筋トレのコンパウンド種目とは【初心者こそ必要な理由をプロが解説】

筋トレコンパウンド種目

筋トレにはコンパウンド種目なるものがあって、そのコンパウンド種目が筋肥大に効果的ぽいけどそもそもコンパウンド種目ってなんや?

なんて思ってるあなたへの記事になります。

カイ
カイ

こんにちはカイです!筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。

確かに筋トレ関連の言葉ってカタカナ表記が多く、意味がイメージしにくかったりしますよね。(筆者も当時はなかなか言葉の意味が覚えられず何度も調べてた記憶が)

そこで今回は、「筋肥大におけるコンパウンド種目の重要性」について解説。

本記事を読んでその重要性を理解することで、より筋肉をつけるのに効果的なメニュー作りが可能になり体づくりも加速します。

スポンサーリンク

※参考:無料メルマガ「今さら誰も教えてくれない筋トレの基本」で配信中の内容さえ押さえておけば着実に体は変わります。いつでも登録解除できるので気軽にご活用ください。(1通目はすぐに届きますが迷惑メールフォルダに分類されるかもなので確認推奨)

筋トレはコンパウンド種目のみでも十分と言える2つの理由

筋トレコンパウンド種目

結論として、コンパウンド種目が筋肥大に効果的と言える理由は以下のとおり。

  • 多くの筋肉を動員できる
  • アイソレート種目は返って難しいことも

では順に解説していきます。

多くの筋肉を動員できる

そもそもコンパウンド種目とは、複合関節種目と言われるもので2つ以上の関節や筋肉を動員するような種目を指します。

具体的には以下のような種目↓

  • 懸垂
  • ディップス
  • スクワット
  • ベンチプレス
  • デッドリフト
  • レッグプレス
  • ショルダープレス
  • ライイングエクステンション

などなど。

これらの種目では、狙いたい筋肉を含めその他の筋肉も多く動員して動作することになります。(体幹など体全体を働かせるので基礎筋力を作るにも適している)

例えばベンチプレスでは大胸筋をメインに狙いつつも、上腕三頭筋や肩の前部の筋肉も働きます。

仮にペックフライのように、コンパウンド種目ではない種目(アイソレート種目)だと、大胸筋と三頭筋をそれぞれ鍛えることが必要に。

加えてコンパウンド種目では、大胸筋だけをメインに働かすような種目のペックフライなどに比べ、より重たいウエイトを扱うことが可能です。

筋肥大が起こる根底には漸進性の原則といって、扱う重量や回数を徐々に増やしていくことで筋肉が発達してくるといったものがあります。
カイ
カイ

ですから、複数の筋肉を働かせるがゆえ重量を伸ばしやすいコンパウンド種目で、きちんと負荷を高めていくことが筋肥大には1つ重要に。

扱う重量が重たければ重たいほど、狙った筋肉の中の使われる筋繊維の量は増え強い刺激を生み、筋肥大につながることになりますので。

最近の言葉を使うと筋トレボリュームを確保しやすいとも。

さらにそれぞれの筋肉を連動させるスキルも身につくので、トレーニング技術の向上にも大きく貢献してくれます。

(もちろん筋トレフォームの改善が筋肥大に絶対に欠かせない2つの理由で解説してるように、適切なフォームが安定している上での話にはなりますが)

アイソレート種目は返って難しいことも

上記のコンパウンド種目に対して、1つの関節しか関与しない種目がアイソレート種目。(単関節種目とも言う)

具体的には以下のような種目↓

  • アームカール
  • プルオーバー
  • サイドレイズ
  • アームカール
  • レッグカール
  • ダンベルフライ
  • ケーブルクロスオーバー
  • レッグエクステンション

などなど。

これらの種目では、基本的に狙った筋肉しか働かない形になります。

(※注:コンパウンド種目に比べての話。アイソレート種目と言えど完全に狙った部位だけ働くわけではないです。そういった動きは人間の構造上ありません)

ダンベルフライなら大胸筋だけがよりメインに働き、ダンベルプレスでは大胸筋と共に上腕三頭筋もそれなりに働くといったように。

(それぞれの違いは以下ツイートのとおり↓)

ですからアイソレート種目では、コンパウンド種目に対して高重量が扱いにくくなります。

(ちなみにアイソレート種目は関節の関与が1つがゆえ、5回しか動作できないような高重量を扱うと関節への負担も大きくケガのリスクが上がることも考えられるので注意)

ベンチプレスが80キロだからといって、ダンベルフライで片方40キロはもちろん不可能ですよね。

カイ
カイ

先ほど触れたように、筋肥大にとって扱う重量を伸ばすことは重要な要素の1つ。その点、コンパウンド種目の方が相対的に狙った筋肉への負荷が強くなることが考えられます。

例えばベンチプレスが80キロから88キロに成長したとして伸び幅は10%になります。同じようにダンベルフライが20キロから22キロに成長しても伸び幅は10%。

とはいえ、ベンチプレスは8キロアップに対してダンベルフライは2キロアップ。

ですから同じ成長率でも扱う重量のベースが大きいコンパウンド種目の方が、物理的により負荷を大きくすることが可能になります。

(繰り返しますがもちろんフォームなどによる効きの差もあるので一概には言い切れない)

またアイソレート種目は基本的に「筋肉の伸縮を感じること」に重きが置かれることが多い種目。きちんと筋肉の収縮や伸展を感じて動作を繰り返すことでパンプを促していくように。

意図的に収縮させる必要があったり。(いわゆる効かせる筋トレというやつにも関係)

ですが「筋肉を収縮させる」と言っても、筋トレ初心者は「???」となります。

そういった意味で、ひとまずコンパウンド種目で基本のフォームを押さえつつ扱う重量を伸ばしていく方が筋肉は発達しやすいと思っておいて問題ありません。

コンパウンド種目からのアイソレート種目で終える筋トレが基本

上記の内容が、筋肥大のためにはコンパウンド種目を中心に取り組んでいく方が効果的と言える理由になります。

とはいえ「じゃあアイソレート種目は意味がないのか」なんてことは全くありません。

(仮にコンパウンド種目でフォームが定まらず狙った筋肉への負荷が弱くなるなら、アイソレート種目の方が効果的な場合もありますし)

カイ
カイ

イメージとしては、コンパウンド種目で扱う重量を伸ばすトレーニングをして、後半にアイソレート種目を高回数で行いパンプさせるようなメニューが効果的と考えられます。

逆にアイソレート種目から行ってしまうと疲労でコンパウンド種目で扱う重量が落ち、コンパウンド種目の高重量を扱うという良さを活かしきれないので注意してください。

以下ツイートにもあるように、コンパウンド種目とアイソレート種目のそれぞれの良さを生かすメニュー作りを心がけていくのが吉↓

どちらか一方しか行わないのであれば、コンパウンド種目のみ行っていれば十分に筋肉は発達しますのでその点は安心してください。

以上筋トレのコンパウンド種目とは【初心者こそ必要な理由をプロが解説】でした。

この記事を書いた人
カイ

筋トレ歴10年で、ボディビルやフィジークのコンテストでの優勝経験あり。ゆえに正しい筋トレ方法やダイエット方法を熟知。当サイトではそんな筆者が、適切な筋トレ方法やダイエット方法を解説してます。専門性を持ってすべての記事を執筆しています。(Twitterも覗いてみてください)

↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
【下部ボタンからシェア大歓迎】

当サイトは「リンクフリー」です。当サイトURLや記事URLをシェアする際の許可は必要ありません。今後よりおもしろい記事を執筆する参考にもなりますので、記事を読んだ感想をTwitterはじめSNSでシェアしてくださると嬉しいです!

メニュー
↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
スポンサーリンク
FITNESS-FREAK