筋トレ民におすすめなサイゼリアでの4品【ヘルシーにタンパク質を補給】

筋トレサイゼリア

筋トレしててできるだけ太らずに筋肉つけたいけど、サイゼリア行った時はなに食べれば良い?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

僕自身も筋トレを始めたころは「サイゼではどのメニューが筋肉的にOKなんや?」と疑問に思っていたものです。

とまあそんな思い出は置いといて、先日ひっさしぶりにサイゼリアに行ったのですが、僕ら筋トレ勢に嬉しいメニューがいくつかあり驚いたので今回はそちらをシェアしていきます。

体づくりをしていると、筋トレだけでなく食事にも気を使う必要がありますよね。

それゆえ外食となると、「タンパク質がどうこう」「これは脂質が多すぎるなあ」などと思うこともあったり。

その際に、本記事で紹介するサイゼリアの筋肉飯ならそこまで問題なく美味しく食すことができます。

そんなわけで、ファミレスに行く際はサイゼリアを活用することで、よりストレスなく快適に体づくりを進めていくことが可能に。

スポンサーリンク
【参考】デカクなる食事法
下記noteでは「筋肥大に特化した食事法」を徹底解説してます。栄養学や僕の10年の経験に基づき、より効果的なバルクアップ手順をまとめてます。なのでそちらを読み実践していくだけで、食事面への心配は不要に。きちんと体脂肪ではなく筋肉が増えていきます。もうサプリ等に振り回されて効果を体感しない日々とはおさらば。

筋トレ民におすすめなサイゼリアでの4品【ヘルシーにタンパク質を補給】

結論として、筋トレ民に嬉しいサイゼリアのメニューは以下のとおり。

  • チキンとブロッコリーのサラダ
  • 小エビのサラダ
  • アロスティチー二
  • ムール貝のガーリック焼き

では順にレビューしていきます。
(本記事で使用しているメニュー画像の引用元は全て「https://www.saizeriya.co.jp/

筋肉飯の王道チキンとブロッコリーのサラダ

筋トレサイゼリア

(182kcal・P20g・F8.2g・C2.3g)

サイゼリアはやってくれましたねとうとう。

チキンとブロッコリーのサラダを注文すると、写真のまんま「レタスとトマトと茹でたササミ」を盛り付けたものが出てきます。

そうです、もう完全にビルダー飯。

ササミも茹でることでほぼ完全に脂質が落ちただのタンパク質の塊と化します。ブロッコリーはビタミンCや食物繊維が豊富。

加えてインドールという成分が含まれ、女性ホルモンの分泌を抑える働きがあります。

(女性ホルモンというと男性ホルモン(テストステロンなど)と逆の働きをし、筋肉の合成や体脂肪の燃焼に逆効果。)

ですから、なぜマッチョはブロッコリーと胸肉ばかり食べるのか?でも詳しく解説してますが、やはりブロッコリーは積極的に食べたい野菜ですね。

以下ツイートにもあるように↓

カイ
カイ

そんなわけでサイゼリアに来たら、まずチキンとブロッコリーのサラダを注文すべし。

ただ、1つだけ注意点があって注文する際に「ドレッシングは別で」と言った方が良いかもです。

僕は知らずに注文して野菜の色が見えないぐらいドレッシングがかかってきたので。

そうなると上記の栄養成分より脂質や糖質がやや増えることにもつながりますし。自身でドレッシングの量を調整すれば、よりヘルシーに仕上げることも可能になります。

ヘルシーにタンパク質を補える小エビのサラダ

筋トレサイゼリア

(126kcal・P9.8g・C6.8g・C4g)

こちらもチキンとブロッコリーのサラダ同様に、ただサラダに小エビを乗せただけのもの。ですからこれまた、食物繊維やタンパク質をメインにとることが可能です。

カイ
カイ

外食するとなると肉や魚その他ジャンクフードなどがメインになり、わざわざ野菜をとる機会がなかったりするかと。

ですからその点まずはサラダから注文すると、食物繊維などが補え血糖値を安定させたり腸内環境を整えたりでき、体づくりにプラスの働きが期待できます。

(⇒ボディビルダーは野菜を食べない?筋肥大にはいらない?

増量期に食べたいアロスティチー二

筋トレサイゼリア

(224kcal・P約15g・F約15g・C約7g←PFCは推定、かた肉かモモ肉でも数値は変わる)

こちらは割と最近メニューとしてデビューしたっぽいですね。

カイ
カイ

アロスティチー二とは「羊の串焼き」を意味する、イタリアはアブルッツォ州の伝統的な料理。

羊肉と言えば、脂肪燃焼の過程をサポートするカルニチンが豊富なことでも有名なお肉。

そんなアロスティチー二では、筋トレ民がまず優先したい栄養素であるタンパク質が補えます。

サイゼリアで肉からタンパク質を補おうと思うと、ハンバーグや揚げたチキンなどになり多くの脂質を摂取せざるを得なくなります。

(摂取カロリーが増え体脂肪の蓄積につながることも。)

その点アロスティチー二はシンプルな串焼きなので、ハンバーグなどに比べて過度な脂質は含まれません。

また味に関しては、歯ごたえと独特の臭みを加えた鶏もも肉といったところ。

ジューシーさは鶏モモ肉とさほど変わりませんが、ラム独特の風味(牛肉よりもにくにくしい臭さと言いますか)があってうまい。肉汁がジュッと口の中で広がります。

(⇒筋トレには何肉がおすすめ?【3つの基準で比較】

魚介でタンパク質を補うならムール貝のガーリック焼き

筋トレサイゼリア

(164kcal・P6.2g・F13.8g・C2.3g)

上記3品でたいていは1食に必要なタンパク質は補い切れるかとは思います。

とはいえ、海鮮系でタンパク質を補いたい場合はムール貝のガーリック焼きもあります。
(⇒筋肥大には魚より肉なんて思ってませんよね?

カイ
カイ

ムール貝、つまりムラサキイガイには鉄分が豊富。

筋トレをしているとその体へのストレスや汗をかくことで、一般の方よりも鉄分が消費されやすくなります。

鉄分が減少すると、酸素を体中に送る作用のあるミオグロビンも減少してしまい、酸素がうまく筋肉に送られず疲労の軽減が遅れたりすることも。

ですから鉄分も筋トレのパフォーマンス向上には必要な成分になります。

(以下は余談。)

上記がダイエット中や何かしらの食事制限をしている際にも食べやすいサイゼのメニュー。

カイ
カイ

ですがそうでない場合は、ぜひ以下のトリフアイスクリームを食べてください笑。

筋トレサイゼリア

ファミレスのデザートと言えど、そのクオリティに驚くことでしょう。

サイズもドシッと大きく外はトリフで中心にミルクアイスが構えており、何とも高級な風味を醸し出してます。

何ならこれとコーヒーだけ食べに行っても良いほど。

サイゼリアはマッチョ(筋肥大)にも優しい店

上記の内容が、筋トレ民がサイゼリアに行った際に食べたおきたい筋肉メニューになります。

ファミレスと言うと、揚げ物や油ギッシュなメニューが多いと思いがちですが、行ってみると意外と体づくりに嬉しいメニューもあるものです。

そういったメニューの中で、自身の摂取カロリーの範囲内で柔軟な選択をしていくのが吉。(上記メニューもやや脂質は多くなるので、炭水化物系のメニューは控えたりして調整すべし。)

カイ
カイ

こうすることで食に対するストレスをためることなく、筋トレと日常生活の両立がしやすいかと思います。

以下ツイートにもあるように、まずは筋トレサプリではなくカロリー収支やPFCバランスに意識を向けていくのが吉↓

(⇒筋トレ民が餅をよく食べる3つの理由【バルクアップに白米より効果的?】

以上筋トレ民におすすめなサイゼリアでの4品【ヘルシーにタンパク質を補給】でした。

食事
スポンサーリンク
↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
FITNESS-FREAK