

 

そんなブロッコリーの体づくりに嬉しい栄養素は以下のとおり。

✔ビタミンC

✔カリウム

✔食物繊維

✔インドール

✔クロム

では順にみていきます。

 

ビタミンC

カイ
カイ

ビタミンCは水溶性のビタミンで人間の体の中で作ることができないので食事やサプリメントで補う必要があります。

 

ビタミンCはコラーゲンを作るのに欠かせないのでビタミンCが不足するとコラーゲンが作られないので骨や腱に悪影響が出たり汗っ。

 

またビタミンCは抗酸化作用といって体の劣化するのを防ぐ作用があるのでアンチエイジングにも有効に働きます!

 

ブロッコリー100グラムにビタミンCは120mg含まれています。これは成人が1日に必要と推奨されている100mgを一発で満たしてくれます。

 

(ですが普段から筋トレをしている場合は体へのストレスは一般人よりも多いのでビタミンCも多めにとる必要あり)

 

ビタミンCが不足すると経験されたことがあるかもですが「貧血」が起きやすくなります。なのでビタミンCはしっかりととっておきたい栄養素になります!

 

カリウム

カリウムは「むくみ」と密接な関係があります。

 

というのもカリウムは体の中の余分な水分を排出する作用があります。カリウムと逆の働きをするのがナトリウム、つまり塩分です。

 

味の濃い食事をした次の日は顔がむくんだりしてませんか?これはナトリウムによるものです。

 

カイ
カイ

なのでこういった時にカリウムを多く含むブロッコリーなどを食べることで余分な水分が抜けてむくみがとれやすくなります!

 

ブロッコリーに含まれるカリウムは100グラムあたり約570mgと野菜やその他の食材の中でもかなり上位の含有量です。

 

食物繊維

食物繊維はダイエットにかなり影響を与えます。

 

カイ
カイ

というのも食物繊維を多く含むものと組み合わせて食事をすることでGI値が高いものでも血糖値の急激な上昇を抑えることができます!

 

血糖値の上昇を緩やかにすることでインスリンという脂肪を蓄えようとするホルモンの働きを弱めることができるので結果としてダイエットに効果的に働きかけます。

 

インドール

この成分はかなりダイエット効果が高いですよ!

 

インドールは簡単に言うと女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を抑える作用があるのです。

 

筋肉万太郎
筋肉万太郎

だからなんなん?

エストロゲンは脂肪を蓄えたり水分を体にため込んだりといった働きがあります。

 

でもこれっていわばダイエットと逆の働きですよね?

 

カイ
カイ

なのでブロッコリーに含まれるインドールによって体脂肪を蓄えようとする働きを抑えることで脂肪を減らしやすくしたりむくみをとったりするのです。

 

このインドールという成分は他のアブラナ科の野菜にも含まれるのでカリフラワーとかでも同じような効果はあります。

 

ボディビルダーとかがブロッコリーをよく食べるのはここに理由があります。

 

カイ
カイ

女性ホルモンであるエストロゲンは筋肉をつけやすくする男性ホルモンと逆の働きをします。

 

そこでその反応を少しでも抑えることで「より筋肉がつきやすい体の中の環境を作ろう」という考えがあるのです。

 

クロム

クロムはブロッコリーに多く含まれるミネラルになります。

 

これまたダイエットにかなり嬉しい作用を持ってますよ。

 

クロムは先ほども少し触れましたインスリンの働きを正常にして血糖値をコントロールする働きがあります。

 

カイ
カイ

言い換えると人間の代謝をサポートすることでうまくエネルギーに変換してくれるのです。

 

食べたものをうまくエネルギーに変換できないと、

 

結果として体脂肪として体に蓄えてしまう可能性もありますのでクロムの作用はかなりダイエットにとってはプラスの効果ということになります!

 

上記のことからブロッコリーは野菜の中でもかなり優秀なものと言えます。

 

カイ
カイ

上記の栄養素の下の3つが直接ダイエットに働きかけて脂肪を燃焼するようなイメージで、上の2つは体を正常な状態に保つのをサポートするようなイメージになります。

 

またブロッコリーのカロリーは100グラムあたり33kcalとかなり低いのでたくさん食べて満腹感を得るにはもってこいですよ。

 

(僕はなにかとブロッコリーをセットにしてますね笑↓)

 

では最後にブロッコリーの調理法についてサクッとみて終わりにします。

 

体づくりに適したブロッコリーの食べ方

上記のようにブロッコリーには筋肥大やダイエットに嬉しい成分が豊富なのでそれらの栄養素を最大限に活用して体づくりを進めていくのがおススメ!

 

そんなブロッコリーの調理時のポイントをチェック。

✔茎も食べる

→わりと捨てられがちな部分ですが周りの皮が硬ければカットして茎も食べれます。ちなみに食感はスイカの緑の部分です笑。

 

✔できれば蒸す

→ブロッコリーに多く含まれるビタミンCは水溶性ビタミンなのでゆでたりすると水に溶けだすことがあるのでできれば蒸すといった調理がおすすめです!

 

ここで僕のおすすめのブロッコリーの食べ方を紹介しておきますね。めちゃめちゃシンプルなのでぜひ。

ブロッコリーを焦げる寸前までグリル

→塩をひとつまみ振りかける

→オリーブオイルとレモン汁をテキトーに回しかける

 

カイ
カイ

これだけです笑。料理なんかいそれって話ですけど。

 

でもこの「塩とオリーブオイルとレモン汁というシンプルな味付け」はイタリアンのサラダとかでは基本のドレッシングとして扱われていたりと意外とちゃんとしたものですよ笑。

 

また最近ではブロッコリーライスなるものも出ているのでこれをライスの代わりにしてカロリーハーフのカレールーを使えばダイエット中でもカレーが食べれちゃうことも!

 

カイ
カイ

実際やってみましたがブロッコリーライスが意外と歯ごたえもありかなり満腹感もあり正直なところ思っているほど量は食べれなかったです。

 

味としてはやや「草っぽい」ので好き嫌いが分かれるやつですね笑。

 

といったようにブロッコリーは栄養が豊富で筋肉をつけるにもダイエットで体脂肪を落とすにもプラスの働きが多い食材になります。

 

なのでブロッコリーが嫌いじゃないなら食事に加えてあげるのが良いかと😉

 

※参考:さつまいもが体づくりに効果的なわけ
筋トレしてる人がさつまいもを食べる3つの理由【美味しいだけじゃない】

筋トレしてる人がさつまいもを食べる3つの理由【減量にも使える!】
筋トレしてる人よくさつまいも食べてるけどなんで?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事でマッチョがさつまいもを食べる理由を解説。さつまいもを食べるとダイエットが進むかも。

 

以上筋トレしてる人がブロッコリーを食べる理由【体に嬉しい5つの栄養素】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました