当サイトはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

筋トレの目標を達成して理想の体になるために必要な5つのこと

スポンサーリンク
著者情報
カイ

筋トレ歴10年で、ボディビルやフィジークのコンテストでの優勝経験あり。ゆえに正しい筋トレ方法やダイエット方法を熟知。当サイトではそんな筆者が、適切な筋トレ方法やダイエット方法を解説してます。専門性を持ってすべての記事を執筆しています。

↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓

筋トレ目標

筋トレして目標の体になるために、普段から意識して取り組んでおいた方が良いこととかある?

こんにちはカイです!

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。

そんなわけで毎年その年の目標を立ててそれを達成するように励んでいます。

そこで今回は、そんな筆者の経験も踏まえて「あなたが筋トレして目標の体を獲得するために今日から意識しておきたいこと」を解説。

以下の内容に忠実であればあるほど、筋トレにおける目標達成は容易になります。

※関連:筋トレ歴10年の見た目の変化を写真で振り返る【半年じゃ筋肉はつかない?】

スポンサーリンク

筋トレで目標を立て理想の体を獲得するために必要なこと

結論として、筋トレにおける目標を達成するために忘れてはならないことは以下の5つ。

  • ゴール設定を明確にする
  • ウエイトの数字よりも刺激の強さを重視
  • 淡々と筋トレと休養を継続
  • なんといっても継続が大事
  • 筋肉のケアも欠かさない

では順に解説していきます。

筋トレのゴール設定を明確にする

筋トレにおける目標を達成するにはまず目標設定が必要です。

目標なくただやりたいから筋トレするのももちろん良いですが、何かしらの目標を設定するとより気持ちも引き締まるものです。

(加えて筋トレの継続も容易になります。)

カイ
カイ

「いついつまでに腹筋を割る」「夏にはたくましい厚みのある背中を作る」など。なんでも良いので、やや明確な目標を掲げておくのが吉。

ですが「腕を50センチにする」などあまりに遠い目標だと現実味がなく、仮に達成できなくても「仕方ない」と、はなから諦めモードになることがほとんどです。

なので、ひとまず「少し踏ん張れば」達成できそうな目標を設定しましょう。

ウエイトの数字よりも刺激の強さを重視

筋トレを始めると、途中からどうしてもウエイトの重さばかりを重視するようになります。

もちろん筋トレ3原理5原則にもあるように、筋肉を大きくするには扱う重量を伸ばしていくことは必要。

ですが「それだけ」では効果的とは言えません。いくらベンチプレスで100キロ扱えてもきちんと大胸筋に負荷が乗ってないとその効果は半減することに。

ひときわマッチョでも、意外とそこまで重たい重量を扱ってない光景を目にしませんか?

言い換えると、狙った筋肉にしっかりと負荷が乗ってるのでその重量で十分ということ。

対して、筋トレ初心者ほど過度な重量を使用しケガすることが多かったり。

ですから扱う重量を伸ばすのも大事ですが、狙った筋肉に刺激を感じているか(筋トレフォーム)も同じぐらい大事です。

カイ
カイ

ですが最近はいわゆる「効かせる」に過剰に反応し、扱う重量を伸ばそうとしない人が多いのもまた事実。

とはいえ、筋肥大の本質は狙った筋肉に対して負荷がのった状態で、扱える重量を伸ばしていくこと。

なので以下ツイートにもあるように、柔軟な考え方を持ち様々なやり方で刺激を加えて筋肥大を促していくことが必要です↓

淡々と筋トレと休養を継続

筋肉は刺激したらきちんと休ませて回復させてはじめて成長します。

やはり筋肥大を目的にトレーニングしているなら、休養を取らずに進めていると体に何かしらダメージは蓄積されます。

これをほっておくとケガにつながったり、力を出し切れない刺激の弱い筋トレになり、結果として筋肉の成長に大きなマイナスになることがあります。

ですから筋トレと同じぐらい「休養」にも力を入れていくようにすると、筋肉の成長は加速することに。

(以下ツイートにもあるように↓)

なんといっても筋トレは継続が大事

どんな効果的な筋トレ方法やダイエット方法があっても継続できなければ体は変わらないし、意味がありません。

そういった意味で、やや筋トレ効果が劣ってても継続できるやり方を選択した方がトータルで見ると良い結果につながります。

ですからまずはできる範囲で進めていけばOK。

(以下ツイートにもあるように↓)

筋肉のケアも欠かさない

カイ
カイ

以下ツイートにもあるように、筋トレ時間が90分ならそれを60分にして30分をフォームローラーやストレッチなどの時間に費やすことをおススメします。

フォームが悪いと確かにケガにつながりますが、ケアを怠って筋肉の動きが悪くなっててもこれまたケガのリスクは上がります。

(加えて効きも悪くなる。)

ですからストレッチをしたりマッサージガンなどで、お尻や腰周り肩周りの筋肉をほぐすのが吉。


⇒マッサージガン

筋トレで目標の体になるのに魔法はない:まとめ

上記が、筋トレの目標達成に向けて今日から取り組みたいことです。

日本のフィットネス情報はサプリメントにしてもそうですが、体づくりの本質を語らず魔法のような方法ばかりを主張しているモノが多く感じます。

「これを飲めば痩せる」「これを飲めば筋肉がつく」といったように。ですが体づくりに魔法はないのが現実です。

それゆえ本記事のようなことを意識して、地道に日々できることを積み上げていく必要があります。これが理想の体に近づく最もな近道。

そんなわけで、今日から着実に積み上げていきましょう。

以上「筋トレの目標を達成して理想の体になるために必要な5つのこと」でした。

そのフォーム大丈夫?
効いてるかわからない背中トレ。腕が疲れる胸トレ。僧帽筋がしんどくなる肩トレ。そんな日頃のトレーニングが、狙った所にバチバチ効いてパンパンにパンプすればどうでしょう?筋トレが何倍も楽しくなり筋肥大も一気に加速します。そんなフォームを徹底解説してます。
効果
スポンサーリンク

【下部ボタンからシェア大歓迎】今後の記事執筆の参考にもなりますので、記事を読んだ感想をTwitterはじめSNSでシェアしてくださると嬉しいです!

↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
FITNESS-FREAK