筋トレの知識をつける5つの勉強法【知は力なり/今すぐ試せる】

筋トレ勉強法

筋トレに関する知識をつけるにはどんな勉強法がある?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどでコンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

そこで今回は実際に今まで僕がやってきたことでもある筋トレの勉強法について解説していきます!

 

✔筋トレは知識があればかなり効果的に進めていくことができるのでぜひ取り組んでみてください。

 

では詳しくみていきましょう。

 

(✔本記事の内容を動画でサッと知りたい場合は以下をチェック!)

 

筋トレの知識をつける5つの勉強法【知は力なり/今すぐ試せる】

結論として僕が今まで実践してきた筋トレ勉強法は以下のとおり。

✅経験する

✅SNSをチェックする

✅合トレする

✅書籍を読む

✅パーソナルトレーニングを受ける

(下にいくほど費用と手間がかかる)

では順に解説していきます。

 

経験する

カイ
カイ

何事もそうですが「経験」に勝る勉強法はないかと思います。

 

仮にAというやり方をなんとなく知っていてもそれが効果的かどうかは経験してみるまでわかりません。

 

筋トレにおいては「個別性の原則」なんてルールがあって、同じ筋トレ方法でも人によって効果が異なる場合があります。

 

そういった意味で「まずやってみる」の精神は筋トレにおいてかなり大事。

 

※参考:筋トレ3原理5原則
筋トレの基本法則3原理5原則は知ってる?【筋肥大に欠かせない】

 

また筋トレに関する知識はもちろんあるに越したことはないのですが、自分自身の頭で考えて、経験して、より効果的なフォームややり方を追求していくのもそれはそれでアリ!

 

例えば前回のトレーニングよりバーを引いてくる角度を少し変えてみたり、脇の角度をやや変えてみたり。

 

毎回のトレーニングをそういった感じで進めていると自然と効果的なフォームに近づいていくことでしょう。

 

僕自身、筋トレを始めたころはまさにこれで「これは違うなー」「ここかかなあ」みたいな感じで狙った筋肉への微妙な刺激の違いを確かめるようなことをしていました。

 

(以下の動画でも解説してるように「ひとまずやる」のがおススメ↓)

 

SNSをチェックする

最近だとこれが費用もかからず手っ取り早いかと。

 

筋肉がデカい人や有名トレーナーの発信を常にチェックするやり方。

 

カイ
カイ

僕もボディビルを始めたころは当時すごかったボディビルダーのブログを1日に何回もチェックしてました。

 

(1日1回しか更新されないのに笑)

 

同じ記事を何度も読んでその人が書いてある筋トレの意図を想像してましたね。
当時はユーチューブなんてなかったのでもっぱらブログを見てましたね。

 

今だとユーチューブですぐにアクセスできるので見ない手はないかと。

 

なんですが、効果的とは言えない筋トレ方法を発信している場合もあるのでそこはやや注意が必要です汗っ。

 

(「楽して」とか「1日3分」とか「この種目は必要ない」は注意ですね笑)

 

合トレする

これまた最近のスタイルですね。

 

合トレすると当たり前ですが自分と異なる筋トレのやり方や考え方を共有することになります。

 

そこで新たな筋トレ知識の勉強になったり、発見があったり。

 

カイ
カイ

僕自身、10代の頃ボディビルダーの方と合トレする機会がそこそこあったのでそこで筋トレの知識を教わったり、フォームの意図などを勉強させてもらいました。

 

その時の経験は間違いなく今の僕の体づくりのベースになっていたりします。

 

なので自分よりデカい人や同じぐらいの人と合トレすることでかなり筋トレの勉強になるかと。

 

※参考:合トレの良し悪し
合トレのメリットデメリットを解説!「効果的に活用する方法とは」

合トレのメリットデメリット【より効果的に行うために意識すること】
合トレってなに?合トレはするべき?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では合トレの定義からメリットデメリットまで解説。合トレをより効果的に活用しましょう。

 

書籍を読む

個人的にこれがおススメですね。

 

カイ
カイ

ユーチューブで筋トレを学ぼうとすると便利なんですけどやっぱり「受け身」になりやすい面があったりするかと。

 

要するに流れてくる音を聞いてるだけで理解した気になるというか。
もちろんガッツリ勉強のつもりで見入ってるなら問題ありませんが。

 

その点、本やブログなどの文字媒体だと自らが頭を使って読んでいかないともちろん頭に入ってきません。

 

なのでその分、筋トレに関する知識が深まりやすいかと思います。

 

ややめんどくさいと感じるかもですが、筋トレを勉強するには本を読むことがおススメ!

 

※参考:おススメの筋トレ本
おすすめの筋トレ本14冊【初心者でも読みやすく理解しやすい】

おすすめの筋トレ本14冊【初心者から中級者も納得の教科書】
おすすめの筋トレ本が知りたい!というあなたへの記事になります。本記事でおすすめの筋トレ本を紹介。本を読んで知識をつけることで筋肥大はより進みます。

 

パーソナルトレーニングを受ける

最後に最もコストがかかる方法。なんですが最も手っ取り早く知りたい筋トレ情報が知れる方法。

 

フォームの改善がその場で行えて、食事管理に関するアドバイスが聞けて、それらを胸に日頃の筋トレを行っていけば体は一気に良くなることでしょう。

 

また筋トレの勉強のためにパーソナルトレーニングを利用するのはもちろんのこと、あなたが普段から行っている筋トレが合っているのかどうかの確認の意味でも使えます!

 

カイ
カイ

「これで合ってるんかな」と不安を持ちながらの筋トレより「これで大丈夫!」と自信を持って行う筋トレの方がやりやすいですよね。

 

そういった意味でもパーソナルトレーニングはおすすめ。

 

※参考:パーソナルトレーニングの良し悪し
パーソナルトレーニングは効果あり?【メリットデメリットを比較】

パーソナルトレーニングは効果あり?【メリットデメリットを比較】
パーソナルトレーニングの効果は?パーソナルトレーニングのメリットデメリットは?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではパーソナルトレーニングの良し悪しを解説。体を変えるには手っ取り早い!?

 

といったことがおススメの筋トレ勉強法。

 

もちろん僕も全て経験済みですがどの勉強法を選択しようとやはり「主体性」がないと、身に着けた知識を活かせない気がします。

 

筋トレの知識をつけて「筋肉をデカクするんだ!」という気持ちがあって初めて筋トレの勉強の意味が出てくるのかなと。

 

てなわけで筋トレの勉強を頑張るならぜひ上記の方法を試してみてください。

 

以上筋トレの知識をつける5つの勉強法【知は力なり/今すぐ試せる】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました