筋トレしてるのに太る2つの原因【筋肉をつけるには仕方ない】

筋トレ太る

筋トレしはじめたら太った気がするんやけど。

なんで筋トレしてるのに太るん?
むしろ筋トレにはダイエット効果があるのではないのか…。

なんて状況におちいってませんか?

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、

1年の中でも筋肉を増やす時期(増量期)と、体脂肪を落とす時期(減量期)を繰り返しています。
(⇒参考:【実録】筋トレによる体の変化【半年では変わらないので1年は継続】

そこで今回は、「筋トレすると太るのかどうか」について解説。

(よく「太る時期が必要」などと言われることも含め)

以下で筋トレについて正しい認識をすることで、より効果的に体づくりを進めていくことができます。

では詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

筋トレがきっかけとなり食事が変われば太ることも

結論として、筋トレ自体が太る要因にはなりえないですし、筋肉をつけるためにわざと太る必要もありません。

カイ
カイ

(仮に筋トレして太るなら、僕は今頃めちゃめちゃ太ってるはずです笑)

ですが筋トレをすることで、食事量の変化や体に起こる変化によって太る(太って見える)可能性はあります。

そんな筋トレした結果として、太る(太ったと見える)可能性につながる要因は以下のとおり。

✅筋トレによる食事量の増加

✅筋トレによる見た目の変化

では順に解説していきます。

筋トレにより食事量が増加すれば太ることも

「筋トレ=太る」とされる背景に「筋トレを始めたから太る」のではなく、筋トレを始めて「食事の量が増えたから」太ることがあります。

人間の体は食べ過ぎれば食べ過ぎたエネルギーは体脂肪として蓄えるし、食べなさ過ぎれば活動に必要なエネルギーを補うために体脂肪や筋肉が分解されます。

(ですからダイエットなら後者の状態を作ることが必要に)

シンプルにこのルールの元に成り立ってます。

なので筋トレすることで多くのエネルギーを消費しているからといって、

それに伴い体が処理できる量(メンテナンスカロリー)を超えた食事をしていると太ることは考えられます。
(⇒参考:メンテナンスカロリーの求め方と活用法【体づくりにおける重要な基準】

また「筋トレをして筋肉をつけるには大量の食事が必要」などと勘違いしているパターンも。

(いわゆる増量期の本質を誤って認識)

それゆえに、大量の食事をすれば使われなかったエネルギーはもちろん体脂肪として体に蓄えられることになります。

なので繰り返しになりますが、

筋トレをしたから太るのではなく、筋トレをして「食事の量が増えると」太ることがあるというのが正しい表現になります。

(以下は補足↓)

カイ
カイ

「プロテインを飲んだら太る」などと耳にすることがあるかもですが、そんなことも一切ありません。

プロテインはいわばタンパク質の塊で、特別に筋肉をつけたりする薬でもなんでもありません。

ただ、肉や魚からとるであろう1日に必要なタンパク質が不足した際に、それを補う以外のなにものでもないです。
(⇒参考:【基礎】筋トレするならタンパク質が多く必要なわけ【筋肥大に直結】

※参考:そんなプロテインを飲む本質は、以下の記事で解説してます↓

【悲報】プロテインを飲んでも筋肉はつかない【本質を理解しよう】
プロテイン飲んで筋トレしてるから筋肉なんて簡単につくはずやのに、なんであんまりデカクならへんのやろか?プロテインって筋肉つけるためのモノなはずやけど...。なんて思ってませんか?本記事ではプロテインを飲むそもそもの目的から解説。プロテインは飲むだけでは筋肉はつきません!

