筋トレはネガティブが大事?【実は筋肥大に特別な効果はないことも】

筋トレネガティブ

筋トレではネガティブ?が大事って聞くけど、あれはどういう意味?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

僕が筋トレを始めたころも「ネガティブを疎かにするな」といったフレーズをよく聞いたり見たりしたものです。

そこで今回は「筋トレにおけるネガティブの必要性」について解説。

本記事の内容を押さえ、ネガティブについて正しく理解しておくことで、より強く筋肉を刺激でき筋肥大にもつながるかと思います。

では詳しくみていきましょう。

【参考】無料メルマガ配信中【今は特典あり】
【参考】無料メルマガ配信中【今は特典あり】
無料メルマガでは、筋トレ歴3.4年に満たない方が早めに知っておきたい「筋肥大の基礎」を、ブログ記事とはやや異なる視点からも配信しています。昨今はYouTube等で多くの筋トレ情報に簡単にアクセスできますが、ゆえに基礎への理解や実践がおろそかになり身体が変わらないことも。そこで必要となるのが当メルマガです。

ネガティブゆっくりを意識した筋トレの目的

結論として、過度にネガティブを意識する必要はありません。

(ネガティブに過度な筋肥大の効果は期待できない)

そもそも筋トレは筋肉を伸ばしたり縮めたりする行為に負荷をかけることで成り立っています。

またその際の筋肉の動きは、以下のように分類化。

・短縮性収縮(コンセントリック)
⇒筋肉が縮みながら力を発揮する

・等尺性収縮(アイソメトリック)
⇒筋肉の長さは変わらずに力を発揮する

・伸張性収縮(エキセントリック)
⇒筋肉が伸びながら力を発揮する

バーベルカールを例にあげると、バーベルを挙げる際が「短縮性収縮」で下す際が「伸張性収縮」。

仮に1ミリも動かないバーベルを挙げようとすると、「等尺性収縮」が起こることに。

(バーベルを動かさず保持し続ける場合も)

カイ
カイ

そして筋トレ界ではコンセントリック(ウエイトを挙げる局面)をポジティブ、エキセントリック(ウエイトを下す局面)をネガティブと言います。

そう、筋トレを始めると何かと耳にするネガティブとは「ウエイトを下す局面」のことです。

「筋トレは挙げたらゆっくり戻すのが基本」などと言われるように、ネガティブをじっくり耐えることが筋肥大につながるとされることが多かったり。

そんなわけで「ネガティブを意識したネガティブトレーニング」とは、ウエイトを挙げる際はやや反動を使い、下す局面に5秒ほどかけるといったやり方になります。

そんなネガティブトレーニングのメリットは以下のとおり。

①より重たいウエイトが扱える

⇒ネガティブ動作では通常ポジティブ動作の+20%以上のウエイトを扱うことが可能。

ですから仮に反動を使わず挙げると10キロしか持てなくても、ネガティブトレーニングなら挙げる局面は反動を使う分12キロでネガティブ時の負荷をかけることができます。

(通常のトレーニングだとネガティブ時も10キロ分の負荷しかかからないイメージ)

使用重量の増加は筋肉への刺激増につながることがあるのでその点で、筋肥大に有効な場合も。

(ゆえに通常の動作が困難になったら、ネガティブオンリーでさらに追い込むのもテクニックの1つ)

②筋トレ時間の短縮になる

⇒上記のように、通常のトレーニングよりネガティブトレーニングは負荷が強くなることがあるので「セット数を減らしても十分にその効果を得られる」なんて話もあったり。

通常のトレーニングと同じ量をネガティブトレーニングで行うと、

ネガティブ自体はダメージがより大きいので筋肉の回復が追いつかずオーバワークになる可能性も出てくるといったように。
(⇒参考:筋トレでオーバーワークは存在するのか【筋肥大を最大化する秘訣】

とは言え、最近はネガティブトレーニングに否定的な意見も…

ネガティブスローなトレーニングは意味がないとされることも

上記のように、通常のトレーニングより筋肉への刺激が強くなり筋肥大にも効果的なように見えるネガティブトレーニング。

ですが、

2009年カナダで「ネガティブトレーニングはポジティブトレーニングよりも筋肥大の効果が高い」とされた研究は、その数値を計る精度が低く、改めて研究し直すと両者に明らかな差はなかったと。

他にもいくつかの研究で「(ポジティブトレーニングに比べて)ネガティブトレーニングに特別な効果はない」とするものが多いのが現実です。

カイ
カイ

そういったことからも、過度にネガティブに時間をかける必要はないかと思います。(上記のように下すのに5秒とかは長すぎかと)

もちろんウエイトを挙げるだけ挙げて、ネガティブで力を抜くようなことはNGですが。

(以下ツイートにもあるように↓)

冒頭で触れたように、筋肉が伸びながら力を発揮する局面での刺激も筋肥大には必要なので。(あくまでウエイトにブレーキをかけるようにして下すことは必要)

また個人的には以下ツイートのように、両手で挙げれるウエイトを片手で下すぐらいの負荷がTHEネガティブトレーニングって気もしたり↓

通常のネガティブだといくらブレーキをかけながらとは言え、結局は自身の加減でウエイトを下しているというか。

ツイートのような負荷だと必死でブレーキをかけて耐えれず仕方なくウエイトを下す形になり、より強く筋肉を刺激できるのかなと。

ネガティブはポジティブより20%から50%重いウエイトを扱うことができるので、ネガティブ局面でよりウエイトが重くなる形であればより筋肉に負荷をかけることが可能ですし。

【まとめ】筋トレのネガティブ動作に時間をかけ過ぎる必要はない

上記の内容が、筋トレでネガティブが大事と言われる背景とその実際の効果。

ネガティブはポジティブより高重量を扱うことができるので、チーティングや補助者を使う場合は、普段より重たいウエイトを使用でき、それが筋力アップ停滞の打破につながる可能性もあるかとは思います。

以下ツイートのように、いつまでも扱いきれる範囲のウエイトだとなかなか筋肉は成長しないこともあるので。

そんなわけで、ネガティブトレーニングに過度な期待は不必要ですが、バリエーションの1つとしては新たな刺激になるかと。

(以下は補足↓)

数年ごとに常識が全く変わったりする筋トレ業界ですが、基本的にいつの時代でもその時代にトップで戦うボディビルダーやフィジーク選手を参考にするのが無難ではあるのかなと。

仮に今の時代にネガティブトレーニングが主流ならその効果は期待できるかもですが、そうでない現実を見るとやはりそこまで効果的なやり方でもないのかなと。

では、終わり😉

※参考:血管をバキバキするトレーニングについて↓

筋トレで血管を出すための3つのコツ【筋肉同様に発達する】
YouTubeで見るマッチョみたいに血管が浮き出るような筋肉をつけたいけど、どうすれば良いんや?血管を出すための筋トレ方法とかあるんかな?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では血管を浮き出たせやすくする筋トレ方法を解説。これで血管も太くバッキバキに発達し増えることに。

以上筋トレはネガティブが大事?【実は筋肥大に特別な効果はないことも】でした。