筋トレの弱点部位を発達させる3つの方法【頻度はむしろ減らす!?】

スポンサーリンク

筋トレ弱点部位

筋肉万太郎
筋肉万太郎

筋トレでの弱点部位の改善方法は?

筋トレでなぜ弱点部位が生まれるの?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどで、ボディビルやフィジークの大会での優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

カイ
カイ

自身はもともと胸が弱点なのですが、年々いろいろなアプローチを試みることで改善されてきました。

 

✔そこで今回は先日の以下のツイートを深堀するような形で、「弱点部位の改善策」を解説していきたいと思います。

弱点部位は頻度を多くするってよく聞くけどオススメはしない。弱点部位になる原因に刺激の弱さと回復の遅さがあると考えてるから。てことは頻度を増やせば関節などに疲労がたまるし、回復も追いつかない。だから頻度を増やすよりかっるい重量で動作の練習を他の部位の日に+でするのがオススメだす🙆‍♂️

 

以下の内容を参考に、筋トレプランを改善して苦手部位もデカクしましょう!

 

では詳しくみていきます。

 

(✔本記事の内容を動画でサクッと知りたい場合は以下を参考にどうぞ↓)

 

筋トレの弱点部位を発達させる3つの方法【頻度はむしろ減らす!?】

結論から言うと、弱点部位、言い換えると筋肉の発達が遅れている部位を改善するにはいくつかの方法があります。

 

なので以下で紹介する方法を2、3ヶ月ほど実践して様子を見てから次のアプローチを考えるようにするのがおススメ!

 

弱点部位に対するアプローチは以下のとおり。

✅頻度を減らす

✅フォームの改善

✅ルーティンの改善

順に解説していきます。

 

頻度を減らす

筋肉の発達が遅れる原因は大きく2つ。

・筋肉の回復の遅さ

・筋肉への刺激の弱さ

 

頻度を減らす理由としては、上の1つ目の原因を解決するようにするため。

 

当サイトでも何度も言ってますが、筋肉が大きくなるのに筋肉を刺激したらそれと同じだけ回復をさせてあげないと筋肉はなかなか大きくならない性質があります。

 

カイ
カイ

よく「超回復」と言いますがソレです。

 

※参考:超回復の適切な捉え方は、以下で解説してます↓

超回復はウソ?【それに代わる、より適切な筋トレ理論とは】
筋肉が大きくなる仕組みは超回復らしいけど、そもそも超回復とは?超回復は嘘!みたいなことも耳にしたことあるけど何がホンマ?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では超回復の定義とより正確なそれにかわる理論を解説。これでより効率的な体づくりが可能に。

 

わりと「弱点部位は頻度をあげて刺激を大きくする」と聞きますが、個人的にはおススメはしません。

 

というのも筋肉の回復が追いついてないから発達が遅れている可能性があるのに、さらに刺激を多くすれば余計に回復は遅れます汗っ。

 

言い換えると、さらに発達が遅れる原因となりかねません。

 

そういった理由から頻度を減らすという選択も考えてみてください。

 

カイ
カイ

僕も腕に関しては頻度を下げることでより成長が加速した経験もあります!

 

※参考:腕を太くする秘訣は、以下で解説してます↓

腕が太くならない4つの原因と3つの改善策【高頻度/高回数だけじゃダメ】
筋トレしてるのになかなか腕が太くならない...。腕を太くしたい...。というあなたへの記事になります。本記事では同様の悩みを持つ筆者が試行錯誤した結果効果的なやり方を解説。あまり考えすぎず1つずつ改善すれば腕は太くなります!