筋トレによる見た目の変化で太って見えるかも

筋トレを始めると、少なからず体に変化は出てきます。

いわゆる細かった筋肉が太くなるといった感じで。

(筋肉がドンドンつくことはないので、つきすぎを心配する必要はありませんが)

となると、単純に体が大きく見えるので「太った」と認識されることもあるかもしれません。

自身も鏡を見たときにそう感じるかも。

また、筋トレで見た目が変わるつまり筋肉をつけようと思うと、少なからず「摂取カロリー>消費カロリー」の状態を作る必要があります。

(⇒参考:【勘違い】バルクアップは食べ過ぎも食べなさ過ぎもともに非効率

簡単に言うと、運動したらその分のエネルギーをしっかり補わないと筋肉はつきにくいということ。

ここでやっかいなのが「摂取カロリー>消費カロリー」の状態を作ると、少なからず体脂肪も蓄えることになります。

カイ
カイ

なのでいわば筋肉をつけようと思うと、多かれ少なかれ体脂肪もついてしまうというのが人間の体。

といったように、

筋トレを始めたから太るわけではないにせよ、筋トレをして「筋肉をつけよう」と思うと体脂肪の蓄積をゼロにすることはなかなか難しいのが現実。

とは言え、あまり太らずに筋肉を増やしていく方法もあります。

筋トレで太らずに筋肉をつけるには食事管理がカギ

結論として、筋トレしてできる限り筋肉のみをつけたい場合は「食べる量に注意する」こと。

ここまで何度も言ってるように、体は食べる量によって体脂肪と筋肉がついたり、体脂肪が減ったりします。

ですから、筋トレしてるからといって暴飲暴食してると普通に太ります。

なので少しでも太らずに筋肉をつける(ダイエット目的で筋トレする場合も含め)には、
「カロリー計算」を意識するのが吉。

筋肉をつけるには少なからず体脂肪もつきますが、その体脂肪の量が毎日1gの人と5gの人では当たり前ですが太るスピードは5倍も違います。

ここで、そもそも筋肉をつけるのに「太る必要」はあるのか?と思うかもしれません。

確かに筋肉をつけるのに無駄に太る必要はありません。

ですが、少し体脂肪がつくぐらい余分にカロリーを摂る方が筋肉がつきやすいのは事実。
(⇒参考:【網羅】筋トレで言う増量期とは【必要性から注意点までビルダーが解説】

なので筋肉をつけるには仕方なく体脂肪がつくので、少し太っても仕方ないと捉えておくのが吉。

あまりに体脂肪の蓄積が気になるなら、食事を見直したり先にダイエットする方が良いかとは思いますが。
(⇒参考:【保存版】減量のやり方【2つの必須条件をボディビルダーが解説】

※参考:増量して(太って)から減量する(痩せる)のか逆かについて↓

筋トレで増量と減量を繰り返す2つの目的【効率よく筋肉のみをつける方法】
筋トレしてる人はよく「増量中」とか「減量中」とか言ってはるけど、そもそも筋トレ効果を高めるために増量とか減量は必要?なんでそういうことするん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では増量と減量を繰り返す目的を解説。筋肉のみをつけたいなら必須!?

【まとめ】筋肉をつけるには少なからず体脂肪はつく(太る)

上記の内容が、「筋トレ=太る」と言われる主な理由になります。

そんなわけで、筋トレをしたから太るのではなく、筋トレをして筋肉をつけようと思うと仕方なく体脂肪がつくことや、見た目の変化からそう思われる場合があるというのが実際のところ。

とは言え、

完全に筋トレ初心者であれば体脂肪が落ちつつ筋肉がつく状態は生まれるので、自身の体脂肪の蓄積スピードを見つつ、食事内容(量)を調整していくのが吉。

では、終わり😉

※参考:体づくりはまずは自炊から↓

全ての筋トレ民に自炊を推す2つの理由【口にしたものが身になる】
筋トレは自炊した方が効果的?仮に自炊するならどういう感じですれば良いん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では自炊があなたの筋トレをより効果的なものにしてくれると言える理由について解説。自炊する際の量の決め方まで触れてます。

以上筋トレしてるのに太る2つの原因【筋肉をつけるには仕方ない】でした。

コメント