筋トレ民にカッテージチーズがおすすめな3つの理由

筋トレカッテージチーズ

普段から筋トレしてるけど、筋肉をつけるための食事にカッテージチーズは効果的?食べた方が良いん?

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんなわけで、今まで様々な食材を食べつつ体づくりをしてきました。そこで今回は、筆者の経験も踏まえて「カッテージチーズを筋トレ勢は食べるべきなのかどうか」について解説。

以下の内容を理解しておくと、今後より筋肥大に適した食事が実現でき、あなたの筋肉も着実に大きくなります。

スポンサーリンク
【参考】デカクなる食事法
下記noteでは「筋肥大に特化した食事法」を徹底解説してます。栄養学や僕の10年の経験に基づき、より効果的なバルクアップ手順をまとめてます。なのでそちらを読み実践していくだけで、食事面への心配は不要に。きちんと体脂肪ではなく筋肉が増えていきます。もうサプリ等に振り回されて効果を体感しない日々とはおさらば。

筋トレ民にカッテージチーズがおすすめと言える3つの理由

結論として、カッテージチーズが筋肥大に効果的と言える主な理由は以下のとおり↓

  • カッテージチーズは高タンパク低脂質
  • タンパク質のバリエーションとなる
  • カッテージチーズで筋トレ飯の飽きを防げる

では順に解説していきます。

カッテージチーズは高タンパク低脂質

筋トレして筋肉をつけるためには、筋トレはもちろんやはり適切な栄養補給が欠かせません。いくら筋肉を刺激してもその回復に必要となる栄養素が不足しては、筋肉の成長は遅れることに。

特にタンパク質は筋肉の合成を促す直接的な材料となるので、日に体重1キロあたり2gほど補うのが基本となります。

ですがその際に、いくらタンパク質を含むからとハンバーガーやステーキばかり食べていては、そこに含まれる脂質などによって摂取カロリーが過多になることに。これでは体脂肪の蓄積も促されてしまいます。

カイ
カイ

ですから、基本的にできる限り筋肉だけをつけたいトレー二ーは低脂質な食材からタンパク質を補うのが吉。

その際にカッテージチーズが便利になります。


⇒カッテ―ジチーズ

以下のようにまさに高タンパク低脂質。(100gあたり)

  • エネルギー⇒114kcal
  • タンパク質⇒17.6g
  • 脂質⇒2.8gから5.9g
  • 炭水化物⇒0gから2.8g

なぜマッチョはブロッコリーと胸肉ばかり食べるのか?にもあるように、マッチョは鶏の胸肉ばかり食べてるイメージかもですが、PFCバランスだけで見ると胸肉と同様にカッテージチーズもかなり体づくりには効果的な一品。

加えて低カロリーかつ高タンパク質がゆえ、ダイエットにも使える便利な食品です。

タンパク質のバリエーションとなる

すでに触れたように、筋トレ民はタンパク質の補給に鶏の胸肉ばかり食べる場合が多かったりします。

ですがこれでは確かに必要量のタンパク質を補えても、そこに含まれるビタミンミネラルやアミノ酸の組み合わせ具合は偏ることが考えられます。

例えば、胸肉にはあまり含まれないビタミンが豚肉には含まれていたり、肉にはないが魚には含まれる特定の脂質があったり。

そういった意味で、様々な食材から栄養を補うことで不足する成分を減らしつつ、体づくりを進めていくことが1つ有効と考えられます。

といった前提を踏まえてカッテージチーズを見ると、カッテージチーズには特にビタミンB12が多く含有。(ビタミンB12は神経や細胞を健康に保つ働きがあり貧血の予防にも貢献)

100gで1日に必要とされる一般の方の基準量を半分ほど満たしてくれます。

カイ
カイ

※補足:カッテージチーズに含まれるタンパク質は主にカゼインになるので、消化吸収が緩やか。ですから1日の最後の食事に取り入れると、寝てる間もアミノ酸の血中濃度を保つことができ筋肉の分解を防げることが期待できたりも。

筋トレ飯の飽きを防げる

筋トレはメニューやルーティンを変えれば飽きを感じずに進めていくことはできても、食事はどうしても胸肉と白米など同じようなものを食べがちだったり。(コスパなどを考えるとなおさら)

ですがそれでは、食事に飽きて楽しみが持てなくなる場合もあるかと思います。その際にカッテージチーズを取り入れることで食の楽しさを高めるのも、体づくりを続けていく中で1つ重要。

カイ
カイ

筋肉のために食の楽しみを捨てるには、あまりにも人生が味気ないものになってしまうかもですし。

そういった意味で、たまにはタンパク質の補給をカッテージチーズからにしてみるのもあり。(味はやや酸味あるサッパリとしたチーズ)

またその際は以下のような組み合わせが個人的には好きだったり↓

  1. カッテージチーズ+ラカントなどの甘味料
    ⇒チーズケーキのような味わいに
  2. カッテージチーズ+生ハムやサーモン+玄米トースト
    ⇒しゃれたレストランの前菜で出てきそうなやつ
  3. カッテージチーズ+ベースブレッド
    ⇒高タンパク質かつ高栄養素な最強パン

(⇒ベースブレッドは筋肉をつけるのに効果的?【筋トレへの3つの影響】

ちなみに以下ツイートのような無茶な食べ方はしないように笑↓

※補足:市販のカッテージチーズがやや割高と感じる場合は自身で作るのもあり。鍋に牛乳500mlを入れ60°ぐらいまで温めたのち酢かレモン汁を30ml混ぜ、フキンなどでこすとカッテージチーズとホエイに分けることが可能ではあります。とはいえ、使う牛乳によっては脂質が市販のものより多く含まれることも考えられますが。。

まとめ:カッテージチーズでより快適な筋トレ飯を

上記の内容が、筋トレ民なあなたが知っておきたいカッテージチーズの特徴になります。

筋トレして筋肉をつけるとなると、「ささみばかり食べないといけない」と変にストイックになりがちな方が多かったり。

カイ
カイ

ですが食も楽しみつつ、その中で筋トレ効果をできる限り高めていく方が快適な体づくりができるはずです。

その際に、カッテージチーズなどを活用し普段から口にする食材にバリエーションを持たせることが有効に。そんなわけでカッテージチーズでより快適な筋トレ飯を。

(⇒筋肉飯を作る際のポイントは3つ【筋トレ用ミールプレップで筋肥大を加速】

以上「筋トレ民にカッテージチーズがおすすめな3つの理由」でした。

食事
スポンサーリンク
↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
FITNESS-FREAK