 

✔とは言え、刺激のレベルによっては頻度を上げることで改善する場合も。

 

加えて筋トレの頻度を上げることで、筋肉の合成スイッチを押す機会が増え、筋肥大につながることもあったりしますし。

 

そんなわけで、「弱点部位=頻度を上げる」一択で考えるのではなく、回復が追いついてない場合も考慮することが弱点部位の改善には必要。

 

フォームの改善

こちらは上の発達が遅れる原因の2つ目を解決する方法。

 

当たり前ですが、筋肉をデカクするにはデカクしたい筋肉へきちんと刺激を加える必要があります。

 

この刺激が肥大するレベルに値しないからなかなか発達しないことに。

 

例えば背中。

 

多くの人が弱点部位と言いますが、その方々のトレーニングを拝見するとやはり背中に刺激がのってないのが明らか。
これではデカくなりません汗っ。

 

カイ
カイ

なのでフォームを改善することで狙った筋肉への刺激を大きくして肥大を促しましょう!

 

✔効果的なフォームは以下で詳しく丁寧に解説してます↓

ずっと使える部位別ガイドブック|カイ@筋トレ|note
こちらのマガジンでは「胸、肩、背中、腕、脚、腹」のトレーニングでの効果的な動きをそれぞれ解説したものになります。やや筋トレに慣れてきた時や、「今よりもう一歩先を行く筋トレテクニックなどが知りたい!」という場合にはもってこいのマガジン。こちらに書いてある内容を実践すれば、この先の何年にも渡って筋肉をつけていくことは可能で...

 

ルーティンの改善

最後にこちらですが、上の弱点部位になる原因の1つ目を解決するやり方。

 

例えば腕をトレーニングした次の日に胸や背中、肩を持ってくるとそれぞれの動作で補助的に腕が働くことに。

 

もちろん補助的なので強い刺激が腕に加わることがないですが、腕の回復を遅らせることにつながります。

 

カイ
カイ

なので筋トレのルーティンを見直して「弱点部位の前後のトレーニング部位との関係を改善」するのも1つの手。

 

そんな筋トレルーティンの組み方のコツは、以下の記事をどうぞ。

筋トレのルーティンを組む際のポイントは3つ【効果的な具体例あり】
筋トレのルーティンの組み方に決まりとはあるん?筋トレのおすすめルーティンは?といった疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では僕の実際の筋トレルーティンを用いつつベターなルーティンの組み方を解説。少しの工夫で筋トレ効果はグッと上がりますよ。

 

というのが弱点部位の改善法になります。

 

では最後に上記の方法を試す時の注意点を解説して今回の記事を終わりにします。

 

【まとめ】筋トレの弱点部位を改善するには1歩ずつ

✔上記の方法は1つずつ試す
→全て一気に試すとあなたにとってどれが効果的で、どれがそうではなかったのが判断できない。

✔筋肉の回復を重視
→フォームが改善されると筋肉への刺激は今までより強くなる。ということはより一層その筋肉への回復を大事にしないと、また発達の機会を失うことにつながります。

✔継続が第一
→ルーティンの改善に関して。弱点部位の改善を中心に組むのは良いですがそれが継続できなきゃ意味がないので無理は禁物。また1週間でなくても10日で全身を刺激できるようなルーティンもアリなのでそこはあなたのオリジナルを探していってもOK。

✔動作の練習をする
→トレーニングの頻度自体は減らすけど、フォームの改善も含めてかなりかるい負荷で動作を練習しまましょう。例えば、肩が弱点なら胸の日の最後にサイドレイズを腕だけの重さで練習するとか。神経伝達も良くなるのでけっこうおススメ!

 

というのが弱点部位に対するアプローチの仕方になります。

 

ぜひ実践して全身の筋肉をくまなくデカクしていきましょう!

 

※参考:筋トレにおける基本の動作は以下で解説してます↓

筋トレNG行動5選【初心者がやりがちなおススメできないやり方】
筋トレでやってはいけないことは?どんなやり方がNG?本記事はそういった疑問を持つあなたへの記事になります。記事内では筋トレ初心者がやりがちなNG行動を解説。効果的な筋トレ方法は実際のところイメージと違う点も多かったり。

 

ではでは😉

 

以上筋トレの弱点部位を発達させる3つの方法【頻度はむしろ減らす!?】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました