【必須】筋トレでリストストラップを使う2つの目的【使わない手はない】

スポンサーリンク

筋トレリストストラップ

筋肉万太郎
筋肉万太郎

ジムでよく見かけるリストストラップの効果は?

筋トレでみんなが使ってるリストストラップの使い方は?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどでコンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

僕自身、もちろん筋トレを始めた頃からリストストラップを使っていて、トレーニングには欠かせないグッズの一つでもあります。

 

そんなわけで今回は筋トレ初心者のあなたに向けて「リストストラップの目的や使い方」を解説!

 

まだ使ったことがないなら早めにゲットしておくのがおススメ!
筋トレ効果が今よりグッと上がりますよ。

 

では詳しく見ていきます。

 

【必須】筋トレでリストストラップを使う2つの目的【使わない手はない】

結論として、筋トレにおいてリストストラップは必需品!

Amazonでチェック!

 

その理由は以下のとおり。

✅握力の低下を防ぐ

✅力の入れ方にこだわれる

では順に解説していきます。

 

握力の低下を防ぐ

握力が持たないのを防ぐのが、筋トレでリストストラップを使う最もな目的になります。

 

カイ
カイ

というのも背中のトレーニングでラットプルダウンやベントオーバーロウなどをしていて、前腕がパンパンになり握力が持たなくなることはありませんか?

 

他にもやや重たいダンベルを持ってトレーニングしていると、狙った筋肉より先に握力が疲れて途中で動作をやめてしまうことがあったりしませんか?

 

これじゃあ狙った筋肉をきちんと刺激できずに終わってしまいます。

 

となるとデカクしたい部位はなかなか成長しないことに汗っ。

 

そんな時に使えるのがリストストラップなのです!

 

リストストラップをダンベルやマシンの持ち手に巻きつけることで、握力を無駄に使わずに動作することが可能に。

 

手で力強く握らなくてもリストストラップが手を滑らないようにしてくれるので、安心して快適な筋トレをすることが出来ます。

 

握力が持たなくて中途半端なトレーニングになると、なんだか嫌な気分にもなりますし汗っ。
(不完全燃焼というか)

 

力の入れ方にこだわれる

こちらはやや筋トレに慣れてきた時に役立つ要素。

 

カイ
カイ

背中や肩の筋トレをする時に、ウエイトを持ち上げた時にある程度はグッと手を握って力を入れた方が刺激が入りやす場合があります。

 

ですが先ほど書いたように常に手に力を入れていたら握力が持ちません。

 

でもリストストラップを使うことで、ウエイトを持ち上げる時はグッと力を入れ、逆にウエイトを戻す時は手の力を抜くことが出来ます!

 

こうすることで、筋肉を縮める時の刺激と筋肉が伸ばされる時の刺激の両方のいいとこどりが可能。

 

そんなわけでリストストラップはかなり使える便利な筋トレグッズです。

 

では次にそんなリストストラップの使い方をチェック!

 

リストストラップの使い方(巻き方)

リストストラップは、慣れれば5秒ほどでバーベルやダンベルにセットできます。

筋トレリストストラップ

 

手順は以下のとおり。

①リストストラップを腕に通す
(写真左上)

②手とリストストラップの間にバーベルを通す
(写真右上)

③向こう側から手前にリストストラップを持ってくる
(写真左下)

④もう一周する
(写真右下)

 

ひとまずこの流れでオッケー。

 

ですがリストストラップをつける時に1つだけ注意するポイントがあります。

 

それは「きつめに巻く」こと。
(上の写真はわかりやすいようにあえて緩くしてます)

 

リストストラップを使う目的は「握力の低下を防止する」ことでしたよね?
なのに緩く巻いていては、手でバーを握っているのと大差なく意味がありません。
(前腕が疲れます汗っ)

 

しっかり巻くためには、手順③の時に手首とバーベルがくっついた状態で巻いてくる必要があります。

 

(以下の写真のように親指で向こう側に引っ張る)

筋トレリストストラップ

 

また巻いたはいいもの途中で緩んでしまわないように、手のひらの手首に近い位置でリストストラップを押さえつつ2週目に入っていけばオッケー。

 

上の手順では2周まいてますが、別に1周でも手が滑らないなら問題ないのでそこは様子を見て巻いてみてください。

 

リストストラップとパワーグリップの違い【大差なし】

そんなリストストラップですが、似たようなものにパワーグリップなるものがあったりします。

Amazonでチェック!

 

構造や目的はリストストラップもパワーグリップも大差ありません。
言ってしまえばどっちでも大丈夫です!

 

カイ
カイ

ですが個人的な体感では「パワーグリップの方が安定感はあるな」と。

 

リストストラップは布製のものがほとんどなのに対して、パワーグリップはゴム製。

 

それもあってパワーグリップの方が引っかかりは強いように感じます。

 

でも手首にやや太めの幅で固定せざるを得ないのが窮屈に感じるので、僕はリストストラップ派です。

 

またリストストラップは僕の場合2、3年に1回は切れて買い替える感じ。
それでもコスパ的にはリストストラップの方が良いですね。
(パワーグリップは最低でも5年ほどは持ちます)

 

なので初めて買うのであれば、安いリストストラップでも問題ないかと思います!

(筋トレを長く続けていくのであれば、はじめに上記のようなパワーグリップを購入しても良いとは思いますが。)

 

【まとめ】より快適な筋トレをするために使えるモノは使おう

上記の内容が、ジムでよく目にするリストストラップの目的や使用法になります。

 

リストストラップトレーニングベルトなどの筋トレグッズは、筋トレを今後も継続していくなら最低限もっておいた方がグッズ。

 

より効率的に筋肉を刺激し成長させていくには欠かせないものですので。

 

便利なモノは使うに限ります。
変に素手にこだわっても思ったような筋トレができず本松転倒かと思います。

 

では、終わり😉

 

※参考:トレーニングベルトの意味もチェック↓

筋トレでベルトをする2つの意味【使用の際の注意点まで解説】
ジムで筋トレしてる時にベルトしてる人おるけどあれはどう意味があるん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレ中にベルトをする意味とその際の注意点を解説。ベルトをすることで筋トレ効果がアップ!?

 

以上【必須】筋トレでリストストラップを使う2つの目的【使わない手はない】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました